ダンジョン だらけ の 異 世界 に 転生 した けど 僕 の 恩恵 が 最 難関 ダンジョン だっ た 件。 小説PickUp!

ダンジョンだらけの異世界に転生したけど僕の恩恵が最難関ダンジョンだった件

ダンジョン だらけ の 異 世界 に 転生 した けど 僕 の 恩恵 が 最 難関 ダンジョン だっ た 件

「ここであってるんだよな?」 翌朝になり、僕はイブに起こされると軽く身だしなみを整えてクリーンの魔法を使った。 寝ている最中に掻いた汗や寝癖。 更には装備品の汚れまでが一瞬で消えて、朝からゆっくりお風呂にでも入ったかのようにスッキリした。 そんなわけで、近くの食堂で朝食を摂ったあと、指定された試験会場に来てみたのだが…………。 「どうして船着き場なんだ?」 間違いという事は無いと思う。 何故ならそこかしこに僕と同じぐらいの年の少年少女が武器防具を身に着けて集まっているからだ。 ここが王立総合アカデミーの受験会場なのは明らかだった。 それにしても………………。 僕は彼らの装備を見渡す。 銀の紋章で飾られた鎧や宝玉の入った杖。 魔力の篭ったイヤリングなど。 どいつもこいつも…………。 『凄い装備ですね。 それに比べてマスターは…………』 (それを言わないでくれ) もっと時間があれば装備を整えるお金を稼いだりも出来たのだ。 だが、今回は試験までの時間が足りなかった為、ぎりぎりで用意をした。 自身の恩恵を強化する方にお金をつぎ込んだ結果、このみすぼらしい格好になっただけだ。 『まあ、大事なのは中身ですマスター。 外見を取り繕った所で実力が無ければ意味がないですから』 慰めだろうか、その言葉が妙に痛ましい。 短くお礼を言うと。 周囲の受験生が和やかに会話をしているのが耳に入る。 やれ「〇〇工房の特注品」だの「有名付与師の魔道具」だの自慢合戦を繰り広げている。 僕は周囲をなるべく見ないようにしながら奥へと進んでいった。 「それでは、試験を開始する」 目の前には試験官がずらりと横一列に並んでおり、その内の一人が台の上に立ち僕らを見ている。 僕らは浜辺に整列させられるとその言葉を真剣に聞いている。 「ここはアカデミーが所有する訓練のための島である」 あれから僕らは船に乗せられること数時間、無人島に連れてこられた。 「諸君らにはここで1週間生活をしてもらう事になる」 それというのも、試験の内容が今しがた試験官が言った通り無人島で生活する事だからだ。 「質問宜しいでしょうか?」 受験生の一人が挙手をすると試験官は首肯する。 「ただ生活をすれば良いのですか? 他に何か課題のようなものは?」 それは僕ら全員が思っていた事だった。 単に生活するだけならば難しくは無い。 アカデミーの試験は難関だと聞いていたのに拍子抜けだ。 「他に課題は無い。 何故ならこの島には多数のモンスターが生息しているからである」 その言葉に多くの受験生が息を飲む。 「確認されている中では最大でDランクまでのモンスターが存在している」 モンスターのランクはSSS・SS・S・A・B・C・D・E・F・Gまでだ。 僕が相手をしていたゴブリンは最弱のGランク。 それより上のコボルトとかでもFランク。 Dランクというのは同ランクの冒険者や探索者が数人掛かりで相手をする程度の強さを持つモンスターだ。 受験生達の顔付が変わる。 「そ、そんなの嘘ですよね? だって俺達はまだ駆け出しの探索者ですよ?」 一人の受験生がブラフだと思ったのか試験官に問い詰めるのだが……。 「君は高ランクのモンスターが目の前に現れた時『まだ未熟なので見逃してください』とでも言うのか?」 試験官の怜悧な視線を受けてそいつは押し黙った。 それを良い機会と思ったのか試験官は続ける。 「我がアカデミーは巨大な施設が多数存在する王都でも最高の学校だ。 最新の設備に現役の人間が講師をしている。 だが、勘違いするな。 広大な敷地だからといって鍛えても意味のない生徒を在籍させるつもりは無い」 その言葉に騒めきが発生する。 「もし試験を受けるのが嫌になったら早々にリタイアするが良い。 直ぐにでも船で港まで帰してやる」 ここまで来ておきながらそんなみっともない真似ができるわけもない。 その場の何人かは試験官の言葉をただの揺さぶりだと思ったようだ。 そいつらはよい身なりをしているので恐らくは貴族かそれに近しい身分なのだろう。 自分達のような立場の人間がいるのに危険なモンスターを配置するわけがないと考えた。 だが、そんな浅知恵をあざ笑うかのように試験官は言葉を続けた。 「ここでは家格がどうとか身分がどうとかは関係ない。 たとえ王族であろうとこのアカデミーでは単なる1生徒だ。 試験で優遇するつもりは一切ない」 その言葉を皮切りに試験が開始される。 手つかずのダンジョンが結構ありますよ。

