千田麻未 霊視。 実在事件ファイル

室蘭女子高生失踪事件の真相・千田麻未の今現在!パン屋オーナが犯人説や不可解な点まとめ

千田麻未 霊視

未解決の失踪事件では最も注目度が高い事件 「室蘭女子高生失踪事件」は2001年3月6日未明に発生した、北海道室蘭市に住む当時16歳の女子高校生・千田麻未さんが突如行方不明になった神隠し的な事件です。 千田麻未さんは当時パン屋でアルバイトをしていましたが、学校が入学試験で休みの日に、パン屋の本店にてオーナーからコーヒーの淹れ方を教わる予定でした。 しかし、バスに乗った千田麻未さんはパン屋の本店がある停留所「東通」では降りず、その3つ先の「東町2丁目」で下車して、オーナーと会う時刻の13時過ぎを回っているにも関わらず、スーパー「室蘭サティ」の化粧品売り場にいたところを監視カメラに映っていました。 その後、彼氏からの電話があるも「今は話せないから、あとで電話するね」と電話を切った切り、千田麻未さんは行方不明になってしまいました。 両親が警察に捜索願いを出し、神隠しのように姿を消した千田麻未さんの捜査が始まりましたが、まず疑いの目が向けられたのは会う約束をしていたパン屋のオーナーでした。 しかし、オーナーは千田麻未さんが来ないため探しに出たが、体調が悪くなったため自宅で寝ていたというアリバイを話し、警察が徹底的に調べても事件に繋がる証拠は挙がらなかったため暗礁に乗り上げてしまい現在に至っています。 現在までに、千田麻未さんは北朝鮮に拉致されたという説や、友人との怨恨説などさまざまな憶測が飛び交っていましたが、その消息に繋がる新しい情報は出ておらず2019年現在も消息は不明になっています。 千田麻未さん、事件当日の足取り 生年月日: 当時16歳 身長: 153cmぐらい 体型: やせ型 頭髪: 黒髪のストレート 服装: ベージュ色のブレザー、紺色のジーンズ、バーバリー製チェックのマフラー、緑色の革靴 住所: 北海道室蘭市白鳥台1丁目 千田麻未さんは北海道でも有数、室蘭市内だと一番の進学校だと言われる北海道立室蘭栄高校に通っており、勉強熱心なことから 成績は優秀で常にトップクラスだったと言われています。 また、千田麻未さんは人目を引く美人だったことから校内にはファンクラブがあり、 校内のマドンナ的存在だったと言われています。 性格は真面目で、事件によりパン屋のオーナーとの約束をすっぽかしたという情報には、同級生らが「律儀な千田麻未さんがそんなことするはずがない」と否定的でした。 自宅は北海道室蘭市白鳥台1丁目にあり、両親と弟の4人暮らしで、近所の大型スーパーに入っていたパン屋でアルバイトをしていました。 行方不明になった日の千田麻未さんの服装は、ベージュ色のブレザー、紺色のジーンズ、バーバリー製チェックのマフラー、緑色の革靴とどこにでもいるような女子高生のファッションでした。 千田麻未さんはパン屋本店のある停留所「東通」を通過して、3つ先の停留所「東町2丁目」で下車しましたが、この時すでにオーナーと会う約束の午後1時を過ぎていました。 そして、同バス停で降りた千田麻未さんを同級生の男子2人が見かけており、道路越しに挨拶を交わしたと証言しています。 千田麻未さんはそれからスーパー「室蘭サティ」に立ち寄って化粧品売り場で15分ほど過ごしており、その様子は店の防犯カメラに収められており、これが最後の目撃情報となりました。 この頃、 約束の時間を過ぎても店に来なかった千田麻未さんを心配したオーナーは、外へ探しに出たと証言していますが、なぜ電話をかけなかったのかという疑問が持たれています。 PHSのアンテナ中継地点から千田麻未さんがパン屋本店がある「東通」に戻ってきたことが分かっており、オーナーと会う約束を果たすためだと考えられます。 そして、午後1時46分に再び彼氏から電話がかかってきた際に、千田麻未さんが 「いま話せないから、あとでかけ返す」と伝えたことから、千田麻未さんはパン屋本店での用事があるためだと思われます。 この後に千田麻未さんの消息が絶たれたことから、千田麻未さんは パン屋本店に到着してから何らかの事件に巻き込まれてしまった可能性が濃厚だと考えられています。 「室蘭女子高生失踪事件」パン屋店長の不可解なアリバイと根強い犯人説 パン屋店長の事件当日のアリバイ パン屋本店オーナーの不可解なアリバイ 警察の聞き込み調査に対して、パン屋本店のオーナーは「千田麻未さんが来ないため午後1時30分まで待ったが、それでも来ないため心配になり外に出た」と語り、さらに 「その後体調が悪くなったため自宅で寝ていた」と証言しました。 なお、他にも 「千田麻未さんとは会っておらず母親と一緒にいた」というアリバイを主張したという情報もあります。 