バッド ホップ 喧嘩。 bad hop(バッドホップ)メンバー紹介!本名・写真(画像)や逮捕・脱退者の噂も調査!

BAD HOP(バッドホップ)メンバープロフィール!本名や生い立ち・経歴は?脱退理由も

バッド ホップ 喧嘩

ヒップホップには、ストリートでの犯罪を題材にした「ギャングスタラップ」というジャンルがある。 そんななか、神奈川県川崎市に、自分たちの体験談だけを元にしてリアルなギャングスタラップを生み出している若者たちがいる。 今回は、元不良たちのみで構成されたヒップホップクルー「BAD HOP」を紹介しよう。 貧困と犯罪がすぐそこにある地元 BAD HOPは、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、AKDOW、Bark、G-K. D、Vingoの9人組のヒップホップクルーだ。 彼らの地元は、神奈川県内でも治安が良くないと語る人の多い川崎市池上町。 隣接する工場地帯から出るトラックの排気ガスと工場から出る煙にまみれ、町内にはバラックやブルーシートハウスが乱立した場所も存在する。 そんな池上町で育ったメンバーたちにとって危険は隣り合わせ。 地元では、学校内で警察による集団検挙が行われるほど、若者による犯罪が頻発していた。 BAD HOPのメンバーも、全員が地元で名の知れた元不良。 学生時代にはたくさんの事件を起こしてきたという。 店員不在のレジを狙った強盗を繰り返し、ある時に店主にバットで返り討ちにあって顔面が血だらけになった経験を持つメンバーもいる。 同世代のかつての仲間は薬物中毒者や服役囚になってしまったが、BAD HOPのメンバーたちは音楽との出会いによって更生を果たした。 そして犯罪や暴力が頻発する地元から抜け出すため、現在は音楽での成功を目指し、活動している。 クルーを引っ張るのは高校生ラップ選手権の王者 BADHOPの名は、メンバーのT-Pablowの活躍によって全国的に知られるようになった。 中学生時代に川崎の不良グループ200人のリーダーであったT-Pablowは、2012年にK-九の名義で「第1回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」に出場し、優勝。 優勝後は地元の不良たちと縁を切るために1年半の間、全国を放浪した。 そしてT-Pablowと名前を改め、2013年の「第4回 BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」で再び優勝し、全国にその名を轟かせた。 現在は、Zeebraの運営するレーベル「GRAND MASTER」に所属。 双子の弟のYZERRとユニット「2WIN」の活動を通して、BAD HOPの名を全国に広めている。 2015年、ついに1stアルバムをリリース BADHOPは、2015年7月に満を持して1stアルバム『BAD HOP』をリリースした。 アルバムの中には、他にも地元や過去の自分と向き合った内容の楽曲が数多く収録されており、BAD HOPのメンバーの半生が詰まった一枚に仕上がっている。 BAD HOPは日本語ラップシーンを担っていくことを期待されている若手クルー。 これからの彼らの活動から目が離せない。

次の

【BADHOP乱闘?】YZERRは誰と喧嘩になったのか。

バッド ホップ 喧嘩

磯部 自分は、音楽ライターを始めた90年代の終わり頃から、ラップ・ミュージックについて取材してきました。 その中で"川崎"というキーワードが浮上してきたのが2012年頃。 昨今のラップ・ブームの火付け役となった「高校RAP選手権」というテレビ番組があるんですが、2012年7月に放送された第1回の決勝戦で戦ったT-Pablow(当時はK-九)とLIL MANが二人とも川崎区出身だったんですね。 彼らに取材をしたところ、「高校生RAP選手権」に出場していたのにもかかわらず、実際は高校生ではなかった。 もちろん、第1回出場時の年齢は14歳とか15歳とかなのですが、中学卒業後は進学ではなくアウトローの道を選び、さらにそこから抜け出す手段がラップだったのです。 その後、T-Pablowや彼が率いるBAD HOPが成功したことで、川崎区の子供たちが次々にラップを始め、同地はラップ・ミュージックの新しい聖地として盛り上がっていきます。 さきほどの事件が日本の暗部を象徴しているのだとすれば、過酷な環境で育ち、しかし、ラップによってそこから抜け出そうと試行錯誤するBAD HOPは一条の光なのではないか。 彼らを中心に据えれば問題だけでなく、希望も描けるのではないか、という思いもありました。 とくに近年は、都市のきれいな部分とそうでないところの分断が起きていて……。 磯部 暴力団が取り締りの強化によって不況産業化したことも、地元の不良に影響を与えています。 上納金の取り立てが不良少年にまで回ってくるようになり、彼らの中には引ったくりや強盗をすることでそれを賄おうとする者もいました。 磯部 ええ、タバコ屋の閉店後を狙って強盗を繰り返していたら、ある夜、隠れていた店員にバットで思いっきり顔を殴られてグシャグシャになってしまうという……。 2010年前後の話なんですが、暴力団に金が回らなくなっていた背景には、2008年に起きたアメリカ発の金融危機、リーマンショックの影響がじわじわと川崎の街にまで下りてきたということがあります。 だから、大きな経済構造の話と、小さな街の不良少年の置かれている状況が、実は繋がっているのです。 要するに彼らの話を描くことで、時代を描くことも出来る。

次の

バッドホップが名古屋で乱闘&渋谷で喧嘩が理由で出禁?黒幕はリッキー?

