あつ森 島 作れるもの。 【あつ森 島クリエイターのコツ】綺麗に整地するポイントまとめ!

【あつ森】島クリエイターの構想やマップまとめ!設計図のコツや初心者でも簡単に作れる地形も紹介♪

あつ森 島 作れるもの

発売以降大人気の「あつまれ どうぶつの森」。 実際のファッションブランドが実際に販売している服のマイデザインを提供したり、美術館が収蔵品のマイデザインを提供したりと、リアルな世界も巻き込んだかなりのブームになっています。 そんな「あつ森」には、島を自由に工事してさまざまな形にしたり、膨大な種類の家具を集めて配置したりすることで、自分の好きな世界観の島を作り込むことができるという要素があります。 そして、SNSやYouTubeには日々、手の込んだ島で楽しそうに遊ぶステキなワンショットや動画がたくさん流れていて、見ているだけですごくワクワクしてくるのです。 ……自分のセンスのない島と比較して心を痛めるオプション付きで……。 購入した当初は、「絶対ステキな島にして、友達をいっぱい招待するんだ!」と夢にあふれていたんです。 でも、センスもゴールもないまま適当に島を切り崩したため、分断された川や、薄すぎて生物が住めない池、謎の飛び地などが島に行くたびに私を責めてくるのですが、どうしていいか分からず数週間にも渡り放置。 購入当初の夢も夢のまま、恥ずかしいという気持ちはあるため、最近まで人の島に行くばかりで、一度も自分の島に人を招待したことがありませんでした。 なんとかしたいものの、何もできない苦しい日々。 これ以上触ったら、これ以上ひどくなるという恐怖感。 この脱却方法を考えていたとき、もしかしたら「建築士」や「インテリアコーディネーター」などのプロの方にお願いしたらなんとかなるのでは? ということを思い付いたのです。 そして、そのタイミングで発見したあつ森の博物館のすごさを一級建築士の友人にインタビューしたというnote記事を見たのでまさに渡りに船! 早速一級建築士の「翼さん」という方にコンタクトを取り、この度島作りをお手伝いしてもらうことになりました。 急なお願いだったにもかかわらず、すぐに了承してくださった翼さんが神なのは言わずもがななのですが、翼さん自身がちゃんと「あつ森」のプレイヤーだったので、話が早かったのがすごくありがたかったです。 まずは翼さんには、私の島に来てもらい全体を案内しました。 川が分断されているのを見て「か、川が分断されていますね……」謎の飛び地を見て「こ、これは何ですか……」とつぶやきながら見て回る翼さん。 申し訳なさと恥ずかしさでつらい気持ちでの案内だったのですが、最後は「ちょっと頑張ってみますね」という心強いお言葉をもらいその日は解散。 そしてその数日後、めちゃくちゃすごい計画書を送ってきてくださったのです。 計画書は、建築やインテリアにおいて、大まかに配置を決めることの意味である「ゾーニング」といわれるものを私の島上に書いてくれたもので、見ただけでこの私でもすごくイメージが沸いてきます。 さらに「家同士が離れていると水道・電気などのインフラ維持費で財政が圧迫されるのでコンパクトに」「都市を計画する際には、住宅地のなかに空気汚染する工場が建たないようにするなど用途地域という考え方があるため、住居、商業施設などを明確に分けてみてはどうか」などのコメントも細かく記載してくれて、このへんはさすが本物の一級建築士さん。 「なんかすごい人にお願いしてしまったんだな」と思って、本気で付き合ってくれる翼さんに感謝しつつ、申し訳ない気持ちも出てきて、なんとしてもいい島を作らないと! と思いました。 