警察はパン屋本店のオーナーが犯人で間違いないと判断し、3日間に渡って取り調べをし、家宅捜査や車を押収して徹底的に調べましたが、千田麻未さんの髪の毛1本見つからず、証拠となるような物は一切見つかりませんでした。 それでも警察はオーナーが怪しいと踏んでいたため、しばらくの間は24時間体制で張り込みを続け、徹底的に監視を続けていました。 ここまで警察が疑ったということは、オーナーが犯人で間違いない何かしらの嗅覚が働いたのでしょう。 パン屋が閉店しても店長は疑われ続けた 学校の同級生もパン屋本店のオーナーが怪しいと思っていた パン屋本店の裏口を見渡せる場所に警察車両が24時間体制で張り込んでおり、オーナーは気になって仕方が無かったのか30分おきに裏口に顔を出しているのが確認されています。 後ろめたいことが無ければたとえ警察が張っていても警戒することは無いと思いますが、度々警察の存在を気にしていたということはオーナーは、もしかしたら千田麻未さんのことがバレるのを恐れていたのかもしれません。 このパン屋オーナーは 地元では変人として知られていたようで、犯人だと疑われていたことから客足は遠のいており、その後ほどなくして閉店に追い込まれていました。 また、千田麻未さんの同級生の間でもかねてからパン屋のオーナーが変人であることを話しており、「絶対にあのオーナーが犯人」と話し合っていたそうです。 パン屋店長は千田麻末さんを狙っていた? 千田麻未さんが来ないことを心配して探しに外に出たと証言したオーナーですが、電話をかけてしまうと最後に電話をしたのが自分だと記録が残ってしまい疑われると考えたのかもしれません。 また、 コーヒー講習は無かったという従業員の証言もあるようで、千田麻未さんはかねてからストーカー被害に悩んでいたことを支店長やオーナーに相談していたという話から、コーヒー講習ではなくオーナーに相談のために訪れていたのかもしれません。 そして、オーナーは千田麻未さんと2人きりになった瞬間を狙っていたのかもしれません。 私の親戚が室蘭栄高校のOBとOGなんだけど、室蘭女子高生失踪事件が発生して直ぐに、パン屋のオーナーが犯人なんじゃないかとみんな噂していたらしい。 つまり、あのパン屋のオーナーは普段から気持ち悪いと思われていたんだな。 しかも、警察の覆面パトカーがパン屋の前で張り込んでいたそうな。 — 平松真次 hirasindao パン屋は監禁しやすい立場だった? パン屋の入っているビルはオーナー所有だった この「室蘭女子高生失踪事件」がミステリアスな雰囲気を持つのは、マスコミが「繁華街で起きた失踪事件」と大々的に報じていたためですが、実際にはパン屋の入っているビルの前を登別方向に横切り、左折すると人通りが比較的少ない道に入ります。 当時、パン屋の向かい側のビルでは大規模な改修工事を行っており、資材を乗せた中型トラックが頻繁に出入りしていたと目撃証言があります。 そのため現場は慌ただしい様子もあったと思われ、こうした背景からパン屋への宅配便や食材配達のアルミ車が怪しいという説もあります。 また、 パン屋の入っているビルはオーナーが所有していたそうで、ビル内の空き室を居住スペースとして使っていたようで、監禁後に殺害したという見方もあります。 しかし、警察がそれを見逃すとも思えませんので、あくまでネット上の噂に過ぎないでしょう。 室蘭女子高生失踪事件で疑惑をもたれたパン屋のオーナーだけど、濡れ衣なら気の毒なことである。 件のパン屋は一階で、その上はアパートだった(そのアパートのオーナーでもあった)。 そして空き部屋があった。 テナントとして貸し出せば家賃収入が見込めるところ、わざわざ費用をかけてまで取り壊したというところに警察は疑いを持ち 、更地になった土地に重機を入れて基礎部分から掘り返しました。 警察は千田麻未さんの遺体が埋まっていると踏んでいましたが、それでも一切手がかりになるような証拠すら見つかりませんでした。 「パン屋のオーナーは店を閉めて、他の土地に移っていったのですが、その際に住んでいた家を取り壊したんです。 警察は、更地になった土地にわざわざ重機を入れて、基礎からすべて掘り起こしているんです。 彼女の遺体が埋まっているのではと疑っていたんです。 警察からしてみれば、パン屋のオーナーが犯人に間違いないということだったんでしょう。 しかし、千田さんに関連するものは何も出てきませんでした」 引用: パン屋のオーナーは本当に犯人ではなくただの変人だったのか、はたまた千田麻未さんの遺体は他の場所に運んで埋めたのかはわかりませんが、今後も事件が解明されることは絶望的でしょう。 【事件に関する有力情報はこちら】.