バッド ホップ 喧嘩

2018年は航空券を買ったのにも関わらず 2度もアメリカへ行けなかったらしいが 今回はもう一度買い直して渡米したみたいだ。 BAD HOPのメンバーは MASAのファッションやタトゥーに影響を受けていることが多い。 学生時代 T-Pablowの得意科目は国語だったようで 4回ほど作文コンクールに選ばれていた。 サッカーでは イメージとは正反対のディフェンダーで 中学1年生の夏までサッカーをしていた。 先輩にも強めの指示をするなどの行為が 周囲に恐怖感を与えてしまい ついには生徒の親の要望によって YZERRとともにサッカー部を辞めるよう顧問に頼まれる。 13criminalという 100人程の地元ギャングチームを率いていた。 geminiは 2WINの前身のユニット名で これも双子を連想させる双子座に由来している。 そんなT-Pablowだが 現在のBAD HOPになっても カリスマキャラは健在している。 高校生ラップ選手権では 第1回・第4回大会を制覇し フリースタイルダンジョンでは 初代モンスターを務めていた。 最初に彫り込んだタトゥーは おじいちゃんのヒロシとおばあちゃん。 T-PablowとTiji JojoとBarkで 2〜3歳からゴキブリ軍団を結成し 他の園児が作ったつみきを崩したり 女子のパンツをずらす等の悪行を働いていた。 所属するサッカーチームでは チームメイトが認める点獲り屋で 中学1年生の夏までサッカーをしていた。 他の人にはついていないところに 筋肉がついているらしく メンバー内で腕相撲が一番強い。 昔まで視力が2. 5あったこともあり ハンデを与えて白線より一歩下がっても 一番下のランドルト環が見えていた。 見かけによらずおしゃべりだが 過去にセミナーにも参加していたほど ビジネスセンスに長けているBAD HOPの実質のリーダー。 過去のMV制作では 撮影も担当するほどガジェットにも強く メンバーが認めるゲーマーでもある。 2WIN プロフィール• Yellow Pato• T-PablowとYZERR、G-k. dとともに メンバー内では運動神経が良く 中学時代は川崎フロンターレに所属していた。 酒を飲むペースが メンバーで一番はやく 好きな寿司のネタはつぶ貝。 裏アカ疑惑 コンドームキャップくんというアカウントが 以降にyellowpatoとあったことから リバトークの質問コーナーで裏アカ疑惑をかけられるが 本人とは無関係だということが判明した。 モテ伝説 小学校1年生のときには 入部した翌日にサッカーチームのコーチから 「お前の世界に連れてってやるよ」と言われたことがある。 他にもモテ伝説があり 学生時代のバレンタインデーには 家のポストと下駄箱にチョコが溢れていた。 家を出るところから バレンタインが始まっていたらしく 近所ではもこみちとも呼ばれている。 プロフィール• Tiji Jojo• 過去のMVでは YZERRが撮影をして Tiji Jojoが編集を担当していた。 おじさんがJ2のキーパーだったせいで 夏休み中にキーパーの猛練習をさせられるが 夏休み明けにはゴールではなくベンチを守っていた。 好きな寿司ネタは光物で カレーも大好物のひとつ。 好きな女性のタイプは 髪は長めのクリーム色で 性格が少し強めで黒木メイサのような人。 左視力0. 02と目がとても悪く 唯一メガネをかけていることが多いメンバー。 ライブに向けて メンバーのキャラクターグッズを制作中に 柴田理恵のグッズが混じっていると騒ぎになったが Tiji Jojoのグッズだったという逸話がある。 近所では市原隼人と呼ばれている。 プロフィール• Bark• 感動した映画に 「幸せのちから」を挙げている。 もともと天パで 中学時代はスパゲティのように 髪を盛り盛りにしていたサーフ系男子だった。 小学校から野球をしていて 中学校の野球部員が10人しかいないなか 最後の大会では9回裏ベンチだったが涙がこぼれた。 モテていたYellow Patoとは正反対に 弟がたくさんもらってきたバレンタインチョコをわけてもらっている。 好きな食べ物はカレーで 女性のタイプは髪が長めの人。 プロフィール• Benjazzy• ゆきかず 170cm B型 1994年 神奈川県川崎市川崎区 高卒 野球 昔は友達からゆきちゃんと呼ばれ 嘘つきのゆきかずで「ぱちかず」とも呼ばれていた。 夜の川崎でカードを切りまくることから 「侍」という二つ名も持っていた。 メンバー内ではヒップホップに一番詳しく ラップのスキルもメンバートップクラス。 ギャル雑誌に載っている高校に通っていて ギャル男ではなかったが現在も二枚目キャラは健在しているそうだ。 Benjazzyの父親は Barkの担任で英語の教師でもあった。 内なるJを秘めている人物でもあり VINGOとは正反対で日本らしい女の子がタイプ。 まるで翼の折れてる天使(エンジェル) Benjazzy.

次の