コタンスピッツ。 朝ドラ「なつぞら」主題歌スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味(解釈)とは?

なつぞら 主題歌の曲のタイトルと歌手は?コタンって何?意外に厳しい歌詞?

コタンスピッツ

スピッツの新曲 「優しいあの子」について。 同楽曲は、4月1日から放送を開始している 広瀬すず主演、NHK連続テレビ小説の 記念すべき100作目である 「なつぞら」の主題歌となっています。 キャスティングや ストーリーはもちろんのこと、 主題歌も注目を集めています。 今回は「優しいあの子」の 歌詞の意味を考察をしていきます。 主題歌の意味を考えることで ドラマもより楽しめるのではと思います。 それでは解説してまいりましょう。 ご参考まで。 スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味を解説 重い扉を押し開けたら (=戦争を切り抜け生き残ったが) 暗い道が続いてて (=両親は死んでしまって、兄妹とも離れ離れになってしまった) 主人公から見た戦後直後の 暗い世界観を表していると解釈します。 主人公が戦争で両親を亡くし、 父親の友人柴田剛男に引き取られた直後は 気持ちが沈んでいたことでしょう。 兄妹は別々に養子に出され 離れ離れになってしまって、 とても不安な気持ちだった というのがこの部分に表れています。 それまであまり自分の住んでいる地域から 出たことのなかった主人公にとって、 北海道の悠々たる自然は 新鮮そのもので感動したと解釈しました。 畑の広さなど桁違いなので、 主人公からしたら 別世界のように感じたとしています。 氷を散らす 風すら味方にも できるんだなぁ (=厳しい冬があるからこそ、 皆が待ちに待った夏空があるということ。 ) 苦しかったり辛かった経験すらも 今思えば自分の糧になったなと 主人公が思っていると考察しました。 この曲は幼少時代から少し経ち 成長した主人公の視点の歌だと思っています。 だなぁという語尾から推測して、 過ぎた日々を懐かしみ、幼少時代の苦労も 無駄じゃなかったと思っているシーンです。 一見意味のないように思うことでも ちゃんと意味があって 今に繋がっているのだなと 主人公が思うシーンですね。 切り取られることのない丸い大空の色を (=戦争の空襲の煙などで濁ることのない、この雄大な北海道・十勝の空の青さを) ここでは、戦争の空襲によって 灰色の曇った空ばかり見てきた主人公にとって、 北海道・十勝で見た大空は よりいっそう綺麗にうつっていると解釈します。 切り取られることのないという部分から、 もう戦争も終わった、 失う心配をしなくていいという 安堵もこの部分から感じます。 優しいあの子にも 教えたい (=離れ離れになった妹に教えたい・見せてあげたい) あの子という、 自分より立場が弱い人に向ける表現と 妹をおぶって食料を恵んでもらいに行く シーンがあることから、 優しいあの子は妹のことと推測します。 自分が見た美しい空のことを、 仲の良かった妹に教えてあげたいと 思いを馳せているシーンです。 自分が良いと感じたものは、 親しい人に教えたくなりますよね。 ルルルル ルルルル ルルル~ルル (=主人公の思い出の曲。 たとえばお母さんが歌ってくれた子守歌など) スピッツのボーカルの方の歌声もあって、 優しい響きですが少し哀愁も感じる部分です。 思い出の曲を口ずさんでいると解釈できます。 そしてそれが 亡き母の記憶の一部だとしたら… という仮説を立てました。 ) その歌を口にするたび、 今は亡き母親という存在に憧れて、 でも存在しないのだと思い知らされ その結果絶望する、そんな繰り返しなのでしょう。 泣けるほどの何かって 何だろうと考えた際、 思い当たったのが主人公の両親の記憶です。 その中でも母親の記憶は 子供の中に強く残るものなので、 小さい頃からずっと聞いていた 母親の子守歌という仮説を立ててみました。 長い間聞きなれていたメロディーであり 自分も覚えているという設定です。 消えかけた火を 胸に抱き (=度重なる不幸に見舞われ絶望しながらも懸命に生きていこうと決心する主人公) たどり着いたコタン (=やっと見つけられた私の居場所) 消えかけた火とは 主人公が持っている希望のことです。 その希望の火を絶やさないよう 懸命に生きようとする 主人公の姿が見て取れます。 そして、自分の居場所を 見つけることができたと最後に言っています。 本来コタンとはアイヌ語で集落です。 しかしここでは、 自分が安心できる場所 という意味で居場所と訳しました。 コタンという響きに 柔らかさや温かさを感じます。 心温まる雰囲気を この言葉の響きで伝えたかったのだと考えます。 楽曲についての所感 歌詞にはほんの1小節を取っても 鮮明な情景を 思い浮かべることができる奥深さを感じます。 1節1節が深い意味を持っています。 重みのある歌詞なのに、 軽やかに聞こえるのは ボーカルの草野さんの力量でしょうね。 あの少年のような ピュアで優しい声と相まって、 アニメーションのオープニングや 本編の世界観にピッタリとハマっています。 最後に 辛い境遇にありながらも 懸命に前を向いて生きていこうとしている 主人公の語り、というイメージで 解説させていただきました。 こちらの楽曲はシングルとして 6月19日に発売予定と発表されています。 おそらくMVも現在制作されているでしょう。 それとともに ドラマの展開も目が離せないですね。 関連記事.