次の

日本で起きた神隠し事件17 【真相】と【考えられる原因】

千田麻未 霊視

未解決の失踪事件では最も注目度が高い事件 「室蘭女子高生失踪事件」は2001年3月6日未明に発生した、北海道室蘭市に住む当時16歳の女子高校生・千田麻未さんが突如行方不明になった神隠し的な事件です。 千田麻未さんは当時パン屋でアルバイトをしていましたが、学校が入学試験で休みの日に、パン屋の本店にてオーナーからコーヒーの淹れ方を教わる予定でした。 しかし、バスに乗った千田麻未さんはパン屋の本店がある停留所「東通」では降りず、その3つ先の「東町2丁目」で下車して、オーナーと会う時刻の13時過ぎを回っているにも関わらず、スーパー「室蘭サティ」の化粧品売り場にいたところを監視カメラに映っていました。 その後、彼氏からの電話があるも「今は話せないから、あとで電話するね」と電話を切った切り、千田麻未さんは行方不明になってしまいました。 両親が警察に捜索願いを出し、神隠しのように姿を消した千田麻未さんの捜査が始まりましたが、まず疑いの目が向けられたのは会う約束をしていたパン屋のオーナーでした。 しかし、オーナーは千田麻未さんが来ないため探しに出たが、体調が悪くなったため自宅で寝ていたというアリバイを話し、警察が徹底的に調べても事件に繋がる証拠は挙がらなかったため暗礁に乗り上げてしまい現在に至っています。 現在までに、千田麻未さんは北朝鮮に拉致されたという説や、友人との怨恨説などさまざまな憶測が飛び交っていましたが、その消息に繋がる新しい情報は出ておらず2019年現在も消息は不明になっています。 千田麻未さん、事件当日の足取り 生年月日: 当時16歳 身長: 153cmぐらい 体型: やせ型 頭髪: 黒髪のストレート 服装: ベージュ色のブレザー、紺色のジーンズ、バーバリー製チェックのマフラー、緑色の革靴 住所: 北海道室蘭市白鳥台1丁目 千田麻未さんは北海道でも有数、室蘭市内だと一番の進学校だと言われる北海道立室蘭栄高校に通っており、勉強熱心なことから 成績は優秀で常にトップクラスだったと言われています。 また、千田麻未さんは人目を引く美人だったことから校内にはファンクラブがあり、 校内のマドンナ的存在だったと言われています。 性格は真面目で、事件によりパン屋のオーナーとの約束をすっぽかしたという情報には、同級生らが「律儀な千田麻未さんがそんなことするはずがない」と否定的でした。 自宅は北海道室蘭市白鳥台1丁目にあり、両親と弟の4人暮らしで、近所の大型スーパーに入っていたパン屋でアルバイトをしていました。 行方不明になった日の千田麻未さんの服装は、ベージュ色のブレザー、紺色のジーンズ、バーバリー製チェックのマフラー、緑色の革靴とどこにでもいるような女子高生のファッションでした。 千田麻未さんはパン屋本店のある停留所「東通」を通過して、3つ先の停留所「東町2丁目」で下車しましたが、この時すでにオーナーと会う約束の午後1時を過ぎていました。 そして、同バス停で降りた千田麻未さんを同級生の男子2人が見かけており、道路越しに挨拶を交わしたと証言しています。 千田麻未さんはそれからスーパー「室蘭サティ」に立ち寄って化粧品売り場で15分ほど過ごしており、その様子は店の防犯カメラに収められており、これが最後の目撃情報となりました。 この頃、 約束の時間を過ぎても店に来なかった千田麻未さんを心配したオーナーは、外へ探しに出たと証言していますが、なぜ電話をかけなかったのかという疑問が持たれています。 PHSのアンテナ中継地点から千田麻未さんがパン屋本店がある「東通」に戻ってきたことが分かっており、オーナーと会う約束を果たすためだと考えられます。 そして、午後1時46分に再び彼氏から電話がかかってきた際に、千田麻未さんが 「いま話せないから、あとでかけ返す」と伝えたことから、千田麻未さんはパン屋本店での用事があるためだと思われます。 この後に千田麻未さんの消息が絶たれたことから、千田麻未さんは パン屋本店に到着してから何らかの事件に巻き込まれてしまった可能性が濃厚だと考えられています。 「室蘭女子高生失踪事件」パン屋店長の不可解なアリバイと根強い犯人説 パン屋店長の事件当日のアリバイ パン屋本店オーナーの不可解なアリバイ 警察の聞き込み調査に対して、パン屋本店のオーナーは「千田麻未さんが来ないため午後1時30分まで待ったが、それでも来ないため心配になり外に出た」と語り、さらに 「その後体調が悪くなったため自宅で寝ていた」と証言しました。 なお、他にも 「千田麻未さんとは会っておらず母親と一緒にいた」というアリバイを主張したという情報もあります。 