岡田 奈々 イケメン。 岡田奈々(AKB)が“意外なカップ”の水着姿(画像)を週プレで披露丨実家はお金持ち?

岡田奈々がイケメンと呼ばれる3つの理由。髪型?目?性格?

岡田 奈々 イケメン

こちらはデビューから2018年までの岡田奈々さんの画像をまとめた動画。 今年で60歳と還暦になります。 所属事務所 かつてボンド企画という事務所に所属していました。 大場久美子や本田美奈子なども所属していた当時ではそれなりの規模の事務所です。 岡田奈々も当時はこの事務所で正統派アイドルとして売り出されます。 しかしこの事務所は1992年に倒産してしまいます。 岡田奈々クラスであればその後大手事務所に移籍することもできたはずですが、現在は小林事務所という、ほとんど個人事務所のような所帯の小さい事務所に所属しています。 事務所倒産以降はアイドルというよりは女優としての活動が中心になります。 今はHPすらないような事務所ですが、ドラマには継続的に出演されているので、業界人のみがコンタクトできる状況だと思われます。 ご本人もバリバリ働くよりも、マイペースに好きな作品に出るというスタンスで良しとしているんでしょうね。 堀越学園の同級生 実は彼女は堀越学園という超有名な芸能学校に通っていました。 堀越学園では岩崎ひろみ、池上季実子、森昌子などと同級生でした。 高校卒業後は戸板女子短期大学に進学されますが、女優業が忙しくなり中退されましたので、最終学歴は堀越学園卒業ですね。 それにしても高校生の頃から綺麗です。 あとこの年代の方にしては相当小顔ですね。 近年少し顔のたるみが気になりますが、これは小顔の宿命です。 あの佐々木希も若い頃からアゴがないと揶揄されていました。 ちなみに身長は163cm。 出身は岐阜県です。 元々は地元の高校に通っていましたが、地元でスカウトされ上京することに。 スカウトは歌手関係者だったので、しばらくはアイドル歌手として活動されていました。 正直いって歌唱力は微妙ですが、とにかくルックスが良かったので人気は高かったです。 演技力は素晴らしかったので今は女優として成功されていますね。 結婚歴は?愛人のウワサも 実はこれだけの美人でスタイル抜群にも関わらず結婚歴は一度もありません。 結婚しなかった理由については、 「運命の人に会うと教会の鐘が聞こえるって聞いたんですけど、サッパリ・・」と答えておられました。 沢山のアプローチはあったでしょうから、恐らく一人が好きなんでしょうね。 ちなみに長年独身であることから、所属事務所社長の愛人というウワサもあるようですが、これは全く根拠がありません。 美人やイケメンが長らく独身でいるとよく起きる現象の一つですね。 監禁事件 結婚に影を落としたウワサがもう一つあります。 それは1977年、彼女が18歳の時に起きた監禁事件です。 自宅に暴漢が押し入り刃物を突き付けられて岡田奈々が手のひらを何針も縫ってしまいます。 しかも男が家を出て言ったのは朝方になってからなので、当時のマスコミは「彼女は強姦されたのでは?」と面白おかしく騒ぎ立てました。 更には元ヤクザで作家の阿部譲二が、服役中に「岡田奈々を強姦した」と吹聴している男を半殺しにして刑期が少し伸びたという話もあったほどです。 (阿部譲二が岡田奈々のファンだったことは事実のようです) この事件の犯人は捕まっておらず、真相は闇の中です。 しかし私は岡田奈々が自身で話していた以上のことはなかったと思っています。 なぜならば彼女は翌日に自分で記者会見しているんです。 いくら事務所の指示があったとはいえ、未成年の女性がレイプまがいのことをされて記者会見することはできないはずです。 単純に一人が好きで独身でいるのに、この辺のウワサ話は何か面白い理由を見つけたい大衆の願望かもしれません。 独身の理由を本人が語る 以前インタビューで子供を作っておけばよかったと冗談半分でお答えしていたことがあります。 映画で母役が増えてきたことについて聞かれたときのものです。 20歳のときに「女優宣言」をされて、今日に至るわけですが、最近は、母親役での出演が多いですね。 岡田:年齢的に言ったら、そうなりますよね~。 実は苦手なんですけど(笑)。 もっとも、芝居をするっていうことは、そういうことなんでしょうけど。 子どもが小さいという設定ならまだしも、今回の武田さんくらいだと、どうしたらいいか、困ってしまうこともあるんですよ。 