次の

日本スピッツの子犬を探す|ブリーダーナビ

コタンスピッツ

スピッツ新曲の曲名は? 4月1日から新たに放送開始となった連続テレビ小説「なつぞら」の主題歌に起用されたのは、スピッツの楽曲です! 気になる主題歌は 「優しいあの子」という曲名 で、第一話の放送開始直後から視聴者の反響が高い楽曲となっています。 スピッツが、なんと3年ぶりに新曲発表 ということで、ファンも待望の新曲リリースとなりました。 朝ドラで、新曲を聞いた視聴者からは様々な感想が述べられていますが、 中でも多かったのは 「朝から癒される」「感動して泣ける」 という感想です。 私も実際に聞いてみましたが、オープニングのアニメーションと共に流れる、主題歌はゆったりとしたメロディで、聞くたびに口ずさみたくなるような、心地よい印象を受けます。 アニメーションには、朝ドラの舞台となる北海道をイメージさせる草原や動物が映し出されています。 この歌詞が気になったきっかけは、4月2日放送「なつぞら」第二話のオープニングです。 心地よく主題歌を聞いていると、この日は曲がショートバージョンだったこともあり、 「辿り着いた〜コタン」 というフレーズでオープニングシーンが終了したのです! 普段の日常会話では、なかなか出てこないキーワードなので気になりますよね。 思わず曲をリピートして聞いてみた方も多いのではないでしょうか? ここで気になるのは、 「コタン」とは何を表し、どんな意味なのか? ということです。 私も気になったので、調べてみました。 コタンって何? ・アイヌ語 ・集落や村を表す言葉 リサーチした結果、「コタン」とはアイヌ語で「集落、村」という意味を持つ言葉だそうです! 作品のイメージに合わせて、採用されたワードではないでしょうか? スピッツのファンの間では、 「さすがマサムネさん!」 という感想が多く見受けられます。 スピッツのボーカルを担当し、新曲の「優しいあの子」を作詞作曲した草野マサムネさんのセンスが光る歌詞ですよね! 「なつぞら」を視聴していて、曲の歌詞の意味に興味を持った方々の参考になると幸いです。 カップリング曲として採用されたのは、なんと 「悪役」 というタイトルの曲なんですね! なつぞらの主題歌とは、真逆の曲名に驚いた方も多いのではないでしょうか? 天使と悪魔のような曲名の差に、私もとても驚きました! スピッツのファンだけでなく、朝ドラの視聴を機にスピッツの新曲を知った視聴者からも、カップリング曲の「悪役」に注目が集まっています。 公式発表はこれからということで、ライブで一足先に曲を聞いたファンからの感想を紹介いたします。 実際にライブでいち早く聞いたというファンからの感想では、 「とてもアップテンポな曲」であることがわかりました。 「優しいあの子」は、優しさに包まれるような心暖まる曲であることに対し、 「悪役」は、雰囲気がガラッと変わって対照的な曲なのかもしれませんね! 実際にリリースされたら、私も曲を聞いてまた感想をご紹介したいと思います。 スピッツの新曲 「優しいあの子」と カップリング曲の 「悪役」は、 6月19日(水)に発売予定となっています! ぜひ、この機会に両方の新曲を聞いてみてはいかがでしょうか。 最後までご覧いただきありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味とは?ドラマ『なつぞら』主題歌