警察はパン屋本店のオーナーが犯人で間違いないと判断し、3日間に渡って取り調べをし、家宅捜査や車を押収して徹底的に調べましたが、千田麻未さんの髪の毛1本見つからず、証拠となるような物は一切見つかりませんでした。 それでも警察はオーナーが怪しいと踏んでいたため、しばらくの間は24時間体制で張り込みを続け、徹底的に監視を続けていました。 ここまで警察が疑ったということは、オーナーが犯人で間違いない何かしらの嗅覚が働いたのでしょう。 パン屋が閉店しても店長は疑われ続けた 学校の同級生もパン屋本店のオーナーが怪しいと思っていた パン屋本店の裏口を見渡せる場所に警察車両が24時間体制で張り込んでおり、オーナーは気になって仕方が無かったのか30分おきに裏口に顔を出しているのが確認されています。 後ろめたいことが無ければたとえ警察が張っていても警戒することは無いと思いますが、度々警察の存在を気にしていたということはオーナーは、もしかしたら千田麻未さんのことがバレるのを恐れていたのかもしれません。 このパン屋オーナーは 地元では変人として知られていたようで、犯人だと疑われていたことから客足は遠のいており、その後ほどなくして閉店に追い込まれていました。 また、千田麻未さんの同級生の間でもかねてからパン屋のオーナーが変人であることを話しており、「絶対にあのオーナーが犯人」と話し合っていたそうです。 パン屋店長は千田麻末さんを狙っていた? 千田麻未さんが来ないことを心配して探しに外に出たと証言したオーナーですが、電話をかけてしまうと最後に電話をしたのが自分だと記録が残ってしまい疑われると考えたのかもしれません。 また、 コーヒー講習は無かったという従業員の証言もあるようで、千田麻未さんはかねてからストーカー被害に悩んでいたことを支店長やオーナーに相談していたという話から、コーヒー講習ではなくオーナーに相談のために訪れていたのかもしれません。 そして、オーナーは千田麻未さんと2人きりになった瞬間を狙っていたのかもしれません。 私の親戚が室蘭栄高校のOBとOGなんだけど、室蘭女子高生失踪事件が発生して直ぐに、パン屋のオーナーが犯人なんじゃないかとみんな噂していたらしい。 つまり、あのパン屋のオーナーは普段から気持ち悪いと思われていたんだな。 しかも、警察の覆面パトカーがパン屋の前で張り込んでいたそうな。 — 平松真次 hirasindao パン屋は監禁しやすい立場だった? パン屋の入っているビルはオーナー所有だった この「室蘭女子高生失踪事件」がミステリアスな雰囲気を持つのは、マスコミが「繁華街で起きた失踪事件」と大々的に報じていたためですが、実際にはパン屋の入っているビルの前を登別方向に横切り、左折すると人通りが比較的少ない道に入ります。 当時、パン屋の向かい側のビルでは大規模な改修工事を行っており、資材を乗せた中型トラックが頻繁に出入りしていたと目撃証言があります。 そのため現場は慌ただしい様子もあったと思われ、こうした背景からパン屋への宅配便や食材配達のアルミ車が怪しいという説もあります。 また、 パン屋の入っているビルはオーナーが所有していたそうで、ビル内の空き室を居住スペースとして使っていたようで、監禁後に殺害したという見方もあります。 しかし、警察がそれを見逃すとも思えませんので、あくまでネット上の噂に過ぎないでしょう。 室蘭女子高生失踪事件で疑惑をもたれたパン屋のオーナーだけど、濡れ衣なら気の毒なことである。 件のパン屋は一階で、その上はアパートだった(そのアパートのオーナーでもあった)。 そして空き部屋があった。 テナントとして貸し出せば家賃収入が見込めるところ、わざわざ費用をかけてまで取り壊したというところに警察は疑いを持ち 、更地になった土地に重機を入れて基礎部分から掘り返しました。 警察は千田麻未さんの遺体が埋まっていると踏んでいましたが、それでも一切手がかりになるような証拠すら見つかりませんでした。 「パン屋のオーナーは店を閉めて、他の土地に移っていったのですが、その際に住んでいた家を取り壊したんです。 警察は、更地になった土地にわざわざ重機を入れて、基礎からすべて掘り起こしているんです。 彼女の遺体が埋まっているのではと疑っていたんです。 警察からしてみれば、パン屋のオーナーが犯人に間違いないということだったんでしょう。 しかし、千田さんに関連するものは何も出てきませんでした」 引用: パン屋のオーナーは本当に犯人ではなくただの変人だったのか、はたまた千田麻未さんの遺体は他の場所に運んで埋めたのかはわかりませんが、今後も事件が解明されることは絶望的でしょう。 【事件に関する有力情報はこちら】.

