アジング ルアー。 アジのルアー釣り(アジング)の道具と仕掛け

アジング用、極細エステルラインをトラブルなく使うための、最初のおまじない「巻き始めの整え」

アジング ルアー

スナップの効果で水平フォールしやすい。 この漂うフォールがデイゲームで特に効果大。 5cmのマイクロサイズで、大きなルアーにはアタックしてこないアジにも有効。 スプーンの有効性 アジングにスプーン。 スプーンを画期的というつもりはダイワにはない。 確かに知る人ぞ知る存在ではあるが、すでにそれなりに使われているものだ。 なぜ、ジグヘッドリグをアジスプに付け替えたい場面が出てくるのか? アジはもちろん、ソルトウォーターのさまざまなターゲットに対するスプーンの有効性を古くから説いてきたダイワフィールドテスター渡邉長士に解説してもらおう。 「飛距離は同重量のジグヘッドくらい飛び、フォールスピードはジグヘッドよりもゆっくりで、しかも水平フォールでヒラヒラと落ちるので、しっかりとアピールできるんです。 そしてリトリーブはデッドスローでもほどよく動く。 ワームとは違ったアピール力がアジスプにはあるんです」 フグ対策としても樹脂ボディは効果を発揮する。 「僕のホームグラウンドの房総だとフグが多くて、千切れにくい素材のワームでもガンガンに齧られちゃうんですよ。 多くの地域では夏中心だと思うんですが、房総だとそれが一年中続きますからね。 悩まされます……」 フグくらい、と、思われるかもしれないが、実際、現場で猛攻に遭うと、心がペキペキに折れてしまうものなのだ。 そういうフィールドではアジスプの恩恵を大いに感じていただけることだろう。 ボディ後方の少し変わった形状について、渡邊はこう語る。 「まず、フォール中のバイトを拾いたいという意図があります。 一般的なスプーンはリトリーブ中心に考えられていますからテールにフックが付いていても問題ないんですが、そういうものは実はフォール中にルアーの上にフックが乗って、張り付いたままになっていることもあるんですよ。 それでは掛かりませんよね。 対してアジスプの構造なら、フォール中でもしっかり掛けられます。 もうひとつは、フックアイをボディのやや下に付けて針先とルアー上部の間隔を狭くすることで、フックとルアーの一体感を出してアジに吸い込ませやすくしているんです」 渡邊はそんなアジスプを総括してこう言った。 「自分的にはジグヘッドリグより釣れるとは思わない。 ジグヘッドリグと同じくらい釣れる」ジグヘッド用のタックルで同じ感覚で使えて、違う性能を持っていて、同じくらい釣れる。 」すなわちローテーションできる、使える「手駒」がひとつ増えたということだ。 「月下美人アジングスプーン」は、以上のように捉えていただきたい。 ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。 今まで合わせきれなかった小さなアタリや、掛け損ねていたアタリも逃さずキャッチ。 今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。 なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意して頂きたい。 【表面の電子顕微鏡写真】 【貫通力比較データグラフ】 (数値が低いほど貫通しやすい) フックの交換方法(プライヤー無しでフックの付け外しが可能) ボディ側のリングの隙間(矢印部分)にフックを押しつけて通します。 フックをリングの隙間に通した状態です。 このままフックを回して外していきます。 最後まで回すとフックが外れます。 フックを持ち、ボディ側のリングの隙間に押し込みます。 リングの隙間にフックを押し込んだまま、リングの終わり部分にフックを通します。 通ればこのまま回していきます。 最後まで回すとフックが装着できます。 品名サイズ (mm)標準自重 (g)メーカー希望 本体価格(円) 月下美人 アジングスプーン251. All Rights Reserved.