次の

ダンジョンだらけの異世界に転生したけど僕の恩恵が最難関ダンジョンだった件

ダンジョン だらけ の 異 世界 に 転生 した けど 僕 の 恩恵 が 最 難関 ダンジョン だっ た 件

いつの時代も戦が絶えず起こっている。 ある者は剣を、ある者は魔法を、ある者は聖霊を。 あらゆる力を尽くして争いは絶える事なく続いていた。 そして、戦いは人同士だけでなくエルフや獣人、魔族をも巻き込んだ種族間戦争や国家間の争いへと発展し、闘いはすでに何百年も続いていた。 そんな時代に帝国の片田舎に最下級の身分である《平民》の次男として生まれたリクト。 次男である彼は成人しても耕す畑がない。 それを危惧した父親は幼い頃からリクトに代々伝わる剣術を叩き込んでいた。 そして成人後、リクトは食うために最下級の階級である《二等兵》として軍人となったが、軍人になってから2日後の初陣でいきなり危険な単独任務を押し付けられる。 それでも何とか乗り切って、ホッとしたのも束の間。 今度は帝都から美女が3人やって来て、実力を見せろと戦う羽目になる。 軍の権力と炎と雷がリクトに迫りくる。 そして、その後には美女達まで迫りくる。 父親譲りの剣術で斬り開いたその先にリクトが掴むものは栄光と……。 これは帝国の片田舎少年が最下級の身分《平民》と最下級の階級《二等兵》から父親譲りの剣術によって成り上がる物語である。 |N9732GC 【書籍2巻発売中!】 **** 王国城下街近くにある『代々勇者を輩出する』という特徴のある村。 主人公ライムントの姉ミアは、15歳の誕生日に勇者の能力に目覚めた。 「それじゃ、姉貴のいないうちは自分が村を守るよ」 そう言って姉を送り出し、自分は勇者の村を守ることとなった。 ある日ライムントは強い魔物に襲われ、死を覚悟する。 ところが、すんでの所で魔族の女が現れてその魔物の首を一瞬で斬り飛ばす。 次元の違う圧倒的すぎる戦闘能力。 警戒するライムントに対し、 「えっとえっと……困っている人がいたら、助けられる能力のある人が助けるのは当然ですよね?」 あまりに想定外な魔族の雰囲気に戸惑いながらも 「助けてもらってお礼もしないのは姉貴の弟として估券に関わります、帰るアテがないのなら、今晩ぐらい食事に来て身体を休めてください」 そう言って家に誘って食事を出した。 結果、ものすっごい懐かれた。 暴力に怯えながら暮らす毎日に疲れ果てた頃、アパートが土砂に飲み込まれ…。 目を覚ませばそこは日本ではなく剣や魔法が溢れる異世界で…!? 強面だけど優しいおじいさんに引き取られ、3兄弟は村の人や冒険者たちに見守られながらたくさんの愛情を受け成長していきます。 ツラいのは冒頭だけで、あとはのんびり・ほのぼのな日常を紡いでいけるお話を考えています。 魔法はありますが、この子たちにチート機能は必要ないので、多くても1つか2つの予定です。 |N3479GG 私は死んだ。 目覚めると乙女ゲーム「ローズガーデン」の世界で…?嘘でしょ!しかも、生まれ変わった先は、「不運・報われない・可哀相」と評判の、旧王家の姫君にしてヒロインのライバル、レミリア様ではないですか。 しかし、私はメインカプ推しなので。 出来れば王女と竜公子の恋を見守りたい!新旧王家の政争?関わらずに平穏無事に生きたい!たまにはドラゴンと空を散歩しながらのんびりとね。 「辞めよう悪役。 諦めよう初恋。 立て直そう実家」を合言葉に繰り広げられる、魔法とドラゴンのファンタジー。 シリアス展開有。 キャラが死んだりします。 【一迅社アイリスNEOより書籍版もあります/2020年は毎月15日と最終日にマスト更新です、あとは気が向いたら!】 |N6529DH 後に『終末の日』と呼ばれる四月のある日。 札幌市の上空に眩く光る飛翔体が出現し、平穏に過ごしていた人々の住む地上に降り注いだ。 偶然にも札幌駅を訪れていた一ノ瀬蓮夜は、混乱の中を命からがら地下シェルターに避難して窮地を逃れる。 屍怪は誰とも構わず生者を襲い、噛まれた者も同じように人を襲い始める。 狂気と混乱が入り乱れる混沌の中で確信する。 今まで自分たちが生きてきた世界は、終わってしまったのだと。 そして決意する。 屍怪を倒し生き抜くことを。 千年後の世界に転生したルディスはかつての記憶を受け継ぎ、これ幸いと冒険者を目指すが…… 転生した未来で、かつて仕えてくれた従魔達と会うことになる。 