サウザンドアームズ。 サウザンドアームズ

サウザンドアームズ

サウザンドアームズ

ご利用の前にお読みください• 「」を必ずご確認ください。 掲載している製品・タイトル・画像・説明文などは、オークション出品者が登録した情報を各提携サイトから取得したものです。 comでは内容について万全の保証は致しかねます。 オークションの価格や在庫状況は常に変動しています。 「現在価格」は自動更新されませんので、購入を検討する場合は、最新の情報を必ずご確認下さい。 実際のお取引に関してご不明な点は、オークション出品者または各オークションサイトに直接お問い合わせください。 comではお答えできません。 掲載している情報は、残り時間が少ない順に並び替えたものの中から、各種条件に合わせて上位の情報のみ掲載しています。 comが独自にカスタムして情報を掲載している場合があり、各提携サイトの掲載情報と一致しない場合があります。 ショップの場合は価格の補足として「消費税(切り捨て)」を表示し、個人の場合は表示をしていません。

次の

サウザンドアームズ RTAチャート:めし太郎のブロマガ

サウザンドアームズ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 最近は攻略本を見ながらでなければ出来ない様なレベルの作品も多くなり、やりたくてもついて行けない場合も多いのです。 かと言って、いかにも子供対象ってゲームでは面白くない・・・と云った中途半端なレベルのプレイヤーには大変ありがたい作品だったと思います。 勿論攻略本を読めば、キャラクター達のレベルに応じて様々なイベントが用意されており、それによってワザをまんべんなく取得すれば後半かなり有利になりますが、それを虫食い状態で取得していたとしても、何とかラスボスと戦えるのです。 スパロボやブレイブサーガですと、マシンに思い入れがある為、何が何でもコンプリートしようと躍起になったりするのですが、オリジナルである場合、特に深い思い入れもなしに気軽にプレイ出来るのでワザが不揃いでも気にならず、個人的にはとてもやり易く、楽しめました。 又、極端に長いお話でもなかったので、2回目の挑戦もそれ程苦にならず、今度は攻略本をしっかり読んで、取りこぼしなく楽しみました。 と云う様に、本編はRPGの基本に添った作りで丁寧にゲームすればそれなりに出来るのですけれど、ちょこちょこ入ってるミニゲームとかは案外難しかったと思います。 私はトランプとかが上手く出来なくて、カイリーンと仲良くなるのには苦労しました。 その分デートをして点数を稼ぐ訳ですが・・・はっきり言って女の子のご機嫌を取っても私としてはちっとも面白くない訳でして、その点は結構苦痛でした。 ご機嫌を取る為のプレゼントアイテムがしょぼいんですもの〜 泣 会話モードの質問の選択肢も結構陳腐で・・・展開が読めてしまうのは残念でした。 やっぱり本作のターゲット層は男性なのでしょうね。 時には、マイスが呼び出したら相手がムーザだった・・・なんてお話があっても良かったのに・・・ しかし、簡単だからと上げすぎてしまうと、レベル的に取れなくなってしまうアイテムがあるので、結構悔しい思いをしたりしましたから、まぁ許容範囲でしょうか。 キャラクターも大変綺麗な絵で可愛らしかったですし、ゲームの知名度から言ったら声優さんも驚く程贅沢なキャスティングでした。 曲も、浜崎あゆみさんの歌い方が今よりもずっと無理のない音域で伸びのある歌い方でしたし、雰囲気に合ったとても良い曲だったと思います。 全体的には丁寧に制作されていましたし、中級レベルのプレイヤー向きの作品としては、なかなかの良作だと思います。 このゲーム、結構楽しめました。 ストーリーやキャラクターは良いですな。 主人公のマイス君は凄かったです。 