他にも、高木と低木を合わせて植えると緑量が多く見える街路樹の作り方や、住民の家を「街」「郊外」「田舎」ごとに分ける方法や、柵を家のまわりに立てることでいい感じに見える方法なども教えてくれました。 このあたりは、本当にすぐにでも使えるアドバイス! 結果、このマップ情報だけで見てもヘンテコな島が……。 しっかりと区画整理された島に超進化することができました! 川が分断されていない! 謎の飛び地もない! どころか、なんということでしょう! 島には「フェス会場」や「ナイトプール」「遊園地」「滝を見ながら入れる温泉」が完成! 人が呼べなかった島が、1週間ほどで人を呼んでも、どこを切り取っても恥ずかしくない島に生まれ変わりました……! 劇的ビフォーアフター……! しかも、「余った土地は余白として残すことで、新しい面白いスポットが誕生しやすい」というアドバイス通り、自分でアレンジを加えながら「ジム」や「カフェ」を作れるまでに成長。 翼さん:大きな部分でいうと、建物の設計業務をする人です。 単純にデザインをするだけではなく、法にのっとって、敷地や周辺状況を考えた上でデザインすることが求められます。 こういう場所ならこういうことができるんじゃないか? ということを考えながら、アイデアを出して、デザインを考えて、それが成り立つように図面を描きながら設計や、ときにはインテリアまでを詰めていきます。 普段の僕の仕事は、公共建築が多いですね。 体育館だったり庁舎だったり、マンションなどもやっています。 川が分断されていたのには笑いましたね。 なんとも言えない状況になっている川。 なので、島を小さなエリアごとに分けて、そのエリア同士を道でつなぐことで街らしく見せるという提案の仕方にしました。 今回特にプロだな! と思ったのが、あまり大掛かりなことを言われなかったことなんです。 めちゃくちゃお金をかければ、家や施設は移設できるので整えやすいと思うんですが、すごくお金が掛かる。 でも、大きく移動を勧められたのが1つの住民の家の移設だけだったんです。 翼さん:そうですね。 これは普段の仕事もそうなのですが、設計時は必ず敷地条件を考えて、その条件にあった提案をしていくんです。 なので、与条件があるなかで作っていくことは日々やっていて。 それに、その方が個性が出やすいんですよね。 その敷地だからできるというか。 では、今回私は最適なアドバイスのもと島作りができたのですが、私のようにセンスに自信がない人や、初心者が島作りにおいて最初にやるべきこと、心掛けることを教えてください。 翼さん:最初は壮大さにどうしたらいいのか分からなくなっちゃうと思うので、まずは全体のマップからゾーニングをしていくことが大事だと思っています。 作りたい施設をざっくり決めて、それを配置していく。 そしてそれを道でつなげていけばどんな人でも、どんな島でも、それなりには見えると思います。 翼さん:ある程度リアリティーがある方がそれっぽくなるのかな、と思っているので、今回もご提案していた、家の周りに柵を配置して、そのなかにどうぶつごとに家具やアイテムを配置する方法です。 家具については、テーマで合わせるとか、色や素材で合わせれば基本的には良くなると思います。 翼さん:僕は、やはり博物館がすごいなと思っています。 非常口をはじめとしたさまざまな演出が面白い。 僕たちも設計時にはバーチャル空間で作るのですが、遊びの要素を入れることはほとんどなくて。 でも、あつ森は素材選びも独特な世界観があってもすごく楽しいです。 あとは、住民の家ができる際に立て看板が建つじゃないですか。 それは実際にあることなので、そういう細かい部分も面白いですね。

