ホヤ 株価。 HOYA[7741]

ペンタックス

ホヤ 株価

国産初の一眼レフ、アサヒフレックスI リコーイメージング株式会社は、日本の大手光学機器メーカーであり、かつての名称を 旭光学工業株式会社(あさひこうがくこうぎょう、英: Asahi Optical Co. , Ltd. )といった。 日本初の「アサヒフレックスI」、世界初のフラッシュ内蔵一眼レフカメラ「SFX」を発売するなど、高い技術開発力を誇っていた。 本社は(東京都2-35-7)、国内は(栃木県大字塙858)、(宮城県築館字下宮野岡田30-2)、(山形県日の出町4-1)にあった。 また過去のレンズ資産についても純正のアダプター1枚で、1957年以降に発売されたレンズは全てが利用できるなど、長く利用しているユーザーにも配慮を見せている。 PENTAXの名称の由来となったアサヒペンタックス AP ペンタックスという名称の由来は、1957年5月発売の一眼レフカメラ「アサヒペンタックス(通称AP)」の製品名による。 この名称は、「アサヒフレックス」に、ファインダーに内蔵される光学部品「ペンタプリズム」を搭載したことにちなんでいるが、元々は東ドイツの VEB ツァイスイコンの登録商標(「ペンタプリズム」および「コンタックス」から)を1957年に旭光学工業が買収している。 そこで、カメラの開発と並行して、従来の「アサヒフレックス」とは違う新しい製品名を付けることが検討されたいきさつがある。 その後、カメラを中心とする製品名には「アサヒペンタックス」が使われていたが、1970年代後半にはレンズのブランドにて「タクマー」に代って「ペンタックス」が使われるようになり、1979年9月に発売した「ペンタックス MV-1」からカメラ本体のブランドも「ペンタックス」に変更されている。 沿革 [ ]• - 「旭光学工業」を設立。 - 「旭光学工業株式会社」に組織変更。 - 日本初の35mm一眼レフカメラ「アサヒフレックスI型」を開発。 (布幕横走りフォーカルプレーンシャッター採用)• - 世界初の量産型独自開発搭載の「アサヒフレックスII型」を発売。 - 「旭光学商事株式会社」(現・ペンタックス販売株式会社)設立。 - 世界で初めてクイックリターンミラーとペンタプリズムを両方搭載した「アサヒ・ペンタックス」発売。 - スプリットイメージプリズム採用の「アサヒペンタックスK」発売。 (KはKingの意)• - 「アサヒペンタックスS2」発売。 - フォトキナで世界初TTL測光一眼レフ アサヒペンタックス・スポットマチック発表• - ペンタックスメーター開発「アサヒペンタックスS3」発売。 - ロングセラーカメラ「アサヒペンタックスSP」発売。 - SPからTTL露出計を除いた「アサヒペンタックスSL」発売。 - 世界初の多層膜コーティングレンズであるスーパー・マルチ・コーティング(SMC)を開発• 1971年 - フォーカルプレーン機としては世界初のTTL開放測光・自動露出機構搭載「アサヒペンタックスES」発売。 - ESの記憶回路をICにした「アサヒペンタックスES II」発売。 - バヨネットマウント(Kマウント)を採用した「アサヒペンタックスKシリーズ」発売。 - Kシリーズを小型化した「アサヒペンタックスMシリーズ」発売。 - を使用した小型一眼レフカメラ「ペンタックスオート110」発売。 - 創業60周年を記念した高級一眼レフカメラ「ペンタックスLX」発売。 - 世界初のTTLオートフォーカス一眼レフカメラ「ペンタックスME-F」発売。 - マルチ・モードを採用した「ペンタックスAシリーズ」発売。 - 中判カメラ「ペンタックス645」発売。 - 世界初のズームコンパクトカメラ「ペンタックス・ズーム70」発売。 - 世界初のフラッシュ内蔵オートフォーカス一眼レフカメラ「ペンタックスSFX」発売。 - パワーズーム高級オートフォーカス一眼レフカメラ「ペンタックスZシリーズ」発売。 - 創業75周年記念カメラ「ペンタックスエスピオミニ」発売。 - Zシリーズをさらに進化させた「ペンタックスMZシリーズ」発売。 - デジタルカメラ「ペンタックスEI-C90」発売。 1997年 - 世界初のレンズ交換式AF中判一眼レフカメラ「ペンタックス645N」を発売• - 67をベースにした「ペンタックス67II」発売。 - ミレニアム記念のデジタルカメラ「ペンタックスEI-2000」発売。 - 「ペンタックスオプティオ」新シリーズ発売。 - ボディ内手振れ補正機能搭載のデジタル一眼レフカメラ「ペンタックスKシリーズ」(K100D、K10D)発売。 11月30日発売のK10D(手ぶれ補正・CCDゴミ取り機能搭載、防塵・防滴ボディ)は、当初10月下旬発売予定であったが、予想を大幅に上回る発注が殺到し出荷数量確保のために発売が1ヶ月延期された。 スタンダードクラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K200D」とミドルクラスの一眼レフカメラ「PENTAX K20D」を発売。 2009年には本体並びにバッテリーグリップをチタンカラーにした「PENTAX K20D チタンカラープレミアムキット」を発売。 APS-Cサイズの撮像素子搭載デジタル一眼レフカメラとして世界最小となる「K-m」発売。 2009年にカラーバリエーションモデル「K-m white」と「K-m olive」を台数限定で発売。 金属製コンパクトボディとペンタックス初の動画撮影機能を搭載したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」発売。 2010年に限定1000台のカラーバリエーションモデル「K-7 Limited Silver」を発売。 カメラとしては世界初の、100タイプのカラーバリエーションモデルを展開する「PENTAX K-x」発売。 Web限定でやとのコラボ製品を限定発売。 同社初の中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」を発売。 2011年にボディ外装に漆塗装を施した「645D japan」を受注発売。 同様受注生産により120パターンの色が選べる「PENTAX k-r」を発売。 Web限定でコレジャナイロボやとのコラボ製品を限定発売。 K-7の機能強化版である「PENTAX K-5」を発売。 2011年に限定1500台のカラーバリエーションモデル「K-5 Limited Silver」を発売。 - レンズ交換式デジタルカメラで世界最小最軽量となる「PENTAX Q」発売。 Kマウントを採用したレンズ交換式「PENTAX K-01」発売。 100種類のボディカラーの組み合わせがオーダーできる「PENTAX Q10」発売。 映画『』とのコラボレーションモデルの「PENTAX Q10」発売。 ローパスレスのAPS-Cセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR」を発売。 7型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載した「PENTAX Q7」発売。 Kシリーズの最上位モデルとして、レスながら光学ローパスフィルターと同等の軽減効果が得られる世界初の「ローパスセレクター」を搭載した「PENTAX K-3」を発売。 併せて、特別にセットされるバッテリーグリップとカメラ本体・レンズをシルバーとした限定2000台のカラーモデル「K-3 Premium Silver Edition」も発売。 1回シャッターで360度の全天球イメージが撮影できる「RICOH THETA」を発売。 有効画素数約5140万画素を実現した中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」発売。 広角から超望遠まで1台で対応できる光学52倍ズームを搭載したデジタルカメラ「PENTAX XG-1」発売。 ボディ前面に合皮素材を採用した「PENTAX Q-S1」発売。 電源レバー・モードダイヤル・OKボタン・グリップ部にLEDの「ボディライト」を内蔵したほか、最上位モデルの「K-3」に搭載されている「ローパスセレクター」も搭載したスタンダードタイプのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S1」を発売。 K-3の後継機種として手ぶれ補正4. 5段分、超解像技術「リアル・レゾリューション・システム」、GPS内蔵と新たな機能を追加した「PENTAX K-3II」を発売。 