最初の方いきなり家法の剣折れちゃったじゃないですか。 凄いですよねえ、後に世界を救う主人公も最初は笑いを取る為にいるんじゃないかって位のキャラでした。 しかし、全体的に見れば、結構カッコイイ所がありましたねえ。 ヒロインは数が多すぎなところ以外は良かったです。 個人的に好きだったのはキョウカですね。 普通な感じが。 自分の武器を自分で鍛えるヒーローってのは、当時は斬新なアイディアだったと思います。 レベルが上がっても武器を強化しなきゃ強くならないって所は良かったと思います。 ただねえ、ヒロインとデートして好感度上げないと魔法使え無いのはきつかったですな。 魔法の必要性も薄かったです。 結局ほとんど魔法覚えずにラスボス撃破しちゃいましたから。 どうもデートシステムは良くなかったんじゃないかなあ? あっても良いけど、一人好感度上げたら他が上がりにくくなるとか、ストーリーに関係してくるとかあった方が良かったと思います。 それに、やっぱヒロイン多すぎな気がします。 戦闘システムは…駄目でしたな。 単調すぎてあまり面白く無かったです。 これが面白かったらもっと評価高くつけたかったんですが。 まあ、全体的には楽しめる内容だと思います。 次回作とかそんな感じのがあったら結構期待しちゃいますね。 ただ戦闘システムだけは継承しないほうが良いですな。 ストーリーとかを楽しみたい人にはお勧めですが、戦闘を楽しみたい人はお勧めしません。 まあ、評価は自分としては良いぐらいです。 今さらながら中古ゲーム店で見つけ、目に入ったので買ってやってみました。 シナリオはCD2枚にしては少々物足りない気もしましたが、それでも内容はかなりしっかりしてるし、いいと思いました。 最近キャラで売ってる某有名RPGよかいいんじゃないですか。 マルチエンディングの方が良かったということを聞きますが、オレ的にはああいう終わり方でもいいんじゃないかな。 って思います。 ただキャラのその後みたいなのがあればもっと良かったんですがね。 デート出来るRPGなんて滅多にないですが、デートっつっても質問攻めだけだったのでも少し工夫されても良かったと思います。 剣の改造は好感度を上げすぎると一部の技を覚えられないのが痛い。 コレのためやり直したことがある。 一番問題は戦闘か、はっきりいってやりづらいし戦略立てづらいしキャラの良いとこを活かしきれない。 これだったら普通のバトル形式の方が良いです。 キャラは個性豊かで憎めん奴ばっかだったかと。 声優陣も豪華だし。 キャラとシナリオだけだったら『最高』なんですがシステムが『最悪』だったので、『普通』くらいにします。 作品DB内ブログ記事 1. by エスパー... の弾丸同様変に理屈付けると「? 」ってなれてしまう。 大人党には知られていないはずのリビドーやガレキの存在がいつの間にか知られてて草。 どっちなんだよ! そもそも知らなかったというほうがまずおかしいんですけどね。 ただなんだろうな、この残念感は…。 結局谷先生追い出した必要性ますますなくなってんじゃん! 余計に罪深いゾ。 サウザンドアームズとはアトラスの... by 陣兵... 」、 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」、「雀牌遊戯'99たぬきの皮算用」、「マール王国の人魚姫」、「西陣パチンコ天国Vol. 3」、 「ルナティックドーン3」、「設定王岡田敏の詰め将棋教室」、「新世代ロボット戦記ブレイブサーガ」、「たのしい麻雀」、 「エリーのアトリエ サールプルグの錬金術士」、「梅沢由香里の対局囲碁 平成棋院」、「 サウザンドアームズ」、「必殺... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