次の

【あつ森】擬似タランチュラ(サソリ)島とは?作り方を紹介!

あつ森 島 作れるもの

・タランチュラが無限湧きする• ・8,000ベルで売却可能。 ベル稼ぎに有用• ・サソリが無限湧きする• ・池も川もなく4隅に崖がある• ・6つの岩からはベルのみ獲得できる• ・サソリが無限湧きする• ・8,000ベルで売却可能。 ベル稼ぎに有用• ・中央島では金鉱石が8個とれる岩が存在• ・サメ系、マンボウなどのみ釣れる島• ・サメ系は売却額が高いのでベル稼ぎに有用• ・シーラカンスやリュウグウノツカイ出現• ・L、LL、LLLサイズの魚全てが出現• ・大魚はレア魚が多いのでおすすめ• ・レア花が咲いている場合もある• レア花島 交配花島• ・交配でのみ咲くレア色の花だけ咲いている• ・蝶・ガのみ出現• ・広葉樹 針葉樹 、ヤシの木だらけ• ・池や川はない• ・木に湧く虫だけが発生する• ・が捕まえやすい• ・缶、タイヤ、長靴などゴミが大量に釣れる• ・やトンボが出現しやすい• ・時期によってはタガメが大量発生• ・崖上のレア魚が狙いやすい。 まきエサ推奨• ・イトウなどが釣りやすい• ・島中に竹が生えている• ・たけのこを掘って入手可能• ・竹島と同じく崖や川がない• ・針葉樹だけor広葉樹だけの2パターン存在• ・自島に自生しない果物の木が生えている• ・高額で販売できるので持ち帰り推奨• ・島の中心にある岩を叩くとベルのみ出現• ・上部の陸から高跳び棒で真ん中に飛び移る• ・地形が中心に向かって螺旋になっている島• ・タランチュラ島を作ると捕まえやすい• ・高台が連なっていて3段目まで登られる• ・最頂上に岩が5つある• ・大きな池と高台• ・池限定の魚が釣りやすい• ・川が「C」の形状• ・タヌキ商店で販売している花が咲いている• ・タヌキ商店で販売している花が咲いている• 離島 特徴 ニシキゴイ島 ・ニシキゴイが大量に釣れる キンギョ島 ・キンギョが大量に釣れる ブラックバス島 ・ブラックバスが大量に釣れる カメばかり釣れる島 ・池からカメのみ釣れる 深海魚島 ・デメニギスなどレアな深海魚が釣れる ギンヤンマ島 ・ギンヤンマが大量に出現する ヨナグニサン島 ・ヨナグニサンが大量に出現する ジンメンカメムシ島 ・ジンメンカメムシが大量に出現する 複合島 二段の小さめの滝• ・交配限定のヒヤシンス• ・魚影大の魚のみ釣れる• ・人面カメムシ無限湧き 複合島 特定花と魚影特大• ・チューリップのみ咲いている• 過去他に他にあった島は消失している可能性が高く、現時点では全18島が存在しています。 アップデートで島の出現が変化 アップデートにより島の出現確率や存在そのものに変化がある可能性が高いです。 5月25日に100回以上離島に行きましたが、レア花島と2種類あった魚影大島の内1種を確認できなかったため、サイレント修正されているかもしれません。 時間帯や時期によって離島内容が異なる 離島に出現する魚と虫は、自分の島に出現する出現時期・時間帯と変わりません。 同じ島であったとしても季節と時間帯によって出現する魚と虫が異なるため、生物の出現確率に偏りが発生します。 また、離島で出現する魚や虫は、離島への 到着時間で固定されています。 昼間に離島について、深夜帯に出現する魚狙いで夜までいても、深夜帯に出現する魚は出現しませんでした。 建物で出入りリセットできない不具合だと思います。 出現時期・時間の確認 離島ツアーのレア島への行き方 タランチュラ島 出現時間 ・夜19時~4時 出現月 季節• ・北半球:11月~4月• ・南半球:5月~10月 特徴• ・タランチュラが無限湧きする• ・川に囲まれた浮島が中央に存在• ・浮島には岩が5つ存在 タランチュラ島は、タランチュラのみ出現する島です。 