ルディスは表では普通の冒険者として振る舞うも、隠れながら従魔達と暮らすことを決意する。 これは元皇帝がかつての仲間、新たな仲間と共に、最強と平穏な生活を目指し、たまに世界を救う物語。 苦手な方はご注意ください。 |N1188FF サラリーマン生活を順風満帆に歩んでいた朝比奈晴人だったが、ある日、他人の自殺に巻き込まれてしまい、不運にも死んでしまう。 しかし、死後の世界で神様達と出会った結果、何故か神様が管理する『剣と魔法の世界』に美少年のエルフとして転生できることになった。 ただし、その世界を管理する神様をサポートする為の眷族として……。 神様の眷族として与えられたチートのような能力と、前世の知識と経験を駆使して、いずれ起きると言われる異世界の危機(という名目であるが、実のところは神様に課せられた昇神試験なのだが)に立ち向かうため、晴人は神様を支える部署として新設された神様サポート室の異世界出張所を任されることになる! |N1367FO 容姿が優れている以外普通で少々オタク寄りな趣味を持ち、かつて中二病を発症しかけたことのあるような何処にでもいそうな少年が異世界へ行き、少し使い勝手が悪くチートと呼ぶには至らない能力を元に冒険者としてのんびりと異世界生活を嫁達と一緒に満喫する予定のお話。 女神は過保護です。 本作は主人公主観というか、主人公が感じた事、思った事を書いていくという形をとりつつ、状況が分かるように、それでいて主人公が感じた事としておかしくならないように書いています。 その為、文体が一人称視点としてはおかしいと思う事があるかもしれませんが、そういう仕様だと思ってください。 初投稿、初作品故に上手く書けない事も多々あるでしょうが、作者のメンタルが弱いので、冷たい目ではなく温かい目で見てもらえると幸いです。 少しでも読者を増やしたいので。 |N9618CY VRMMO『Blessing of Lilia』、通称『リリア』。 何でもできるが売りのフルダイブVRMMOである『リリア』の世界は、何をやってもいいと勘違いしたプレイヤー達により世紀末と化していた。 強すぎるNPC、自由すぎるトッププレイヤー、いつの間にか滅んでいる隣街、魔法と現代兵器が飛び交う戦場……。 そんな混沌渦巻く世界の中で、可愛らしい狐娘さん 自称 の主人公 『ポロラ』は武器を振るう。 戦わなければ、尻尾をモフられてしまうことを知っているから。 殺さなければ何も守れないから。 力が無ければ涙を流すしかないから。 あわよくばトッププレイヤーを引きずり下ろしたいから……彼女は戦う事を選んだ。 しかし、彼女は気付かない。 既に『戦闘狂』という二つ名が付く程度には、自分自身も危険人物である事に……。 syosetu. 女神達の祝福を受け、子猫と共に最強になる」の続編となっております。 未読でも今作を読むに問題はありませんが、どうかこちらもよろしくお願いします。 |N5553FS 電車にひかれて死んだと思ったが、どうやら異世界に転生してしまった中年サラリーマン。 しかし普通のサラリーマンだった男にチート? 何それ美味しいの? 主人公を密かに気になっている子もいるみたいだが、喪男だったために、それに気が付かない馬鹿。 でも、最近自覚し始めたため、前向きに頑張ろうと思っている。 面白可笑しく自由気ままな行き当たりばったりの異世界生活を楽しむ。 自分が異世界に行ったとしたらどうなんだろうな、こうしたいなと想像しながら書いてみました。 基本的にのんびりと言うかダラダラとした作品になってます。 R15にしたのは、主人公同様行き当たりばったりで書いているので万が一の保険です。 攻略者を助けるなんて面倒い事するような性格でも無いし好きに生きてもいいですよね? 運が良いのか悪いのか好きな事出来そうな環境に産まれたようですしヒロイン役でも無いようですので。 流石に途中で気づきますし、相手役も出てきますが、しばらく出てこないと思います。 好きに生きた結果攻略者達の悲惨なフラグを折ったりするかも? 基本的に主人公は「攻略者の救済<自分が自由に生きる事」ですので薄情に見える事もあるかもしれません。 ですので本来の錬金術の学術的な論理は出てきません。 この世界での独自の力が【錬金術】となります。 |N9029EK.