ホントの母親だったら、さぞ鼻高々でしょうね。 岡田:そう考えると、若いうちに一人くらい産んでおけばよかったですね(笑)。 今は結婚とか籍を入れるという形式的なことにこだわらなくても、いいパートナーがいて、一緒に生きていけたらいいかなって。 いいパートナーの条件とは? 岡田:無口な人にひかれるところがあるんですね。 もちろん、何もしゃべらない人、という意味じゃないですよ(笑)。 いつも一歩引いててくれて、あまり会話には入らないんだけど、そっと見守ってくれるような。 まあ、仕事で言えば、職人さんみたいにコツコツやるような人かな。 岡田:そんなことないと思いますよ(笑)。 子どもは好きなんですけど、子どもがいるような日常を送るということが、自分には難しいと思っていたんでしょうね。 岡田:そんな格好いいものじゃないですよ。 仕事は仕事で面白いんですけど、どうしても家庭を持ちたい、と強く思う女性ではなかったんでしょうね。 ~以下略 と独身の理由について、ご自身で結構踏み込んで言及をされていました。 結婚願望はないわけじゃなかったけど人より強くはなかったのかなという感じですね。 ただ言い寄ってきた男性がいなかったというのは、さすがにあり得ないので、所々は謙遜も入っていると思います。 同姓同名のアイドルも意識 岡田奈々さんの情報検索が難しい最大の理由は、AKB系列のアイドルに同姓同名のアイドルがいるからでしょうね。 今グーグル「岡田奈々」を検索するとAKBの岡田奈々が多くインデックスされています。 そしてそのAKB岡田奈々は女優岡田奈々をしっかり認識していました。 AKB岡田奈々、同姓同名の岡田のように「素敵な女性になりたい」 — サンスポコム SANSPOCOM 「両親から同じ名前の女優さんがいるとは聞いていて、知っていました。 私も岡田さんのように素敵な女性になりたい!」 と言ってくれています。 誰に非があるわけでもないですが、有名人の同姓同名はかなり珍しいですね。 往年の岡田奈々ファンは少し困っているかもしれません。 しかも何ということでしょう、「坂の途中で」という新曲もリリースされるそうです。 (新曲は33年ぶり) 新曲に関しては、 「もう歌うことはないだろうと思っていたので、33年ぶりに新曲だなんて冗談かなと。 カラオケでも歌っていなかったので、自分で特訓してやらせていただきました」 とおっしゃっています。 尚自身の歌唱力に関しては、 「歌は好きで、幼い頃から人前でよく歌ってはいましたが、歌手の世界はプロですから次元が違います。 私のデビュー当時、堀越学園の同級生では岩崎宏美さん、森昌子さん。 他にも細川たかしさん、太田裕美さん、本当に歌唱力の高い方がたくさんいらっしゃって」 このように控えめな評価。 半分事実ですが、歌は決して歌唱力だけではないので、新曲に期待ですね。 根強い人気があるからこその新曲発売だと思います。 近年のインタビュー 中村雅俊とのドラマ「俺たちの旅」撮影について 「私は16歳で、中村さんは24歳ぐらいだったかな、大人の男性だったんですけど、普段から楽しい方で、ギターを持って歌ってくださったり。 時間がなくてセリフを覚えるのは辛かったですけど、とにかく現場に行きたくって、楽しかった思い出ばかりですね」 アイドルから女優転身のきっかけは、82年の映画「あゝ野麦峠 新緑篇」 「私は製糸工場の女工さん役だったのですが、山本薩夫監督に厳しくご指導いただいて。 もう、そんなお嬢さんみたいな感じじゃダメだから、立っているだけで繭(まゆ)の匂いがするようにしてきなさいって」 映画が好き! 「映画のように、1つの作品を、みんなでいろいろ意見を言い合って作って行く過程が好きなんでしょうね。 ここにこれが置いてあると邪魔だからどけようとか、そういう1つ1つのことにこだわって作ることが、何か楽しいんですよね」 芸能界にしがみつくわけでもなく、必要とされているから居場所があるという素敵な女優さんですね。 まだまだこれからもコンスタントに映画やドラマに出演してくれそうです。 今後とも応援しています。

次の

岡田奈々、すっぴん初公開「イケメン女子!」と反響 ナイトルーティン披露

岡田 奈々 イケメン