次の

アジング用ルアー・ワームは何がおすすめ?使い方や種類まとめ

アジング ルアー

アジングでアジが食いつくルアーの動かし方 ここからは、アジングの基本的な釣り方について紹介します。 アジングルアーの基本カウント 水深のある場所でのアジングの基本的な釣り方は、最初にルアーをキャストして着水したら、1カウント1秒くらいの速さでカウントしながらボトムまでフリーフォールさせ、着水から何カウントで着底するか測ります。 水深のある場所では、次からは、最初のカウントから5カウント減らしたカウントまでフォールさせて、そのレンジを探ります。 これを繰り返して、順に表層まで探っていきます。 もし、アジが反応したら、そのレンジを攻めて釣果をあげるようにしましょう。 水深があまり深くないところは、最初に着水から5カウントフォールさせた表層のレンジから探り始め、段々とレンジを下げていくほうが効率的なときもあります。 アジに食わせるためのリトリーブ(ただ巻き)・ストップアンドゴー アジングでは、横のアクションでは釣果が期待できない、縦の釣りの方が効果的だとをいわれています。 しかし実際には、リトリーブだけでも、十分な釣果を残すことがでます。 狙うレンジ(深さ)までカウントしてフリーフォールで沈め、ルアーを任意のレンジまで沈ませたら、ゆっくりとリトリーブしてルアーを泳がせるだけでアジが釣れるので、アジングを初めたばかりの初心者の方にはおすすめのアクションです。 横の釣りでは期待できないということとは逆に、アジの活性がよく表層でライズ(捕食行動)しているときなどは、ただ巻きにしか反応しないということもあります。 リトリーブの間に 一瞬ルアーの動きを止めるアクションをストプアンドゴーといいます。 ただ巻きに比べるとルアーを追ってきた魚に対して、ルアーに食いつく間を与えて、リアクションバイトを誘うことができます。 サビく サビくというのは、ルアーが浮いたり、沈んだりしないように、ロッドをゆっくりとアオッてルアーを引き寄せる動作をいいます。 ルアーが浮いたり沈んだりしない速さでロッドをアオル• すばやくリールを巻きながらロッドを元の位置まで戻す• 1、2を繰り返す 他のルアークションと組み合わせて使うことが多いロッドアクションテクニックです。 フォール フォールとは、ロッドやリールはそのままにして、ルアーを自然に沈ませるといルアーアクションです。 本来アジは、横に動くよりも縦に動くものに反応が強い魚です。 なので、フォールは効果的なアクションになります。 他のアクションと組み合わせて使うとより効果的です。 トゥイッチ トゥイッチとは、ロッドをチョンチョンと小さくアオッて、ルアーが小さくて早い動きをするアクションです。 素早い動きを見せることで、アジにアピールすることができます。 また、トゥイッチとフォールを組み合わせた トゥイッチ&フォールは、アジングで定番のルアーアクションです。 トゥイッチ&フォール トゥイッチ&フォールは、トゥイッチとフォールを組み合わせたルアーアクションで、トゥイッチでアジにアピールしたあとに、フォールでアジに食わせるタイミングを作るというテクニックです。 トゥイッチ&フォールは、アジの活性が低いときに効果的なルアーアクションなので、ぜひ習得して活用できるようにしてください。 リフト&フォール リフトとは、ロッドを大きくアオッてルアーをギューっと大きく引き上げるロッドアクションです。 トゥイッチは、小さなルアーアクションなのに対して、リフトはルアーを大きく動かしてアピールするとともに、フォールの時間を長くして食わせの時間を長くすることが目的のアクションです。 トゥイッチ&フォールとともに効果的なアクションなので、ぜひマスターしてください。 ドリフト 海には流れというものがあります。 その流れは単純ではなく、潮の干満や波、風、海底の形状などが複雑に影響しあって流れ作っています。 海水浴場で 離岸流という言葉を聞いたことがあると思いますが、これも流れの一種です。 ドリフトというのはワームを流れに乗せてフワフワと、漂わすように流す動かし方をいいます。 アジがアミ(エビに似た節足動物の総称)を捕食しているときに効果抜群のアクションです。 ボトムに放置 アジングで魚を誘う方法の一つとして ルアーをボトムへ放置するという方法があります。 主にアジがボトム付近に沈んでいて活性が低いデイゲームなどで使うテクニックです。 もちろん、ずーっと放おって置くのではなく、3~5秒程度ステイさせた後に巻き始めることでアジの反応が誘発させることもあります。 さまざまなアクションで誘ってもアジが反応しないというときに、ダメ元で試して見てください。 アジのいる場所を探る アジは群れで回遊する魚です。 回遊する魚は同じ場所や深さに留まっていることはなく常に移動しています。 大きな群れに出会ったときなどはアタリがある場所やレンジを攻めるということがセオリーになりますが、反応が薄いときには自分がいる場所から扇状にキャストして広範囲を探るようにしましょう。 レンジの調整は、釣り始めにフリーフォールでボトムまでのカウントをとり、次からはカウントで狙うレンジを調整するようにします。 アジングでアジを釣るためのルアーアクションは、この他にもたくさんありますが、この5つのルアーアクションをできるようになれば、ほとんどの状況に対応することができるようになります。 まずはこの5つのルアーアクションのテクニックを習得して、実践で活用できるようになりましょう。 ルアーチェンジ どのレンジでも「アタリがない」というようなときは、ルアーの色や形を変えたり、ジグヘッドの重さを変えてルアースピードを変えたりして攻めることが、効果的なこともあります。 アジングルアーについてはこちらを御覧ください。 状況によって、カラーや動き方などのルアーがハマって、他のルアーでは全然アタリがないということもよくあるので、その日の魚が好むパターンを見つけ出すことが大切です。 漁港や港湾の堤防周りのアジングのポイント アジングは、漁港や港湾などの堤防での釣りが一般的です。 堤防周りは、アジを始めさまざまターゲットを狙うことができる絶好の釣り場です。 アジは外海で産卵しますが、春になると外海で生まれた稚魚が湾内に入り、湾内を回遊しながら成長していきます。 そしてある程度成長すると、また外海へ出ていくという習性を持っています。 ここでは、漁港や港湾の堤防でのアジングのポイントについて解説しておきます。 漁港や港湾の堤防周りのポイントは、• 海底の地形に変化があるところ• エサになるベイト(小魚)がいるところ• 堤防の突先など潮通しの良いところ• 障害物があるところ• スロープ• 係留船周り• 常夜灯の周り• テトラポッドの周りなど隠れる場所があるところ• 岸壁沿い などになります。 まとめ これまで、アジが食いつくルアーの動かし方について、初心者でも解るよう図を使って説明しました。 アジングを楽しむために、まずは紹介したルアーアクションを習得して、実践で活用してみてください。 きっとアジングが病みつきになるほど楽しくなりますよ。 ここまで読んでいただいたあなたは、もう立派なアジングマン?です。 ぜひアジングを楽しんでください。 これからアジングを始めたいと思っている人や、まだ自分の道具を持っていない人は、こちらを読んでアジングの道具を選ぶときの参考にしてください。