次の

まるせいの作品一覧

ダンジョン だらけ の 異 世界 に 転生 した けど 僕 の 恩恵 が 最 難関 ダンジョン だっ た 件

「ここであってるんだよな?」 翌朝になり、僕はイブに起こされると軽く身だしなみを整えてクリーンの魔法を使った。 寝ている最中に掻いた汗や寝癖。 更には装備品の汚れまでが一瞬で消えて、朝からゆっくりお風呂にでも入ったかのようにスッキリした。 そんなわけで、近くの食堂で朝食を摂ったあと、指定された試験会場に来てみたのだが…………。 「どうして船着き場なんだ?」 間違いという事は無いと思う。 何故ならそこかしこに僕と同じぐらいの年の少年少女が武器防具を身に着けて集まっているからだ。 ここが王立総合アカデミーの受験会場なのは明らかだった。 それにしても………………。 僕は彼らの装備を見渡す。 銀の紋章で飾られた鎧や宝玉の入った杖。 魔力の篭ったイヤリングなど。 どいつもこいつも…………。 『凄い装備ですね。 それに比べてマスターは…………』 (それを言わないでくれ) もっと時間があれば装備を整えるお金を稼いだりも出来たのだ。 だが、今回は試験までの時間が足りなかった為、ぎりぎりで用意をした。 自身の恩恵を強化する方にお金をつぎ込んだ結果、このみすぼらしい格好になっただけだ。 『まあ、大事なのは中身ですマスター。 外見を取り繕った所で実力が無ければ意味がないですから』 慰めだろうか、その言葉が妙に痛ましい。 短くお礼を言うと。 周囲の受験生が和やかに会話をしているのが耳に入る。 やれ「〇〇工房の特注品」だの「有名付与師の魔道具」だの自慢合戦を繰り広げている。 僕は周囲をなるべく見ないようにしながら奥へと進んでいった。 「それでは、試験を開始する」 目の前には試験官がずらりと横一列に並んでおり、その内の一人が台の上に立ち僕らを見ている。 僕らは浜辺に整列させられるとその言葉を真剣に聞いている。 「ここはアカデミーが所有する訓練のための島である」 あれから僕らは船に乗せられること数時間、無人島に連れてこられた。 「諸君らにはここで1週間生活をしてもらう事になる」 それというのも、試験の内容が今しがた試験官が言った通り無人島で生活する事だからだ。 「質問宜しいでしょうか?」 受験生の一人が挙手をすると試験官は首肯する。 「ただ生活をすれば良いのですか? 他に何か課題のようなものは?」 それは僕ら全員が思っていた事だった。 単に生活するだけならば難しくは無い。 アカデミーの試験は難関だと聞いていたのに拍子抜けだ。 「他に課題は無い。 何故ならこの島には多数のモンスターが生息しているからである」 その言葉に多くの受験生が息を飲む。 「確認されている中では最大でDランクまでのモンスターが存在している」 モンスターのランクはSSS・SS・S・A・B・C・D・E・F・Gまでだ。 僕が相手をしていたゴブリンは最弱のGランク。 それより上のコボルトとかでもFランク。 Dランクというのは同ランクの冒険者や探索者が数人掛かりで相手をする程度の強さを持つモンスターだ。 受験生達の顔付が変わる。 「そ、そんなの嘘ですよね? だって俺達はまだ駆け出しの探索者ですよ?」 一人の受験生がブラフだと思ったのか試験官に問い詰めるのだが……。 「君は高ランクのモンスターが目の前に現れた時『まだ未熟なので見逃してください』とでも言うのか?」 試験官の怜悧な視線を受けてそいつは押し黙った。 それを良い機会と思ったのか試験官は続ける。 「我がアカデミーは巨大な施設が多数存在する王都でも最高の学校だ。 最新の設備に現役の人間が講師をしている。 だが、勘違いするな。 広大な敷地だからといって鍛えても意味のない生徒を在籍させるつもりは無い」 その言葉に騒めきが発生する。 「もし試験を受けるのが嫌になったら早々にリタイアするが良い。 直ぐにでも船で港まで帰してやる」 ここまで来ておきながらそんなみっともない真似ができるわけもない。 その場の何人かは試験官の言葉をただの揺さぶりだと思ったようだ。 そいつらはよい身なりをしているので恐らくは貴族かそれに近しい身分なのだろう。 自分達のような立場の人間がいるのに危険なモンスターを配置するわけがないと考えた。 だが、そんな浅知恵をあざ笑うかのように試験官は言葉を続けた。 「ここでは家格がどうとか身分がどうとかは関係ない。 たとえ王族であろうとこのアカデミーでは単なる1生徒だ。 試験で優遇するつもりは一切ない」 その言葉を皮切りに試験が開始される。 手つかずのダンジョンが結構ありますよ。

次の