人物・来歴 [ ] (昭和34年)、岐阜県岐阜市鏡島に生まれる。 生家は(1955年岐阜市に編入)で、代々業(など)を営んでいた旧家であった。 、岐阜市の高校1年在学時に、岐阜市の繁華街・を歩いていた時にレコード店にキャンペーンで来ていたある歌手のスタッフにスカウトされたのがデビューのきっかけ。 同年、オーディション番組『』の第2回チャンピオンとなり、翌5月10日、16歳でシングル『』がより発売され歌手としてデビューした。 は父がであることから 、の優しく可憐なイメージから所属事務所社長が。 以来の初代CMガール(1975年 - )や、『』での演ずる中谷隆夫の妹・中谷真弓役、1976年のシングル『青春の坂道』のヒットなど 、清純・正統派として活躍。 3月、を卒業、同年4月、に進学した。 同年未明、自宅に窓から暴漢が押し入る事件が起きた。 犯人は岡田を果物ナイフで切りつけ、右手親指の付け根と左手の掌に30針の重傷を負わせるなどし、早朝7時には犯人は玄関から出て行ったという。 所属事務所は記者会見を開き、岡田は両手を包帯につつまれつつ事件の顛末を説明した。 当時、岡田はテレビドラマ『』にレギュラー出演中でもあったが、事件の2日後には仕事を開始したという。 この折の犯人は以降も逮捕されぬまま 、がした。 20歳となったからは女優業に本格転向し、はした。 その後は、『』(1979年)や『』(1983年)といった全盛期のや、『』(1984年10月 - 1985年4月)などので活躍した。 作家のは岡田の熱烈なファンで、自身原作の映画作品に出演依頼をしてこれを実現させたのが、1987年の『塀の中のプレイ・ボール』であった。 10代のころに監督の最後の作品『』(1979年)に出演した縁で、石井の劇場用映画への復帰作『』(1993年)、続けて『』(1995年)に出演、ヒロインを演じた。 石井は「彼女のような顔が、好み」だという。 プライベートは独身だが、映画『』(1998年)やテレビドラマ『』(2001年)では主人公の母親役を演じている。 近年では清純派を脱皮する演技力を見せている。 音楽 [ ]• に所属していたが、同社を吸収したから全てのシングル・アルバム音源がCD化されている。 Fibby N-27 B面 オー・ビューティフル・ラヴ 13 1978年 9月21日 A面 湘南海岸通り たかたかし 馬飼野康二 N-33 B面 フラッシュ・バック 14 3月21日 A面 賭け 佐藤健 N-39 B面 バク 1980年代 15 10月21日 A面 静舞 三浦徳子 佐藤健 7A-0024 B面 不意打ち 16 2月5日 A面 イッツ・フォー・ユー T07S-1076 B面 長い夜 渡辺博也 アルバム [ ] オリジナル・アルバム [ ]• SIDE A• アレンジャー 作詞:三浦徳子/作曲・編曲:萩田光雄• 湘南海岸通り 作詞:たかたかし/作曲:馬飼野康二/編曲:• 不時着 作詞:三浦徳子/作曲:萩田光雄/編曲:• そよ風の微笑み 作詞:たかたかし/作曲:馬飼野康二/編曲:John Fibby• だめですか 作詞:たかたかし/作曲:馬飼野康二/編曲:John Fibby• SIDE B• Sunriseフィーリング 作詞:/作曲・編曲:和泉常寛• 不意打ち 作詞:三浦徳子/作曲・編曲:佐藤健• 雨のウィークエンド 作詞:小林和子/作曲・編曲:和泉常寛• フラッシュ・バック 作詞:三浦徳子/作曲:和泉常寛/編曲:戸塚修• ファッション・ストリート・246 作詞:小林和子/作曲:/編曲: ベスト・アルバム [ ]• 岡田奈々 オリジナル・ベスト・コレクション(11月)• 岡田奈々 ベスト24(12月) ライブ・アルバム [ ]• セブンティーン! 岡田奈々バースデイコンサート(5月10日) CD [ ]• 岡田奈々 スーパーベスト (1986年11月5日発売、廃盤)• 岡田奈々 (1989年8月21日発売、廃盤)• お元気ですか? 岡田奈々with Love (1990年11月21日発売、廃盤)• 憧憬 (1990年11月21日発売、廃盤)• MYこれ! クション 岡田奈々 BEST (2001年10月17日発売)• ぼくらのベスト アルバム復刻シリーズ 岡田奈々1 (2004年4月21日発売) 『奈々のひとりごと』『憧憬 あこがれ 』『セブンティーン! 