アメリカ 大統領 選挙 仕組み。 アメリカの大統領はこうして選ばれる

【初心者向け】3分でわかるアメリカ大統領選挙の仕組み

アメリカ 大統領 選挙 仕組み

アメリカ大統領選挙の流れ アメリカ大統領選挙は、予備選挙と本選挙の2つのステップを踏むことになります。 以下の流れで進んでいきます。 【予備選挙】全米各州で党員集会と予備選挙・・・2月から6月まで行われます。 【予備選挙】民主党・共和党の全国大会・・・7月に行われます。 【本選挙】大統領選挙人の選出• 【本選挙】一般投票・・・11月8日• 【本選挙】大統領選挙人による投票・・・12月• 1、2の【予備選挙】は、民主党・共和党の各党が、候補者を一本化するための手続きです。 政党公認候補を一本化する手続きというと分かりやすいかも。 3、4の【本選挙】は、有権者が大統領を直接選ぶのではなく、特定の大統領候補への投票を宣誓している「大統領選挙人」に投票するという間接選挙になります。 5の【本選挙】は、11月8日の一般投票の結果が覆されることはないので、儀礼的な意味合いが強いです。 【予備選挙】全米各州で党員集会と予備選挙 予備選挙によって、各党の候補者が一本化されます。 一般党員が、各党における候補者を直接選出するのではありません。 各党の候補者は、一般党員の代理人となる「代議員」によって、夏に行われる党の全国党大会で決定されるのです。 間接民主主義が徹底されています。 要するに、 一般党員は「代議員」を選出して、その「代議員」が各党の候補者を選出するのです。 2月から6月までの期間、代議員を選ぶために、全米で党員集会や予備選挙が行われることになります。 ちなみに、「党員集会」になるのか「予備選挙」になるのかは、州によって異なります。 ちなみに、テレビのニュースでは、厳密な意味での「党員集会」と「予備選挙」を区分することなく、両者を総称して「予備選挙」と呼ぶことが多いです。 党員集会 党員集会で「代議員」を選出する場合、集会の場で公開投票を行って、「代議員」を選出します。 「代議員」の選出方法は、両党・州によってバラバラです。 例えば、全米で一番最初に行われるアイオワ州の場合、共和党は投票で決定しますが、民主党は支持候補者別にグループ分けをしてから得票数で決定します。 予備選挙 予備選挙で「代議員」を選出する場合、一般の選挙と同様に、投票所に足を運んで投票します。 政党に登録した有権者がのみが投票できる「closed」方式と、政党に頭足していない無党派層が投票できる「open」方式があり、この点も州によって異なります。 スーパー・チューズデー スーパー・チューズデーとは、アメリカ大統領選挙が実施される年の2月、3月初旬の1つの火曜日を指します。 多くの週で同日、党員集会、予備選挙が開催され、多くの代議員を獲得できる日と言われています。 候補者は、この日を上手く乗り切ることで、大統領候補としての指名を獲得することができるのです。 予備選で敗退していても、スーパー・チューズデーで復活したビル・クリントン氏は有名ですよね。 以下、Wikipediaより引用します。 1992年、それより前の予備選挙で敗北していた民主党のビル・クリントン候補は、スーパー・チューズデーに行われた南部の予備選挙で確たる勝利を収めたことで、死から蘇った候補、として浮上した。 クリントン候補は、最終的に、民主党大統領候補としての指名を受け、さらに大統領の地位を得た。 予備選挙における勝者総取り方式 各候補者が、予備選挙で「代議員」を獲得する場合、勝者総取り方式になる点が、アメリカ大統領選挙の面白いところです。 例えばカリフォルニは州で共和党の候補者が3人いた場合、A候補者が最も多くの票を得たとします。 この場合、A候補者、B候補者、C候補者のそれぞれを支持していた「代議員」を、A候補者がすべて獲得できることになります。 なぜ、各党の候補者達が、予備選挙において、一人でも多くの「代議員」獲得を目指すのかといえば、大統領候補になるためには、全国大会で「代議員」の半数の票が必要だからです。 【予備選挙】民主党・共和党の全国大会 党員集会と予備選挙で選ばれた「代議員」によって、夏に行われる、党全国大会で各党の候補者指名が行われます。 みなさまご存知のとおり、2016年の予備選挙では、共和党からはトランプ候補、民主党からはクリントン候補が、大統領候補者として選出されました。 【本選挙】大統領選挙人の選出 各党の大統領候補者が決まると、今度は、大統領を選出するための「大統領選挙人」が選出されます。 一般有権者は、あらかじめ投票する大統領を宣誓している「大統領選挙人」に対して、投票するためです。 選挙人の数は、Wikipediaが詳しいので引用します。 選挙人の数は州ごとに、連邦上下両院の合計議席と同数が割り当てられる。 ただしどの州にも属さないコロンビア特別区(DC)には選挙人数3が割り当てられる。 これらの選挙人割り当て総数は538となる。 大統領選挙人はどうやって選出されるの? 大統領選挙人がどうやって選ばれるのかというと、州の各政党による党大会での指名、州の各政党による中央委員会の投票での指名ということになります。 実際にどのような者が選挙人候補になるかと言えば、州内の公職者、州内の党活動家、大統領候補と何らかのつながりがある者が一般的である。 彼らの党に対する長年の貢献が認められ、指名されることが多い。 人口わずか2500人の湖畔のリゾート地に、大統領選の鍵を握る人物が住む。 ジョン・ハガード、75歳がその人だ。 ジョンは地元で配管サービスの会社を経営するビジネスオーナー。 11歳で初めて銃に触って以来、ミシガンの大自然の中で狩猟の腕を磨いてきたハンターでもある。 彼は、ミシガン州の「選挙人団」(electoral college)の1人なのだ。 【本選挙】一般投票 11月8日に有権者による投票が行われます。 ここでアメリカ大統領が実質決まります。 予備選挙の「代議員」と同様、有権者は直接大統領を選ぶのではなく、あらかじめ自分が指名する大統領候補を宣誓している「大統領選挙人」に投票することで、アメリカ大統領は選出されるのです。 予備選挙同様、本選挙でも間接民主主義が徹底されているのです。 一般選挙における勝者総取り方式 アメリカ大統領選挙での独特の方式です。 選挙区で最多得票を得た者が、その選挙区に割り当てられた議席や得点などの全てを獲得する方式。 48の州とコロンビア特別区では過半数を取った者に全大統領選挙人が分配される勝者総取り方式を採用している。 残りのネブラスカ州とメーン州では、勝者総取り方式と小選挙区制の一票式並立である。 例えば、カリフォルニア州では、55人の大統領選挙人が選出されます。 例えば、有権者による選挙結果が、28人がクリントン氏、27人がトランプ氏という接戦の場合、1票でも多い票を獲得したクリントン氏を、55人の大統領選挙人 全員が支持するという仕組みになっています。 【本選挙】大統領選挙人による投票 12月に大統領選挙人による投票が実施されますが、これは儀式的な意味合いが強いです。 すでに、11月8日の一般投票で、どちらの候補者が大統領になるのかは決まってしまいますからね。 まとめ 以上が、アメリカ大統領選挙の仕組みになります。 予備選挙・本選挙ともに、間接選挙という点が日本とは異なります。 1年間かけて予備選挙・本選挙を通じて、ようやく大統領が決まるのです。 実際に就任するのは、来年の1月20日からとなりますが、どちらの候補者がなるにせよ、日本は大きな影響を受けることになります。