次の

モデルとして中国での仕事に力を入れるKoki, 学校の欠席が増加

千田麻未 霊視

1991年10月26日、当時中学1年生の女の子が誘拐され現在も見つかっていません。 被害者は、佐久間奈々さん(当時13歳)。 色白でぱっちりした目が特徴の美少女でした。 その日、友達3人が泊まりに来ていて、午前0時頃コンビニに行くことになり、4人で出掛けました。 当時はまだそんなにコンビニの数も多くなく、約4. 3km先のコンビニに自転車で向かいます。 買い物をし、帰る途中で補導員を装った男に呼び止められ、奈々さん以外が帰されました。 帰された3人が、奈々さんの帰りを待ったっていましたが帰って来ず、それぞれの親に連絡し、探し回ったのですが見つける事はできず、午前4時20分頃、警察へ届を出しました。 事件当日の午前1時20分過ぎに犯人と思われる男と歩く奈々さんが、隣接する住宅街で目撃されています。 犯人は? 世田谷の未解決事件といば、2000年に起きた世田谷一家殺人事件です。 年の瀬の12月30日~31日にかけて起きた事件で、世田谷に住む1家4人が殺害されました。 隣家に住む母親が31日の午前10時40分に発見し、事件が発覚します。 当初、犯人の指紋や血痕、足跡が残されていたため直ぐに犯人が特定されると思われていました。 子供の殺害方法や、殺害現場に長時間居た可能性のある事や犯行現場で飲食した形跡があるなど、異常な行動をしたことから注目が集まる事件でした。 2階浴室から侵入し、2階の子供部屋で寝ていた長男の首を絞め殺害、駆け付けた父親を殺害した後、3階で寝ていた母親と長女を殺害しました。 父親と母親、長女の3人は刺殺されました。 犯人の特徴 2001年に起きた、当時高校1年生の女子高校生の千田麻未さんが突然失踪した事件です。 パン屋でバイトをしていた千田さんが、被害当日バイト先に向かうと家を正午過ぎに家を出た後、13時46分に当時交際していた彼との電話を最後に消息不明になりました。 正午過ぎから消息の絶った13時46分までの間、同級生や防犯カメラなどの目撃証言はありますが、バイト先に来ると言っていた13時過ぎには、着くことができないような行動をしていた事など、不可解な事の多い事件です。 この時疑われたのが、アルバイト先のオーナーでした。 オーナーのアリバイは同居していた母親の証言のみだったので認められず、任意での取り調べや車や自宅など捜査しましたが、証拠など一切出てきませんでした。 結局、現在に至るまで真相は分かっていません。 岡山未解決事件 この事件は、2009年に起きた島根女子大生殺害事件と言われる事件です。 被害者の女子大生が、アルバイト先のショッピングセンターを出た後から消息不明になり、その11日後に広島と島根の県境の山中で遺体の一部が発見されました。 この事件は、日本の中でも類のないほどの猟奇的殺人の未解決事件です。 殺害後、遺体をバラバラにし、遺体の部分を山中に遺棄したとい、通常なら直視できないような恐ろしい事件です。 事件発覚後から、7年間犯人の特定ができず未解決事件のままでしたが、2016年に当時の性犯罪の経歴を持った人物を洗いなおした所、容疑者が浮上した。 捜査の結果犯人と特定されました。 ただ、この容疑者は、事件発覚後の2日後、交通事故をお越し死亡していました。 