岡田奈々バースディコンサート』『握手しようよ』• アレンジャー』• 「岡田奈々」SINGLESコンプリート (2007年7月18日発売)• ザ・プレミアムベスト 岡田奈々(2012年11月21日)• Myこれ! (、1979年10月6日) - マリア 役• (・東宝、1979年12月1日) - 都大路高子 役• (、1979年12月5日) - 新井和子 役• (、1981年2月11日) - 金沢由美 役• (東宝映画、1982年) - 河合アイ 役• (東宝映画・、1982年) - 水谷みどり 役• (、1983年) - やす恵 役• (、1983年) - 北沢絹子 役• (角川春樹事務所、1983年) - 浜路 役• (1983年) - ふく 役(回想)• (東映京都撮影所、1985年) - 荒谷道代 役• (、1987年) - 飛び魚ミミ 役• (、1990年) - 打田美津子 役• (、オリジナルビデオグラム、1991年)- たかつかさ純子 役• DANGER POINT 地獄への道 (、オリジナルビデオグラム、1991年)• (、1993年) - ランボーの福子 役• (ケイエスエス、オリジナルビデオグラム、1994年)• (・、1995年) - ナミ 役• (裏ゴト師製作委員会、1996年) - 椎名奈緒美 役• (「少年と星と自転車」製作委員会、2005年5月28日) - 山田美沙子 役• (「遠くでずっとそばにいる」製作委員会、2013年6月15日) - 志村美枝子 役• (下松フィルム・コミッション運営委員会、2014年11月22日) - 吉野咲子 役• (2016年7月2日) - 赤松京子 役 テレビドラマ [ ] 1970年代 [ ]• (1975年、) - デビュー作品、江島周子 役• (1975年 - 1976年、NET) - 第1話・演出• (1975年 - 1976年、・) - 中谷真弓 役• (1975年 - 1976年、NET) - 小野列子 役• 第13話「女子高生・復讐の赤い殺意」(1976年、)• (1976年 - 1977年、・NTV) - 岩崎杏子 役• (1976年、NTV)• 第5部 第15話「秋・ふたりの涙」(1976年)• 「」(1977年、NTV)• (1977年、TBS) - 由美 役• 第29話「歌うナイチンゲール」(1977年、TBS)• 「」(1977年、NTV) - 直美 役• (TBS)• 第2話「スーパーカー殺人事件」(1977年)• 第16話「悲しみの橋が二人をひき裂いた」(1978年)• 第38話「恋人の赤い絆・父と娘の戦争」(1978年)• 金曜劇場「ハッピーですか? 」(1978年、NTV)• (1978年、MBS)• 第12話「逃亡者」(1978年、・)• (1978年 - 1979年、ユニオン映画・NTV) - 大屋薫 役• (1979年、・) - お駒 役• 「春の珍客」(1979年4月、NHK)• (ANB・東映)• 第59話「賭けた命が纏に燃える」(1979年) - おせん 役• 第82話「天女のようなガキ大将」(1979年) - お雪 役• 第3シリーズ 第62話「真夏の刑事」(1979年、TBS)• (1979年、YTV)• (1979年、CX) - 岩倉梨江 役 1980年代 [ ]• (TBS)• 第1207回「やがて春」(1980年1月27日、MBS)• 第1220回「京おんな 祇園ざくら」(1980年4月27日、MBS)• 第1276回「うちの嫁さんちょっと秘密や」(1981年6月7日、MBS)• 第1402回「夢の鳥」(1983年11月13日、CBC)• 第1622回「天使を乗せたタクシー」(1988年2月7日、HBC)• 第19話「唄を忘れた箱入娘」(1980年3月13日、テレビ朝日)• 第178話「アバタもエクボ」(1980年3月16日、日本テレビ・東映) - お京 役• (読売テレビ)• 「花も嵐も踏み越えて 西条八十の愛と歌」(1980年6月12日)• 「母の大罪」(1984年2月9日)• (テレビ朝日)• 「悪魔の花嫁 呪われた百物語」(1980年7月26日)• 「」(1980年11月1日)• 「二重誘拐 花嫁の身代金(1981年5月9日)• 「」(1981年5月16日・東映) - 保母・森田絹子 役• 「白い乳房の美女 江戸川乱歩の地獄の道化師」(1981年10月3日) - 野上愛子 役• 疑惑のクランケ」(1989年9月9日)• 土曜ナナハン・学園危機一髪「UFO・翔んだ! 