オリエンタル ベーカリー 受注。 オリエンタルベーカリー 大阪直売店

SmoothFirst 導入事例 / 株式会社オリエンタルベーカリー 様|AnyForm FAX CTI

オリエンタル ベーカリー 受注

成分表 成分値 可食部100g当たり・計算値 エネルギー kcal 水分 g 蛋白質 g 脂質 g 炭水化物 g ナトリウム mg 食塩相当量 g 無塩食パン 298 32. 9 9. 1 6. 0 51. 8 3. 7 0. 0 成分値 可食部100g当たり・計算値 エネルギー kcal 298 水分 g 32. 9 蛋白質 g 9. 1 脂質 g 6. 0 炭水化物 g 51. 8 ナトリウム mg 3. 7 食塩相当量 g 0. 0 常温商品と冷凍商品について 常温商品と冷凍商品はそれぞれ別々でご注文をお願い致します。 冷凍商品の最短お届け日は常温商品よりもプラス1日〜2日かかります。 こちらの商品もいかがですか?•

次の

SmoothFirst 導入事例 / 株式会社オリエンタルベーカリー 様|AnyForm FAX CTI

オリエンタル ベーカリー 受注

現在、お客様やグループ企業でもある販売会社から、1日約2,000枚のFAX注文書を受信しています。 従来は、それらを当日、翌日、指定日発注という箱ごとにすべて手作業で仕分けして基幹システムに入力していました。 さらに、「FAXは届いていますか?」といった到着確認のお問い合わせが頻繁にありましたが、その際も、FAXの紙束から1枚1枚探し出していました。 やはり手作業になりますから、稀に見逃しや間違いも発生していました。 FAX注文書が確認できず、「もう一度送ってください」とお願いをしておきながら、後々最初のFAX注文書が見つかった場合などは、お客様に対して大変申し訳ない思いをしていました。 また、毎日ご発注いただくお客様から注文がなかった場合には、受注センターと販売会社との間で、確認のやり取りが発生していました。 その際も、受信したFAX注文書の束を確認し、本当にご発注いただいてないようであれば、販売会社からご連絡をしていました。 このような作業が1日に30件ほどあり、非効率な業務に課題を感じていました。 選択のポイント:カスタマイズしなくても、 十分な機能を搭載していた いくつかの製品の中から最終候補を3製品に絞り、6ヶ月ほどかけて検討しました。 SmoothFirst の印象は、画面が見やすく、FAX注文書の検索操作が分かりやすかったことです。 これが1番の決め手と言っても良いかもしれません。 画面の左側に検索項目が分かりやすく表示されていて、そこに検索キーワードを入れるだけでしたので、非常に使いやすかったです。 弊社の場合、SmoothFirst を導入するにあたり、まったくカスタマイズしていません。 それでも検索性、見やすさ、機能に関して十分でした。 また、FAX注文が一覧表示されているのも良かったです。 他のソフトだと、フォルダーを作って、名前を決めて、そこに保存してという工程がありましたので、結局どこにいってしまったのか分からなくなってしまう懸念がありました。 導入効果:計算すると、1日あたり7時間ほどの業務量を削減 従来の業務方法がアナログだったこともありますが、最初のうちは使い方にやや戸惑うスタッフもいたようです。 しかし 徐々に操作方法に慣れていくにつれ、「もう前には戻れない」、「本当に助かっている」という声が上がるようになってきました。 お問い合わせに対して正確な内容をスピーディーに返信できるようになり、大変効率が上がったことを感じています。 具体的な時間に換算すると、 お客様からのお問い合わせ対応で1日あたりおよそ30分の削減。 FAXの受信確認、販売会社からの問い合わせ対応で90分。 FAXを確認している際、過去のやり取りの確認が必要なことがあるため、毎回席を立ってFAXの束を確認していました。 それが SmoothFirst の画面上でできるようになったため、135分ほど削減。 さらに、150件程度あるFAX返信作業に関しても、150分ほどの削減に成功しましたので、トータルでおよそ1日あたり、7時間分の業務量が削減できたことになります。 従来は、「FAX注文書が届いているか否か」に多くの時間を費やしていました。 その分の負担がなくなりましたので、ご注文の数量や商品種類など、より細かな内容のチェックに時間が費やせるようになりました。 また従来、通常とは異なるイレギュラーなご注文は販売会社で受け付けていました。 それは、お客様との距離が近いことが理由でした。 しかし やはり受注は受注センターに集約したいと以前から考えており、SmoothFirst の導入によってそれが実現できたことも導入の成果として挙げられるかと思います。 あと、毎回席を立たずに良くなったのは大変ありがたいですね。 運用の工夫:拠点からの確認が減り、それぞれがお客様対応できるように お客様からいただいたFAX注文書は基幹システムに入力し、受注データを作成します。 受注データは販売会社も確認していますので、その内容について疑問な点があれば直接電話がかかってきます。 確認するFAX注文書が受注センターにしかないために致し方ないことなのですが、その対応をしている間は丸々時間を取られてしまいます。 これは、販売会社がお客様から受けた問い合わせ対応も同じです。 問い合わせは結局すべて受注センターに集約されてしまうという業務効率から考えると、良くない構造でした。 今後徐々にではありますが、SmoothFirst のクライアントを販売会社にも展開できればと考えています。 そうすれば、販売会社でも注文書を閲覧することができますので、確認や問い合わせ対応に費やしていた時間をさらに削減できるのではないかと考えています。 今後の展開:ステータス管理を活用し、ペーパーレス化を進めたい.

次の

SmoothFirst 導入事例 / 株式会社オリエンタルベーカリー 様|AnyForm FAX CTI

オリエンタル ベーカリー 受注

Contents• 「オリエンタルベーカリー」とは ホテルや喫茶店、病院、学校、機内食という業務用シェアNo1のパン製造会社。 そんな会社が泉佐野にあるとは知らなかった。 アウトレットのパン パンのアウトレット? なにそれ?! と思い、 パン好きの私はこの情報を聞いて早速出向いてみた。 泉佐野にある工場地帯の一角にそのお店はあり、 土曜日とあって、周りの会社はお休みだけど、この会社だけはかなりのお客様で賑わっていました。 圧倒的な量と低価格に驚き 所狭しと並ぶパンは圧倒的な数量で度肝を抜かれる。 しかも価格のほとんどの菓子パンが80円代と100円しないのがすごい。 夕方4時30分からはさらに値下げされるので、お店の前は長蛇の列になります。 味は、それぞれの素材を活かした作り方なので、口当たりが良くハズレなし。 特に美味しかったのは、「北海道玉ねぎカレーパン」 店前の自販機で缶コーヒーを買って、泉佐野の海を見ながらパンを頬張る贅沢さがなんともたまりません。 サラリーマンの営業途中や、ドライブ中に小腹が空いた時など、 近くに来た際は是非立ち寄っていただきたいお店です。 低価格は庶民の味方。 バンザイ! 製造者も分かるので人柄を感じながらパンをいただく事が出来ます。 食パン 食パンは少しミミが硬く感じます。 この食パンでタマゴサンドを作ったら絶妙に美味しかった。 参考記事 :.

次の