コタンスピッツ

重い扉を押し開けたら 暗い道が続いてて めげずに歩いたその先に 知らなかった世界 氷を散らす風すら 味方にもできるんだな 切り取られることのない 丸い大空の色を 優しいあの子にも 教えたい ルルル・・・ 口にする度に泣けるほど 憧れて砕かれて 消えかけた火を 胸に抱き 辿り着いた コタン 芽吹きを待つ仲間が 麓にも生きていたんだなあ 寂しい夜温める古い許しの歌を 優しいあの子にも聴かせたい ルルル・・・ 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味考察 今回の曲は、スピッツらしいほんわかとした曲調と、その中に込められた「深く力強い信念」が印象的です。 スピッツファン歴20年、歌詞考察歴2年の私が、歌詞を考察していきます。 大空の色は誰にも奪うことができません。 綺麗な自然はいつも自分のそばにあるのです。 口にする度に泣けるほど 憧れて砕(くだ)かれて 消えかけた火を 胸に抱き 辿り着いた コタン コタンとはアイヌ語で「集落」という意味です。 険しい道が続いて諦めそうになることは、良くあることです。 諦めてしまった方が楽かもしれませんが、胸に灯った希望の光を抱き続け、進み続けるのです。 そうすれば、必ず夢は叶います。 芽吹きを待つ仲間が 麓(ふもと)にも生きていたんだなあ 寂しい夜温める古い許しの歌を 優しいあの子にも聴かせたい 辛いのはみんな一緒です。 辛いなら協力しあって生きていきましょう! 1人では何もできませんが、協力すればできることも広がります。 衝突を恐れず、励ましあえる仲間たちを探したいです。 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい 感謝の気持ち、反省の気持ちほど言うのをためらうものです。 でもその2つの言葉だけを言うことができれば、大概のことを乗り越えられます。 「ありがとう」と「ごめんね」 何があっても正しく優しい心で歩いていきましょう。 そうすればまた広がるほどの可能性を感じられる時がやってきます! そうですよね! PR なつぞら 朝ドラ「なつぞら」は、宮崎駿さんも慕った先輩、奥原玲子さんをモデルにした作品だと言われています。 これからなつはどのような道を乗り越え、アニメーターになっていくのでしょうか。 私はこのドラマですでに3回泣いてしまいました。 主人公のなつは、戦争孤児です。 なつは両親を亡くし、子どもたちだけで生き抜いてきました。 その後たどり着いたのが、藤木直人さん演じる柴田さんの家です。 兄の咲太郎は、立派な大人になるため、あえてなつと離れる運命を選びました。 様々な想いを胸に、なつは十勝にやってきたのです。 とても強いなつの愛溢れる日々が始まります。 スピッツ草野マサムネさんのコメント スピッツのbおーかる草野マサムネさんのコメントが、に掲載されていました。 草野マサムネ(スピッツ)コメント 記念すべき「朝ドラ」100作目、大好きだった「おしん」や「あまちゃん」のようにインストがいいのでは?とも考えましたが、今回は歌ありです。 ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。 これには理由がありまして、お話を頂いてから何度か十勝を訪ねました。 そこで感じたのは季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。 「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。 広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました! 「優しいあの子」は、北海道で書いたのですね。 実際に北海道・十勝を訪ね、その空気を肌で感じながら、「優しいあの子」は作られたのです。 そう考えると、その空気を味わいながら、聴いてみたいものです。 下記動画に十勝の雄大な自然が、写っていたので掲載させて頂きます。 この歌では、北海道ならではの苦しい寒さが一緒に語られているのです。 寒い寒い冬が長く続く北海道には、その土地にしかない文化があります。 夏になると、ひらけた大地いっぱいに木々や植物が生い茂ります。 その時に心地よさや高揚感は、東京に住んでいる私が味わったことのないほどの快感なのかもしれません。 「なつぞら」の主人公・なつ(東京の戦争孤児)にとって、十勝はまさにオアシスのような場所でした。 なつはそこで、どうして自分には家族がいないのと、わんわん泣きながら本心を叫びます。 なつの子ども時代を演じる粟野咲莉ちゃんは、現場でみんなから「小なつ」と呼ばれていました。 その旅の中で、家族とは何か、そして生きるとはどういうことなのか、学んでいくのではないでしょうか。 草野さんはきっとそういう思いを、この曲に込められたのではないかと思います。 スピッツ「優しいあの子」 スピッツの「優しいあの子」は、6月19日に発売されました。 「優しいあの子」は前作「みなと」、約3年2ヶ月ぶりのシングルだそうです! ファンとしてはやっと出たニューシングルです! 全部を聴ける日が待ち遠しいです。 スピッツ「優しいあの子」ラジオOA解禁 5月20日(月)午前7:30「優しいあの子」ラジオOA解禁されました。 早くもフル歌詞をアップする人が続出! 皆さん、待ちに待った解禁で、思い想いの感想を発信しています。 毎朝朝ドラ見てるから聞いてはいるけど、フルで聞くと改めて良さがわかるし、歌詞を見てると情景が浮かんでくる。 曲を聞いてて、スピッツファンでよかったと改めて思った。

次の