次の

アジング超入門講座

アジング ルアー

状況に応じてファーストリトリーブとスローリトリーブを使い分け、ライトソルトゲームを攻略しましょう。 全長 45mm 重量 2. 1g タイプ スローシンキング アクション ウォブン&ロール 潜行レンジ 約10~20cm フック 14 カラー #3わたがし #6トーチグロー #7レモンジュレ #8ピーチジュレ #9オレンジジュレ #10パーロッソ 販売価格 1,300円 税抜• その釣果は目を見張るものがあり、その攻略法を徹底公開!! 25号・ジョイントライン1. 2号、1. ただ巻きでもスローに、ウォブリングする限界のリーリングスピードでリトリーブするだけで釣れます。 ただ、今年 2018年 はヒメマスの接岸量がかなり少なく、競い合ってバイトしてくる様な状況ではない為、明け方以外はすぐスレてしまい、まったくルアーに反応しなくなります。 普段ルアーローテーションする人でも、釣れなくなったから交換という人が殆どだと思いますが、接岸量が少ない今年のヒメマスではチェイス、バイト、ヒットのどれかがあったらすぐローテーションする事が必要です。 チェイスして来て戻ってしまったヒメマスに同じカラーのルアーを再度キャストしても、ほぼ反応しません。 チェイスしてきたら、すぐにカラーを変えて入れなおすとフォール中にヒットしたり、カラーチェンジ後、1投目でヒットする事が数多くあります。 さらに、活性の低い個体や産卵の為、ペアリングして反応しないヒメマスが多いポイントでは、ボトムまで沈めてから10~30cm程、ボトム付近でのリフト&フォールでの反応も良い事も多くあります。 ロッドはHSR-80だと長すぎるという人は、ガイドポストLHR-57、62、69やSBR-64でも良いと思います。 「LINK 50」• 全長 50mm 重量 2. 7g タイプ シンキング アクション タイトロール フック カルティバST-26TN 14 カラー 5 colors 販売価格 1,300円 税抜•

次の