GRの後継機種としてWi-FiとNFC機能を搭載した「GR II」を発売。 防水・耐衝撃ハイスペックアクションカメラ「RICOH WG-M2」を発売。 ペンタックス初の35mmフルサイズデジタルカメラであり、5軸5段分の手ぶれ補正、透過型ファインダー内表示、スマートファンクション(ダイヤル)、フレキシブルチルト式液晶モニターを搭載した「」を発売。 高度なノイズ処理をするアクセラレーターユニット、像面位相差とコントラストのハイブリッドオートフォーカス、スタンダードクラスとしては初の「リアル・レゾリューション・システム」を搭載した「PENTAX K-70」を発売。 APS-Cサイズで超高精細画像とISO819200の超高感度撮影を実現し、5軸5段分の手ぶれ補正、任意機能割り当て可としたスマートファンクションを搭載し、スナップ撮影にも適した小型設計に交換式グリップと上下チルト式3. 0型液晶モニター、さらに優れた耐環境性能を両立した「PENTAX KP」を発売。 リコーイメージングスクエア大阪を、大阪天満橋のOMMビルに移転。 スクエア新宿、スクエア銀座同様に日曜営業とするなど機能拡張して9月9日よりリニューアルオープン。 35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」の後継、「PENTAX K-1 Mark II」を発売。 最高ISO感度819200や、手持ちでのリアル・レゾリューション・システムを実現した。 また、「PENTAX K-1」を「PENTAX K-1 Mark II」に改造するアップグレードサービスも実施された。 GR IIの後継機種としてレンズ、イメージセンサー、画像処理エンジン等の主要デバイス全てを一新し、手ぶれ補正機構"SR"やハイブリッドAF、タッチ液晶などを搭載した「GR III」を発売。 デジタル一眼レフカメラ「PENTAX KP」に特別色の塗装とカスタムパーツを装着した特別モデル「PENTAX KP J limited」を発表。 全国を巡るイベント「PENTAX KP J limited Japan Tour 2019」や特別イベント「PENTAX KP J limited NIGHT」を実施。 事業再編(2002年〜2013年) [ ] 2002年10月1日に社名を ペンタックス株式会社( PENTAX Corporation)に改称。 、本体およびその子会社における眼鏡レンズ販売事業を、オプティカルプロダクツ株式会社(SOP)に移管。 10月、韓国のと一眼レフカメラの共同開発で提携し、2006年10月、初となるデジタル一眼レフカメラGX-10を発売した。 ペンタックスとHOYAとの合併・経営統合 2006年12月21日、ペンタックス株式会社と株式会社との合併が発表され、2007年10月をめどにHOYAに吸収合併される形で「HOYAペンタックスHD株式会社」になる予定であった。 しかしペンタックス側はカメラ事業売却の懸念により過半数の取締役が合併に反対。 2007年4月9日、浦野文男社長ら推進派役員が退任し合併を白紙撤回した。 これに対しHOYAは、(TOB)によるペンタックスの買収・子会社化を発表した。 5月11日、統合反対派の経営陣は単独での業績拡大を目指した中期経営計画を発表したが大株主の賛同を得られず株式市場の評価も低かったことから、5月22日、HOYAへTOB受諾を伝えた。 これを受けHOYAは7月3日から8月6日までTOBを実施し、発行株式の90. ペンタックスは、8月14日HOYAの子会社になり、11月30日東証一部上場廃止となった。 子会社となった後も両社間で統合協議を進め、新社名は「HOYA株式会社」だが、「ペンタックス」ブランドは統合後も維持することで合意。 2008年3月31日にHOYAを存続会社として合併、HOYA内の複数の事業部となる。 1年以上に及んだ経営統合問題は、最初の計画をほぼ踏襲する形で決着することとなった。 そして、HOYA体制下では国内の工場を閉鎖、測量機器事業(現TIアサヒ株式会社)を台湾儀器行に売却するなど大幅なリストラを断行して黒字化に成功した。 リコーによるデジタルカメラ事業の買収と完全子会社化 2011年7月1日、HOYAはペンタックスのうちイメージング・システム事業(デジタルカメラ・双眼鏡等の光機部門)を別会社に分離し、その別会社をへ譲渡する契約をリコーと締結した。 