犯人死亡のまま起訴されましたが、事件の真相は闇の中のままです。 黒木昭雄氏とは? ジャーナリストの黒木昭雄さんは、元警察官で1999年に退職し独自で捜査をしていました。 2010年、駐車した車の中で死亡していました。 車中には練炭があり、自殺とされています。 ただ、死亡した前日のtweetや前夜に話した人の話によると自殺するとは考えにくく、死亡した真相は不明のままです。 当時黒木さんは、岩手17歳女性殺害事件を独自で捜査していました。 この事件は、2008年に起きた事件で、河川で発見された17歳の女性の首に絞められた跡があり、他殺とされました。 事件直前に被害者を呼び出したとされる男性が、事件発見の翌日に、知人に崖から飛び降りると連絡した後、消息を絶っています。 ただ、遺体が発見されなかったので、偽装自殺と判断されています。 この事件を不可解に思った黒木さんは、独自に真相を捜査をしていた所、自身も不可解な死を遂げています。 北芝健氏とは? 北芝健さんとは、こちらも元警察官のジャーナリストです。 現在は、犯罪学や国際関係論を講義し、教壇に立っています。 北芝さんが解説した未解決事件に、グリコ森永事件があります。 この事件は、1984年~1985年に起きた脅迫事件です。 江崎グリコの社長が誘拐され、身代金を要求されたのが事件の発端です。 その後、グリコ本社や、森永製菓、ハウス食品など次々に脅迫。 身代金を要求はするが、受け渡し場所に犯人は現れず、その後。 犯人を名乗るかい人21面相終息宣言をし、犯人が捕まる事のなかった未解決事件です。 北芝さんは、全てグリコの長年恨みを抱いていた人の犯行と分析しています。 ただ、30年以上経った今も真相が分からない未解決事件のままです。 世界の未解決事件の真相とその後 世界にも未解決事件は多数起こっています。 古くは、切り裂きジャックと呼ばれた売春婦ばかりを殺害するという有名な事件があります。 イタリアのフィレンツェで起きた、カップルばかりが狙われ、殺害後に遺体の一部も持ち帰るという猟奇的な、カップル殺人事件と言う事件もあります。 どの事件も真相は解明されていません。 アメリカの大統領ジョン・F・ケネディが殺害された、ケネディ大統領暗殺事件も未解決事件です。 1963年11月22日、ダラス市内をパレード中に射殺されました。 結局、撃たれた場所を考えると本当にオズワルドの単独犯なのか、暗殺の動機は何か、謎が残ったままに捜査が終了しました。 この事件は、現在も真相を解明すべくメディアでも多く取り上げられています。 カテゴリ別未解決事件の真相 未解決事件と聞くと、殺人事件を想像しがちですが、被害者とされる方が突然失踪するという未解決事件も多くあります。 突然、姿を消すので真相は不明のままです。 2011年に起きた、大分日出町2歳児行方不明事件の前日に起きた大分県日出主婦失踪事件。 35歳の主婦が忽然と姿を消した事件です。 真相は全く分からず、現在に至るまで、35歳主婦と真相は闇の中となっています。 坂出タケノコ掘り女児行方不明事件。 2005年に香川県の坂出市で起きた失踪事件です。 母親と姉とタケノコ堀りに来ていた女児が、突然姿を消した、未解決事件です。 タケノコ堀りのイベントの最中、もう1本取って来ると言い残し、姿を消しました。 こちらも真相は分かっていません。

次の