」(1980年9月20日、CX)• ある日突然?! スパゲティ・ママの青春白書(1980年12月4日、テレビ朝日)• (1981年1月3日、) - 役• (1981年、フジテレビ) - 友里(保健教諭)役• (フジテレビ)• 「」(1981年 - 1982年) - お縫 役• 「」(1982年2月12日) - お光、寿美 役• 「御金蔵破り〜佐渡の金山を狙え!! 「怪猫有馬御殿 妖しく光る猫の眼!! 血も凍る女の館 恐怖の夜!! 」(1983年8月12日) - 美和 役• 「どくろ銭」(1884年3月8日) - お小夜 役• 第1話「鬼の心」(1981年)• オレ達全員奈津子の子(1982年、日本テレビ)• (TBS)• 「夜の誘惑者 避暑地の恐怖・金髪美女を狙う吸血の牙」(1982年8月14日)• 「仮面の誘惑 女流評論家に巣喰った肉体の悪魔」(1983年5月21日)• 「山之内家の惨劇」(1983年6月11日)• 「フルムーン殺人旅行」(1983年10月1日)• 「開き過ぎた扉 近親相姦の悲劇 結婚直前の二人を襲った嵐」(1983年10月22日)• 「」(1984年2月11日)• 擬装結婚(1983年、MBS) - 正美• 「愛の讃歌 越路吹雪の青春」(1983年5月11日・18日、TBS)• 「悲しみの交通刑務所 死んでもあなたを許さない」(1983年6月20日、テレビ朝日)• 「春風亭柳昇の与太郎戦記 ああ出征の巻」(1983年12月11日、関西テレビ) - 師匠のひとり娘 役• 第1シリーズ 第11話「風流浮世絵崩し」(1983年12月27日、日本テレビ)• 「」(1984年、) - 楊栄麗 役• (1984年、TBS・) - 葉山恭子 役• (1984年4月 - 9月、CBC)• (1984年 - 1985年、TBS・大映テレビ) - 滝沢節子 役• (1984年、・TBS)• 第5話「初恋が呼んだ大怒り」(1984年5月1日、関西テレビ・松竹)• 日曜9時は遊び座です(1984年10月 - 1985年3月、日本テレビ)• (1985年、TBS・大映テレビ) - 辻優子役• (1985年、TBS・大映テレビ) - 千葉かおる 役• 「花嫁の父 狙われた披露宴、ウェディングドレスを刃が襲う! 」(1985年12月12日、フジテレビ)• (1985年、日本テレビ) - 中谷真弓 役• 「喪服の妻たち」(1986年1月14日、日本テレビ)• (1986年、フジテレビ・大映テレビ) - ユリ麻見 役• 新鋭ドラマシリーズ「花嫁の告白 そして-ひとりだけ残った」(1986年8月3日、TBS)• (1986年、TBS) - 佐保姫(信玄次女・穴山信君正室)役• (1987年、テレビ朝日) - 淳子 役• ドラマ・女の手記「近所いじめの恐怖!! 嫁は泣き姑は家出」(1987年3月23日、テレビ東京)• 野風の笛 鬼の剣 松平忠輝天下を斬る! (1987年7月1日、日本テレビ)• Wパパにオマケの子!? (1987年3月25日、日本テレビ)• 「」(1988年1月3日、テレビ東京) - 里和(佐登)役• (1988年、テレビ朝日) - 和泉彩夏(巡査部長)役• 「艶歌・旅の終りに」(1988年2月26日、フジテレビ)• (1988年、フジテレビ・大映テレビ) - 警視総監の娘 役• 土曜ドラマスペシャル「一発逆転夫婦」(1988年7月22日、TBS)• (テレビ東京)• 「事件の女たち 信玄伝説殺人事件」(1988年7月25日) - 圭子 役• 「人気推理作家トラベルシリーズ 故郷に消えた妻 瀬戸内殺人旅行」(1989年1月16日)• 「傑作推理受賞作シリーズ 来訪者」(1989年6月26日)• シリーズ街-早稲田・面影橋「面影橋・夢いちりん」(1988年11月24日、テレビ朝日)• ドラマスペシャル「年末年始ホテル物語」(1988年12月30日、TBS)• 土曜ドラマ「翔べ ひよっ子」(1989年2月 - 3月、NHK)• (TBS)• 「私をゴルフに連れてって」(1989年7月10日 - 13日) - 紀子 役• 「結婚狂時代」(1989年9月18日 - 21日)• 「消された航跡」(1989年10月9日、TBS)• 京都サスペンス「折れた鉛筆 お父さん、誰かいい人が? 