生 チョコ の 作り方。 とろける様な生チョコの作り方

生おからで作るケーキレシピ! 小麦粉は使わないふんわりチョコケーキ [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

生 チョコ の 作り方

生食パンの材料(1斤分)• 強力粉 150g• 最強力粉 100g• はちみつ 30g• 生クリーム 80g• 牛乳 80g• 水 50g• ドライイースト 3g• 塩 4g• 砂糖 10g• 無塩バター 20g 最強力粉は、強力粉に置き換え可能ですが、ひきの強い生食パンを目指すなら、最強力粉がおすすめです。 生クリーム、牛乳、バターと油脂たっぷり使用しているのと、ハチミツが多く入るのが特徴です。 生食パンにコクと甘み、しっとり感を出すのに不可欠となります。 今回、生クリームは脂肪分47%のものを使用しました。 1、ボールに強力粉、最強力粉、砂糖、ハチミツ、塩、ドライイーストを計量して入れます。 3、1のドライイースト目がけて注ぎ入れます。 4、ゴムベラで混ぜます。 5、ある程度まとまったら台に出して捏ねていきます。 6、最初はかなりベタつきます。 台に押し付けるように捏ねたり、カードですくいあげて叩き捏ねをしながら頑張って捏ねましょう。 7、薄くのばしても切れないぐらいまで、しっかり捏ねます。 8、バターを加えます。 9、表面がなめらかになり、先ほどのように薄くのばしても切れなくなるまで、捏ねていきます。 10、乾燥しないようにラップをして、約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。 11、発酵が終わったのがコチラです。 12、ガスを抜きながら丸め直します。 13、生地を2分割して、丸め直します。 14、15分ベンチタイムを取ります。 15、生地を長方形に伸ばします。 16、閉じ目を押さえながら三つ折りにします。 17、麺棒で伸ばし、端から丸め、俵型に成型します。 巻き終わりはしっかり閉じます。 18、2つ出来たら、やさしく型に詰めます。 19、型の8割ぐらいの高さになるまで二次発酵させます。 20、発酵が終わったら、型に蓋をします。 22、焼きあがったら、型ごと落とし衝撃を与えて、蒸気を抜きます。 23、クーラーの上に置き、荒熱が取れたら完成です。 実食 パンにしっかりコクと甘みがあるので、何もつけずにこのままペロッと1斤食べれちゃうんじゃないかと思える美味しさです。 ただ、カロリー的に恐ろしいので、半分で止めときます…。 注意点としては、焼き立てにかぶりつきたくなると思いますが、荒熱があるうちはNG。 少し冷めてから食べた方が美味しいです。 誰にプレゼントしても喜ばれるというか、また作ってとお願いされる生食パンなので、是非一度作ってみて下さい。 有名店の行列に並ぶよりも作っちゃいましょう。 生食パンを作るのに使用した材料と道具 今回、この生食パンのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。 もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

次の

驚きのしっとり食感!高級生食パンの作り方

生 チョコ の 作り方

「生チョコ」柔らかで滑らかなくちどけでとても美味しいですよね。 粉糖やココアパウダーをまぶせば見栄えも良いので手作りチョコとしても人気です。 わたし個人は「ホワイトチョコ」の生チョコが大好物です。 ミルク感あふれる芳醇な甘さと生チョコの口当たりの良さがベストマッチです。 ただ、「ホワイトチョコレートの生チョコ」意外と作るのが難しいんです。 そこで 「 ホワイトチョコの生チョコが固まらない原因」 「 固まらなかったときの対処法」 「 失敗しないホワイトチョコ生チョコの簡単な作り方」 などなどを紹介しようと思います。 Sponsored Link しっかり対処法を学んでリカバリーしちゃいましょう^^ まずチョコが分離してしまったときは ボウルの底にお湯をあてゴムベラでゆっくりと混ぜます。 次にボウルの底に水をあてまたゆっくりと混ぜてください。 これを2~3回繰り返しチョコの温度を上下させながら混ぜることでチョコの乳化を行います。 ツヤが出て上手くまとまればリカバリー成功です。 プロのショコラティエが行うテンパリングの様な作業ですね。 チョコがなかなか固まらないときは生クリームの分量が多いことが考えられます。 加える際はチョコを細かく刻むことを忘れないでくださいね。 Sponsored Link 失敗しないホワイトチョコの生チョコ簡単な作り方は? 簡単な作り方 それは 温度管理をしっかりと行いホワイトチョコと生クリームの分量を守ることです。 温度管理は100均で温度計が買えるので用意しておきましょう。 混ぜ合わせる際は 空気を含ませないようにゆっくりと混ぜ合わせてください。 そうしないと くちどけの悪い生チョコになってしまいます^^; 以上です。 ホワイトチョコと生クリームの混ぜ合わせのさいお好みでナッツやドライフルーツを入れると一味違った美味しさになるのでおすすめです。 グラノーラを加え、バー状に固めれば「グラノーラバー」に変身。 他にも「生チョコタルト」など 生チョコは色んなチョコレートスイーツに派生できます。 チョコと生クリームを混ぜただけで、単純にチョコを溶かし固めたモノとは一線を画す美味しさになるなんて嬉しいですよね。 上記動画の様に温度を固定できる調理器具があればとても楽に作業がデキると思います。 クリームチーズを使うと爽やかな風味がプラスされて美味しいですよ。 アレンジの幅広さも生チョコ作りのメリットの一つだと思います。 最後にまとめ.