島の特徴として、岩が5つ存在している浮島が川に囲まれています。 離島に行く時間が夜19時~朝4時の限定かつ、限られた季節でしか行けない超レア島です。 サソリ島 出現時間 ・夜19時~4時 出現月 季節• ・北半球:5月~10月• ・南半球:11月~4月 特徴• ・サソリが無限湧き• ・サソリ島は2種類存在する サソリ島は、サソリのみ出現する島です。 タランチュラ島と同様、離島に行く時間が夜19時~朝4時の限定かつ、限られた季節でしか行けない超レア島です。 ・サソリが無限湧き• ・金鉱石が8個入手できる• ・中央に浮島がある サソリ島2• ・サソリが無限湧き• ・ベル岩が6個• ・島の周りが崖に囲まれている サソリ島は2種類存在し、金鉱石が確定で取れる岩が1つある島とベル岩が6個存在する島があります。 金鉱石を取るためには、 はしごと たかとびぼうが必須です。 サソリ島を狙って離島に行くときは必ず持っていきましょう。 交配色の花の島 出現時間 ・24時間 出現月 季節 ・1年中 特徴• ・交配限定のレア色の花が咲いている• ・蝶が出現しやすい 交配色の花の島は、交配限定で咲くレア色の花が咲いてる島です。 交配のみで出現する花が自生しているため、自分が持っていないレアな花を入手できるチャンスでしたが、アプデで消失した可能性があります。 背びれ島 出現時間 ・24時間 出現月 季節• ・北半球:6月~9月• ・南半球:12月~3月 特徴• ・サメ系、マンボウなどのみ釣れる島• ・サメ系は売却額が高いのでベル稼ぎに有用• ・季節・時間帯でサメのみしか出現しない 背びれ島は、背びれのついた魚影のマンボウ・サメ系しか出現しない島です。 出現時間は24時間ですが、北・南半球共に出現時期が4ヶ月しかありません。 サメのみ出現する月・時間帯が存在 背びれ島では、北半球の6月と南半球の12月か21:01~3:59以降の時間であればマンボウは出現しないため、サメ系だけを狙うのであれば月と時間帯を意識しましょう。 魚影大島 出現時間 ・24時間 出現月 季節 ・1年中 特徴• ・シーラカンスやリュウグウノツカイが出現• ・L、LL、LLLサイズの魚全てが出現• ・レア花が咲いている場合もある 魚影大の島では、魚影大以上の魚のみ釣れる島です。 24時間1年中行ける離島ですが、行く季節・時期によって釣りやすい魚が異なるため、釣れる魚に偏りが出る場合があります。 離島ツアーでできること 鉄鉱石など素材を効率良く入手 離島は鉄鉱石や木材などの素材が効率よく入手可能です。 中でも鉄鉱石は通常の島よりも出現確率が高いため、序盤のタヌキ商店建築に一役買います。 また、離島ではイベント限定アイテムも入手可能です。 4月上旬に開催されたイースターイベントにおいても限定素材を入手できたことから、今後開催されるイベントのアイテムも集められる仕様になる可能性が高いです。 離島でしか入手できないアイテムも存在 竹とヤシの実は、離島ツアーでしか入手できません。 特に竹は、DIYでも使用する素材なので、欲しい方は離島ツアーで積極的に狙いましょう。 果物を獲得して高額売却 離島ツアーでは、自分の島では採れないフルーツが入手できます。 自分の島で採れないフルーツは、通常の5倍の値段で売れるため、持ち帰って栽培しましょう。 また、ヤシの実も持って帰って育てる事が可能で、浜辺や地面を砂地にマイデザインすることで生やすことができます。 ヤシの実の売却値段は250ベルです。 虫や魚の図鑑埋め 離島は狭い土地に魚や虫が固まって出現するので、生き物を集めるのにも効率的です。 生物図鑑いち早く埋めたい方は、離島ツアーを利用しましょう。 離島では、数多くのレア魚を釣るチャンスがあるため、まきエサを持っていくことを推奨します。 まきエサは釣れる魚のレア度は変化しませんが、桟橋や崖上など、魚出現度が低い場所で使用すると、効率的に釣りを行えます。 