」(1989年12月18日、関西テレビ) 1990年代 [ ]• 第1部(1990年1月5日、テレビ東京)• ビートたけしの痛快時代劇「なめくじ長屋捕物さわぎ 花のお江戸のどまん中 変な先生と軍団が現れた! (テレビ東京)• 「寝台特急「あけぼの1号」の女」(1990年1月8日) - ・美代 役• 「列島縦断事件シリーズ 軽井沢の霧の中で アリスの館殺人事件」(1990年6月18日)• 「」(1990年12月10日) - 主演• 「ある決闘 疑惑の軽井沢」(1991年1月28日)• 「春の海鳴り 復讐姉妹」(1991年4月15日)• 「西新宿無理心中」(1991年10月21日)• 「沖縄・殺意の果て」(1992年5月4日)• 「漆が燃えた」(1992年10月19日) - OL 役• (TBS)• 「高田純次の無責任社員物語」(1990年1月27日)• 「高田純次の無責任社員物語2」(1990年7月7日)• 「俺たち純情ブラザーズ」(1990年7月28日)• 「下町商店街 結婚狂時代」(1990年11月17日) - OL 役• 「高田純次の無責任社員物語3」(1991年1月5日)• 「生き蟹」(1990年8月30日、フジテレビ) - 松岡ゆかり 役• 柳生武芸帳 痛快時代劇スペシャル(1990年、日本テレビ)• 春の時代劇スペシャル「四匹の用心棒1 地獄砦の決闘! 」(1990年4月5日、テレビ朝日)• 歴史サスペンス「徒然草 殺しの硯 美女が襲う兼好法師殺人絵図」(1990年4月9日、テレビ東京)• ドラマスペシャル「芸能界 秘 マネージャー物語」(1990年4月13日、TBS)• 「ミヤコ蝶々の仮免ドライブ捕物旅行 それゆけ自動車教習所」(1990年5月7日、TBS)• (1990年 - 1991年、TBS・大映テレビ) - 滝沢節子 役• 「死のハネムーン 東京発18時50分「出雲1号」のダブルトリック 花嫁は初夜に殺される…」(1990年11月27日、テレビ朝日)• おらんだ左近秘剣帳(1991年、テレビ東京)• 「花を下さい」(1991年10月 - 12月、TBS)• (フジテレビ)• 「」(1992年2月 - 4月)• 「霧の向こう側」(1993年10月 - 11月)• 第7回「死者からのプロポーズ」(1992年6月8日、テレビ朝日)• (1993年、TBS) - 西野多絵子 役• (1994年、TBS) - 城田めぐみ 役• 秋の時代劇SP「女たちの名古屋城 ああ、子が欲しい! 尾張徳川家世継ぎをめぐり激しく生き激しく愛した女たち!! 」(1994年11月15日、テレビ愛知)• 日本一短い「母」への手紙1「親孝行」(1995年4月6日、日本テレビ)• (1995年9月1日) - 中谷真弓 役 2000年代 [ ]• 「遠い夏」(2000年) - 萩原佳代子 役• (2000年、フジテレビ) - 淵上美沙子 役• (ウェブドラマ、2001年)• (2001年、TBS) - 入江百合江 役• 第8話「同級生」(2002年、フジテレビ) - 古川美江子 役• (2003年、NHK) - 戸川美咲 役• (2003年12月16日、日本テレビ)• (2006年、中部電力のWEBドラマ)• (2006年9月26日、TBS)• (2009年1月9日、NHK)• 「」(2009年8月24日、TBS) - 南部敦子 役 2010年代 [ ]• 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜2」(2010年8月23日、TBS) - 南部敦子 役• 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜3」(2011年5月16日、TBS) - 南部敦子 役• (2011年10月 - 12月、BS朝日) - 平井節子 役• 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜4」(2011年11月7日、TBS) - 南部敦子 役• 月曜ゴールデン「」(2011年11月28日、TBS) - 南原実加 役• 第4話 - 第6話(2012年5月9日 - 5月23日、毎日放送) - 楠野喜美 役• 「警視庁南平班〜七人の刑事〜5」(2012年7月2日、TBS) - 南部敦子 役• 第4話(2012年11月11日、) - 土屋芳子 役• 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜6」(2013年4月8日、TBS) - 