次の

とろける様な生チョコの作り方

生 チョコ の 作り方

もうすぐバレンタインですね。 手作りチョコをあげる人も多いのではないでしょうか。 ガトーショコラ、ブラウニー、トリュフ、クッキー・・・どれにしようか迷ってしまいますよね。 その中でも比較的簡単な生チョコはどうでしょうか?テンパリングをする必要はないですし、オーブンも使いません。 見た目や味も高級感あふれているのでバレンタインチョコにぴったり。 ただ、分離しちゃうという失敗だけは気をつけなくてはいけません。 そこで、分離しないで生チョコを作るコツをお伝えできたらと思います。 分離とはどんな状態? 成功したものはつやがありなめらかです。 一方、分離したものは油分が出てきてしまい、チョコと油がわかれてしまっています。 左が成功したツヤのある状態、右が分離している状態です。 この分離した状態のものをそのまま固めるとこうなります。 見るからにおいしくなさそうな感じがしますね・・・。 分離の原因は? いくつか原因はありますが、主に以下のことが考えられます。 生クリームを加熱しすぎている 生クリームは「沸騰寸前まで温める」となっていますが、少量の生クリームをお鍋に入れて火にかけるとあっという間に沸騰してしまいます。 その熱い生クリームをチョコに加えると分離してしまいます。 チョコを溶かす温度が高い 最初に湯煎でチョコを溶かす方法をとるとき、湯煎の温度が高すぎると分離してしまいます。 お鍋でお湯を沸騰させて、そのままグラグラとしているお鍋にボウルをつけて湯煎するのは危険です。 チョコをすぐに混ぜてしまう 刻んだチョコを温めた生クリームの熱で溶かす方法のとき、生クリームを入れてすぐに混ぜると、温度がチョコに伝わってないのに混ぜてしまい分離してしまいます。 水分が混ざってしまった 気をつけていても湯煎にかけているときに知らないうちに水分が入ってしまったりすると、分離してしまいます。 分離しないように作るコツ 生チョコを作るレシピには、 ・チョコを温めた生クリームで溶かす方法 ・チョコを湯煎で溶かしてから温めた生クリームと混ぜる方法 ・チョコと生クリームを一緒にレンジで溶かす方法 などいろいろとあると思いますが、一番失敗が少ないのは「チョコを湯煎で溶かしてから温めた生クリームを入れる方法」かと思います。 まず、刻んだチョコをボウルに入れて湯煎で溶かします。 この時、分離の原因にもあるように高すぎる温度で湯煎しないように気をつけます。 できるだけ細かく刻んだ方が溶けやすいです。 タブレット状のものはそのままでも良いですが、細かくしておくと溶かすのが楽になります。 この時に湯煎のお湯が入らないように気をつけて。 ゆっくりかき混ぜて溶かします。 生クリームは鍋で温めるよりレンジで温める方が沸騰させないで温められると思います。 耐熱容器に入れて600Wで40秒くらい 量によっても違うので様子を見ながら温めて下さい。 溶けたチョコに生クリームを入れていきます。 ゆっくりかき混ぜてなめらかにします。 型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます。 固まったらカットします。 カットするときは包丁を温めながら切ると包丁につきません。 お湯に包丁をつけて布巾でふいてからカットすると良いです。 ココアを振ってできあがり。 抹茶やきなこもおいしいですよ。 もし分離しちゃったらどうする? もし分離しちゃっても、復活させられるかもしれません。 左の分離しているものが、右のようになめらかに戻りました。 分離しやすいチョコとは 今回、私も初めて知ったのですが、クーベルチュールチョコレートを使用すると分離がおきにくいのです。 記事を書くにあたってわざと分離させようと高温で湯煎したのですが、はっきりと分離したとわかるような状態にはなりませんでした。 もちろんツヤのある状態ではなかったので実際には分離しているのかもしれないのですが、見てはっきりとわかるほど油分がでてくることはなかったのです。 ところが、市販の板チョコの原材料には「砂糖、カカオマス、植物油脂、全粉乳、ココアバター、レシチン、香料」と書かれています。 カカオバター意外にも植物油脂が含まれているため、より分離しやすいのだと思います。 そこで、分離するのがこわい方はクーベルチュールを使うのが良いかと思います。 板チョコではなく、製菓用のチョコでもクーベルチュールではないと植物油脂が含まれているものもあるので原材料をチェックして下さい。 とはいっても、手軽に買えてお手軽な値段の板チョコで作りたい方も多いですよね。 その場合は分離しないコツを参照して作っていただけたらと思います。 まとめ 手軽で見栄えもする生チョコ。 いろいろな配合やアレンジがされたおいしそうなレシピがたくさんあるので、バレンタインに作ってみてはいかがでしょうか?

次の