住民を勧誘できる 離島では住民に話しかけて、自分の島に勧誘ができます。 離島で話しかけた住民は確定で島に呼ぶことが出来ます。 島の住民数が最大になっている 島の住民数が最大の時に、離島ツアーに行っても動物が出現しません。 他の島の住民に会いたい方は、島に売地がある状態で離島へ行きましょう。 キャンプサイト設置後 キャンプサイト設置後は、島の住民の最大人数が10人になります。 島の住民を9人以下にした状態で、たぬきちに話しかけて売り土地を出すと、離島ツアーで動物が出現するようになります。 家具を100%入手できる 竹島と果物のみの離島以外は、木を揺らすことで、必ず家具が落ちてくる木が存在します。 ハチが出現する木も1つ存在するため、むしアミを持ちながら家具を入手しましょう。 離島ガチャは確率的に厳しい マイル旅行券を使った運ゲーム 背ビレ島や交配産花などのレア島やを狙って、マイル旅行券を大量消費して何度も離島におでかけすることを、離島ガチャと呼びます。 ゴミ島やタガメ島などでマイル券が無駄になる 離島ツアーで出現する島々は、島ごとに出現確率が割り振られている可能性が高いです。 普通島にいきやすいのはもちろん、ハズレの島に行った際にマイル旅行券を無駄にしてしまうため、離島ガチャはあまりおすすめできません。 サソリ島は作れる 人気の高いサソリ島も低確率の出現です。 ただし、サソリ島は疑似的につくることが可能であり、効率的に捕まえやすい構造になっている うずまき島などで挑戦すれば、サソリに会うために島ガチャしなくてもすむようになります。 現在、 竹島でサソリが出ないとの報告を多数受けています。 7月3日のアップデートで竹島の サソリ出現率が大きく下がっている可能性があるため、竹島での疑似サソリ島の作成は控えたほうが良いかもしれません。 ハンミョウとフナムシが出現したら周りを走り逃がし、タガメはその都度捕まえて処理、オケラは穴を雑草で埋めましょう。 離島ツアーの行き方 タヌポートでマイル旅行券を交換 離島ツアーに出発するには、マイル旅行券が必要です。 マイル旅行券は、タヌポートで2,000マイルと交換できます。 飛行場受付から出発 マイル旅行券を所持している状態で飛行場受付にいくと、離島ツアーへ出発できます。 マイル旅行券をもっていないと選択肢が出現しないので注意しましょう。 住民を勧誘 離島ツアーに住民がいた場合は、話しかけることで勧誘できます。 好きな住民を見つけたら、積極的に話しかけましょう。 離島住民は、一定確率で出現します。 住民が離島にいない場合もある すでに住民が島に10人いる場合やストーリー進行が不十分な場合は、離島に住民は現れません。 新たな住民を探したい場合は、ストーリを十分に進めた上で島の住民を9人以下にしておきましょう。 離島ツアーに行く際の注意点 道具は忘れずに持参 離島に最低限持っていく道具一覧 行動が制限される道具 素材を集めるための上記の各種道具は忘れずに持っていきましょう。 釣り竿と虫あみがなければ、レア島にいっても無駄になることがあるのでご注意ください。 最低限の道具は離島で購入とDIY可能 あみとオノ、スコップとつりざおのショボイ系は離島に行った後もロドリーからマイルで購入できます。 また、離島にはDIY作業台も用意されているので、道具を忘れてしまった場合にも素材があれば作成可能です。 ポケット内を整理 離島へ出発すると、持ち物の整理ができません。 あらかじめ道具以外の不要なものは収納しておくなどして、ポケット内を整理しておかないと、離島で収集したものを持って帰れないので損します。 到着する島はランダム マイル旅行券を使った際に到着する離島はランダムで決まります。 離島は数多くの種類が存在するため、狙いの島を厳選して行くのは難しいです。