/サウザンドアームズ オリジナルサウンドトラックス【アトラス社ゲーム「サウザンドアームズ」より】

サウザンドアームズ

1998年の12月。 この年のゲーム業界の商戦ラッシュを、僕は未だに覚えています。 「」「2」「」「」「」… まだまだありますが、どれもが非常に魅力的なゲームで、ゲーム雑誌をずっと眺めていても飽きませんでした。 それでも、僕は他のゲームを購入したのです。 評価は決して高くはないし、発売されてからも低評価でしたけど、僕がゲームを本気で好きになったのは、ここからなのかもしれません。 代々続く鍛冶師の家系であるマイスは、貴族としてそれなりに満ち足りた生活を送っていた。 だが、力と恐怖で支配を目論む帝国ディアノーバによって、多くの国家が侵略され、カントの領地を奪われたマイス一家は離散、マイスもあてもなくさ迷うことになる。 その途中、不良に絡まれていた少女ソディナと出会い、ボイズビーの街へ辿り着いたマイス。 ここから、彼の物語が始まる。 ストーリーを見てもらえば分かるように、実に王道をひた走っているです。 主人公のマイスは「鍛冶師」であり、 「ナンパ師」でもありまして、ここがゲームのシステムと雰囲気を作りあげています。 ~2Dと3Dの融合~ 画面内に映る、土地や建物などの背景は3D、キャラクター達や街の住人は2Dで描かれています。 ストーリーを進めるとアニメーションが入ることがありますが、その場合もキャラクター以外は3Dというこだわりでした。 斬新、とまでは言いませんが、珍しかったのは確かでしたね。 当時は「」の影響が大きく、3Dを採用する時はフルポリゴン、みたいなところがありましたから。 ~『アニモーションバトル』という概念~ 戦闘時には、『アニモーションバトル』という名のシステムがウリでした。 戦闘に参加するパーティーは3人まで選べるのですが、 一番先頭にいるキャラクターだけが主に戦闘を行うという、タイトルなのです。 他の2人はアイテムや魔法などで援護する「後衛」ポジションとなります。 仲間には『待機』コマンドなんてありまして、文字通り待機していますが、しばらくすると応援やヤジを行い、先頭キャラクターのステータスを高めたり、モンスターのステータスを低下させてくれたりします。 マイスの応援は『クリティカル率UP』、ソディナの応援は『HP回復』など、キャラクターによって効果が違うので面白いですね。 敵も先頭にいるモンスターが行動し、倒されると後ろのモンスターが前に出てきます。 魔法を使える敵は後ろから撃ってくるので、早く倒して前に引きずりだすことを考えるのか、一度防御に徹するのか考える必用がありました。 ~強くなるには「デート」しよう~ このゲーム、レベルアップしても、HPとMPしか上がりません。 その他のステータスを上げるためには、鍛冶師であるマイスが女の子と一緒に武器を鍛えることで上がっていきます。 魔法を覚えたい場合、 女の子とデートしていちゃつくことが大切なのです。 どういうことなのかと言いますと、女の子には 『よろしく度』という概念があり、デートを重ねてこのよろしく度を上げると、それに対応した魔法を覚えていくのです。 デートには、 ・街の特定のデートスポットで会話を行い、正しい選択肢を選ぶ。 好感度の下がる選択肢を選び続けると女の子は途中で帰ってしまう。 逆に好感度を上げる選択肢を選び続けると、最後に女の子から キスしてもらえる。 当時はそのシーンがすごく恥ずかしくて、 今はもっと激しく!とか思うのは僕の心が汚れているから目を背けてたんですよね。 ・プレゼントアイテムを贈り、好感度を上げる。 各キャラクターによってプレゼントには好き嫌いがあり、ヒロインのソディナは可愛らしいものが好みですが、途中加入するウィナはむしろ嫌いだったりします。 ・を行う。 各キャラクター毎にがあり、意外とはまります。 難しいやつは本当に難しいので、キャラによってはやめた方が無難です。 やりがいがあるとも言えますが。 この3種類の方法でよろしく度をあげていきます。 パーティーメンバーだけでなく、サブキャラクターともデートできるので、結構な人数になります。 デートといっても際どいシーンなどはありませんから、あくまで明るく楽しく、といった感じでしょうか。 ~明るく、シリアスで、入り込みやすい~ デートの概念で戸惑う方もいるかと思いますが、先に述べたように学生の清い交際程度なので、そこまで気にする必要はないかと。 また、主人公マイスの女の子好きな性格からか、基本的にストーリーと世界観は明るいです。 女の子を見かけたら口説こうとする。 のコンボはベタですが、安心して見れます。 また、マイスは鍛冶や困っている人に対しては真剣に取り組む性格なので、きちんとメリハリが効いてたのも良かったですね。 流石に終盤はシリアスですが、それはとしては妥当な流れだと思います。 ~じゃあなんで世間の評価が低いんすか?~ 上記の説明した部分には、 すべからく不満点が存在します。 ・戦闘の不満点 タイトルなので、一回の戦闘が長いんですよね。 全体魔法の燃費も悪いので、ガンガン使用することもできない。 ロード時間も長いので、するその時点でストレスに。 ・3Dマップが分かりにくい。 街やワールドマップの地図は表示できますが、ダンジョンマップの構造が把握しにくく、戦闘と相まって更にストレスが…。 ・デートの不満点 デート会話の発生場所がすごく分かりにくい。 マーカーなどの目印もないので、しらみつぶしに走り回って探さないといけないのは無理があります。 ~それでもこの世界観は好きなんです~ けれど、 マイス一行が繰り広げる冒険と、キャラクターの個性が被ることなく進行するイベント、そして何よりもまっすぐなストーリーが僕は大好きでした。 思い出補正が全開ですみません。 今の時代だとシステム面の不備もありあまり勧めることはできませんが、その絵柄と雰囲気が気になる方は、どうぞ手に取ってみて下さい。

次の