南部敦子 役• スペシャル(2013年9月23日、BS朝日) - 平井節子 役• 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜7」(2014年6月2日、TBS) - 南部敦子 役• 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜8」(2015年8月3日、TBS) - 南部敦子 役• (2016年、フジテレビ) - 三浦和美(園長先生) 役• 月曜名作劇場「警視庁南平班〜七人の刑事〜9」(2016年7月11日、TBS) - 南部敦子 役• 月曜名作劇場「警視庁南平班〜七人の刑事〜10」(2017年5月15日、TBS) - 南部敦子 役• 月曜名作劇場「警視庁南平班〜七人の刑事〜11」(2018年10月29日、TBS) - 南部敦子 役 女優以外の出演 [ ] 情報・バラエティ番組 [ ]• (1977年 - 1979年、)- とともに司会• (朝日放送) - 女性軍レギュラー• (1984年10月 - 1985年3月、日本テレビ) - レギュラー• 「アーモンドチョコレート」「ポッキー」他(1975年 - 1980年)• 「シャンプー」(1975年)• 「フジカラー」(1975年)• パイロット万年筆 1975年• 「コンパルDX」(1976年)• (1976年 - 1980年・1983年)• 「フルーチェ」他(1977年 - 1980年)• 「」(1980年)• 「釜飯」(1994年)• 「バスロマン ナチュラルスキンケア」(2000年)• 「和風かけて焼肉」 - と共演• 「ミネターていれ」• 「みらいサポート 悠々時代」(2011年) - と共演 イメージビデオ [ ]• 岡田奈々 PARTY FOR ONE (、1989年5月) (VHSセル、書籍扱い)• 岡田奈々 炎の伝説 (大陸書房、1989年12月) (VHSセル、書籍扱い) 書籍 [ ]• 『奈々の想い』、1976年• 『奈々の秘密』、、1976年• 『岡田奈々17歳 奈々のひとりごと』、、1976年• 『岡田奈々写真集』、、1981年• 4』、撮影、、1983年1月、• 『岡田奈々写真集 二度目の初恋』、、2017年 受賞歴 [ ]• 新人賞(1976年) - 映画『青春の構図』• 第2回新人グランプリシルバー賞(1976年) 脚注 [ ]• : p. 1975年6月2日• THE PAGE 2019年3月7日. 2019年3月8日閲覧。 週刊 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編• 『』(1989年2月28日放送)出演時の本人コメントが、「美女図鑑」2005年12月6日掲載の記事に引用されている。 ・『石井輝男 映画魂』(、1991年12月 )の記述を参照。 2004年にCD化。 - 2019年2月18日 関連項目 [ ]• 千歳空港駅(現・) - 1980年10月1日に開業、一日駅長を務めた。 - 本項目の岡田と芸能活動の名義が同じだが、AKB48の岡田は本名である。 外部リンク [ ]•

次の

AKB岡田奈々、オフショル白ドレス姿で儚げな表情浮かべ…「艶っぽい」「天使でイケメン」

岡田 奈々 イケメン

岡田奈々がすっぴんを初公開。 ファンからは「かっこいい!」「イケメン女子」と絶賛の声が寄せられている。 3日に投稿したYouTube「ゆうなぁもぎおんチャンネル」の最新動画で披露した。 今回の動画は、「だいたいこういう感じに生きてます」という岡田奈々の仕事終わりのナイトルーティンを紹介。 カメラは村山彩希が担当した。 手洗いから始まるそのルーティンは、洗濯、お風呂と続く。 このなかでお風呂上がりのすっぴんを「初公開」。 ほぼ変わらずの容姿に動画を見た視聴者からは「かっこよすぎ」「あふれ出す彼氏感も素晴らしい」「イケメン女子」と絶賛の声が寄せられている。 その後もパックやヘアケアなどをしていく岡田。 途中、お風呂上りと見られる村山が髪を乾かす場面も。 二人で歯磨きしたり、ストレッチしたりと仲の良さは変わらずだ。 就寝前の様子も明かすなど、普段は見られないアイドルのルーティンが記録された貴重な映像に視聴者からは反響を声が挙がっている。 外部サイト.

次の