次の

【あつ森】島クリエイターの構想やマップまとめ!設計図のコツや初心者でも簡単に作れる地形も紹介♪

あつ森 島 作れるもの

もくじ• 島を開発した際に気を付けた具体的なポイント まずは島全体を通して、僕が気を付けていたポイントを紹介します。 オシャレかつ動きやすい島を目指す ここは割と重要視したポイントなんですけど、 見栄えだけ意識して移動がしにくい島にならないようにしました。 極端な例ですけど、柵が乱立しまくってて移動しにくいとか、タヌキ商店に行くまでの道のりが無駄に険しいとか。 見栄えだけ意識して あつ森自体のゲーム性が微妙になっちゃう開発はしないように心がけました。 多分それをやると自分の島なのにストレスを抱えそうなので、 ある程度動きやすい島にするのもオススメかなと思います。 初っ端に道を整備するだけでもだいぶ変わると思いますね。 道の幅は4マス、最低でも3マスにする 道の舗装をした際、 メインとなる道はほぼ全て4マスで固定させました。 なんでこの幅にしたかって言うと、 4マスくらいあると道に余裕があるからなんですよね。 見栄えを意識して2マスくらいで作る人もいると思いますが、2マスって言いかえると人が2人分の幅ですよね。 現実に置き換えて考えると狭すぎませんか? すれ違うだけで肩が当たりそうで ちょっと密です。 1マスは狭すぎるし、3マスは奇数なので左右対称に設置しにくいんですよね。 好みの問題なのでオススメはしにくいんですけど、 個人的には4マスくらいで道を作るのがちょうどいいと思います。 道にマス目を使い過ぎて作れる施設が少なくなるのは難点ですが… なるべく道を曲げないようにする これも好みなんですが、ぐにゃぐにゃしている道だとメチャクチャ移動がしにくいので、僕は かなり真っすぐな道にしています。 例えば、飛行場を出てからの道。 右に真っすぐ行っても海にぶつかるまで真っすぐ走り抜けることが出来ます。 イメージとしては京都市内の碁盤の目みたいな感じ。 かなり移動がしやすい上にスッキリするので、個人的にはかなり好みです。 ごちゃっとした感じでオシャレに見せる手法もあるので「絶対コレがいい!」とは言えないんですが、 スッキリした見た目が好きな人にはオススメですね。 河口がある場所から川を伸ばす 島クリエイターの仕様上、普通の地面しか開発することが出来ません。 砂浜や地面と砂浜の境目などもクリエイト出来ないのですが、島に必ずある河口も開発することはできません。 別にここから川を伸ばさないといけないワケじゃないんですが、 河口付近を埋めちゃうとメチャクチャ見栄えが悪くなります。 この半端に埋まってる感がどうしても許せないので、僕は河口からは必ず川を伸ばしています。 島がオシャレに見える具体的なコツ 上では僕が島を開発した際のポイントを解説しましたが、次は テクニック的な部分に触れていきます。 階段の横に小さい滝 このテクニックは地味に気に入ってるやつなんですけど、 階段の横に1マスの滝を作るテクニックです。 これだけでなんとなくオシャレっぽくなるので、階段が殺風景だなって思ってる人はやってみてください。 ちなみに、 住人がこの小さい滝の部分でも釣りをしてしまうという欠点があります。 平地に柵で囲うのも良いんですが、 崖で囲うと閉鎖的になって特別感が出てくるのが好みですね。 ついでに言うと、針葉樹なんかも使うとされに自然感も増すのでオススメです。 置くだけでオシャレになる家具は置きまくる 僕の場合はマイルで買える「がいとう」を道の角に置いています。 マイルは割と貴重だったりするので大量に注文するとカツカツになってしまうのですが、これを置くだけで道が割とオシャレになります。 とりあえず困ったら街灯を設置しておけばいいかもしれません。 和風な島にしたい場合は「とうろう」とかもオススメですね。 灯ろうはDIYで作れる家具なので、街灯よりも敷居が低いです。 明るさはぼんやりって感じですが、大量に設置すると一気に和風になります。 まとめ:島クリエイターの参考に 僕もかなり初心者の部類なので、メチャクチャ魅力的な島ではないと思います。 ただ、初めて島クリエイターを使う方は僕と同じような意識で作ると割とそれっぽい島にはなります。 島の作り方はマジで無限大なので、「これが正解!」ってわけじゃないんですが、僕と同じような島を作る場合は割と参考になるかなと思います。 ちなみに、僕の島の紹介記事もありますので良ければ併せてご覧ください。

次の