同年7月29日、HOYA株式会社の100%持ち株子会社として新会社「ペンタックスイメージング株式会社」を設立。 本店所在地は、PENTAX イメージング・システム事業部の所在地である板橋区前野町。 なお、デジタルカメラモジュール、DVD用ピックアップレンズ、内視鏡、人工骨、音声合成ソフトウェアの事業についてはHOYAが引き続き「 PENTAX Medical」ブランドにて展開する。 同年10月1日この新会社の株式をリコーが買い取り、事業譲渡が完了、「ペンタックスイメージング株式会社」を「 ペンタックスリコーイメージング株式会社」に社名変更するとともにリコーの完全子会社となった。 事業譲渡後もHOYAは残るメディカル事業(医療用内視鏡、人工骨)で、TIアサヒ株式会社は測量機器で「ペンタックス」ブランドを使用する。 2012年4月1日、「RICOH」および「PENTAX」の双方のブランドのコンシューマー向けカメラ事業が、ペンタックスリコーイメージング株式会社に集約された。 このため、ペンタックスブランドのCMやリコーブランドのパンフレット、ホームページなどでは「 PENTAX A RICOH COMPANY」とクレジットされるようになる。 2013年8月1日、コンシューマー向けカメラ事業の集約に目途がついたため、社名を「ペンタックスリコーイメージング株式会社」から「 リコーイメージング株式会社」に変更。 これに伴い、ペンタックス・リコー両ブランドのデジタルカメラのCM、パンフレット、ホームページのクレジットも親会社のリコーと同じく「 RICOH imagine. change. 」に改められた。 製品 [ ] 製品の詳細は以下の記事を参照されたし。 カメラ製品 [ ]• 特徴的な機能、用語についてはを参照 レンズ製品 [ ]• その他 [ ] 現在はHOYA製造でペンタックスメディカルブランドにて販売している製品を含む。 - 「小型軽量なタンクロー、近距離双眼鏡Papilioをはじめとして、双眼鏡とスポッティングスコープを生産、販売中。 セキュリティ用レンズ• 用レンズ• - 2009年1月、生産終了。 携帯電話用カメラレンズ - から発売される()へ日本の携帯電話初の3倍光学ズームレンズを提供した。 VoiceText - ソフトウェア。 「」や「」のナレーション等に採用されている。 受賞 [ ]• 独自開発のクイックリターンミラー機構により、第2回科学技術庁長官賞を受賞。 (1960年)• PENTAX super Aが、European Camera of the Year '83を受賞。 PENTAX Zoom70が、European Compact Camera of the Year '87-'88を受賞。 PENTAX Zoom90-WRが、European Zoom Camera of the Year '92-'93を受賞。 PENTAX Z-1が 第9回(1992年)カメラグランプリを受賞。 PENTAX 645Nが 第15回(1997年)カメラグランプリを受賞。 PENTAX K10Dがカメラグランプリ 2007を受賞• PENTAX 645Dがカメラグランプリ 2011大賞を受賞• PENTAX KPが2017年度グッドデザイン賞を受賞• PENTAX K-1がGerman Design Award 2018を受賞• 「PENTAX K-1 アップグレードサービス」が2018年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞 その他 [ ]• - かつてアニメーションを使ったCM で声を担当した。 (後年のサウンドロゴ「ペンタックス、ペンタックス」の連呼でも使われたが、これはこのアニメCMを再現したものである)• - 女子プロゴルファー。 2007年よりスポンサー契約を締結している。 デジタルカメラ事業を買収したリコーは、1977年から1995年までペンタックスと同じKマウント仕様の一眼レフカメラを製造していた。 - のバンド、を代表するアルバム。 ジャケット写真に、ペンタックスESIIを用いている。 Popsicle Toes - の曲の歌詞に登場する。 脚注 [ ] [].

次の

HOYA (7741) : 株価予想・売買予想・株価診断 [HOYA]

ホヤ 株価

みんかぶ予想株価は「9,714円で【売り】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

HOYA (7741) : 株価予想・売買予想・株価診断 [HOYA]

ホヤ 株価

カゴメ 2811 の株価の下落が止まらない…個人投資家の人気銘柄です 2019年も半ば、令和になってから株価が不安定な日々が続きますね。 これまでの株高から株価が割安に感じて欲しくなりますね。 個人投資家に人気の優待銘柄も最近は下落が続いております。 本日は6月権利月のカゴメ 2811 の株価と株主優待について考えてみました。 株主優待を実施していることも安定した銘柄の印象です。 しかしそんなカゴメの株価がここ最近は優れません…。 カゴメの株価が下落して現在はお買い得なのでしょうか? 株主優待や身近な企業への投資に興味がある方は是非ご覧ください。 カゴメは年1回の優待実施ですが、実はこれは株主優待制度が変更されたためです。 これまでは年2回の実施でしたが、年1回の6月のみの実施となりました。 どうやら理由は株主優待の宅配コストの増加が理由のようです…。 カゴメの株主優待を取得したい方は全株売却して株主番号が変わるのは避けましょう。 ところでカゴメの継続保有は端株でも大丈夫なのでしょうか。 最近はワタミなど長期保有を条件とする限定優待も見かけます。 しかし10年間とはかなりの長期です…。 カゴメの発表では2019年6月までに発表とあります。 HPでは見つけられませんでしたが既に株主には案内があったのでしょうか? カゴメの株価の下落が止まらない…株価が割安か配当利回りや株価指数から考えてみた カゴメの株価の下落トレンドいつまで継続…?株価チャートから確認 それでは続いてカゴメの株価について確認していきましょう。 まずは直近3年間のカゴメの株価の変遷について参照します。 参照:SBI証券 カゴメの株価チャートより 人気企業のカゴメの株価は2016年中頃よりグングン上昇しています。 2018年初頭には4000円を超えており、1年半で1. 私もカゴメに投資したいと思いつつ押し目がなくて歯がゆい思いをしてました…。 しかしそんなカゴメの株価も2018年1月頃から下落トレンド入りします。 時折反発やレンジ相場になるものの長期でみると株価は下落しつづけています。 しかしカゴメのような人気銘柄でもこういう値動きとなるものです。 株価の割安度を冷静に考えて参集することが大事ですね! カゴメの株価は割安なのか?配当利回りと株価指数を確認してみた 株価が一時に比べて大きく下落したカゴメです。 現在の株価はお買い得になっているのでしょうか? 配当利回りや株価指数を確認してみましょう! 現在のカゴメの株価、2505円で予想PERは24. 1倍、PBRは2. 18倍程度です。 カゴメの予想1株配当は35円、年間配当利回りは1. こちらも物足りない利回りになっています。 単元株あたりの優待利回りは配当よりさらに低いです。 それなりに利益を株主還元にまわしているようですね。 まだ減配が意識される指数ではありませんが、大幅な増配も期待できません…。 記念配当がなくなり減っているのでこれ以上の減配は避けたいです。 配当利回りや株価指数から考えるとカゴメの株価はまだ割高感が拭えません。 まずは2018年度の決算総括を見てみましょう。 営業利益は+0. この数字を見ると成長性に不安はあるものの決して悪い数字ではありません。 但し売上高や営業・経常利益が予想業績を下回ったのが悪印象でしたね。 利益面でも「その他・調整額」項目で大きなマイナスとなり、総じて微増に終わります。 歴史がある消費財メーカーな分、やはり成長性には欠けますね。 とりあえず端株を購入して株主番号を獲得する手も考慮したいと思います。 管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の