次の

米国大統領選挙の仕組みを解説。2020年大注目の選挙戦を理解しよう

アメリカ 大統領 選挙 仕組み

はじめに 2020年3月時点でアメリカは新型コロナウイルス問題に揺れていますが、この混乱の裏では11月の大統領選に向けて着々と準備が進められています。 すでに各州で予備選挙や党員集会が始まっており、日本国内でも大統領選に関する報道が増えてきました。 アメリカの大統領選の時には「スーパーチューズデー」や「予備選挙」、「選挙人」などといった言葉をよく耳にすると思いますが、これらの意味を正しく理解できている人は決して多くないようです。 その原因は「アメリカ大統領選の複雑さ」にあります。 今回は「アメリカ大統領ってどうやって選ばれるの?」「誰が大統領を選ぶの?」「どうして選挙期間が1年も続くの?」など、いまさら誰にも聞けないアメリカ大統領選の仕組みについてわかりやすく解説します。 アメリカ大統領選の仕組みを理解することは、公務員志望者に限らず一生役に立つ知識ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。 アメリカ大統領選の一般投票と選挙人投票の違い アメリカの大統領選はアメリカ国民が大統領になってほしい人を選ぶ直接選挙ではなく、大統領候補を支持する「選挙人(electors)」を選ぶ間接選挙です。 アメリカの大統領選ではこの「選挙人」が鍵を握っていると言えるでしょう。 選挙人は「代議員」や「大統領選挙人」と呼ばれることもあり、アメリカ国民はこの選挙人を選ぶことで間接的に大統領を選ぶ仕組みになっています。 選挙人はアメリカ全体で538名なので、過半数の270名を獲得した時点で決着がつきます。 選挙人はあらかじめどの大統領候補を支持するかを公表(誓約)しているため、アメリカ国民は大統領になってほしい人を支持している選挙人に投票することになります。 これが「一般投票(Popular Vote)」です。 (11月の第1月曜の次の火曜日に実施) そして、一般投票の1ヶ月後(12月第2水曜日の翌週の月曜日)、選ばれた538人の選挙人が候補者に投票する「選挙人投票(Electoral Vote)」が実施されます。 つまり、アメリカ大統領は正式には「選挙人投票」で選出される訳です。 選挙人投票は形式的なもので、一般投票で出た結果が覆ることはありません。 まずは、アメリカの大統領選には「一般投票」と「選挙人投票」のふたつがあり、有権者が関与できるのは一般投票、最終的に大統領が選出されるのは538人の選挙人によって実施される選挙人投票であることを覚えておきましょう。 アメリカ大統領選は4つのパートに分かれている アメリカの大統領選は、大統領選が開催される年の2月から11月にかけて長期間にわたって実施されます。 大統領選は「予備選挙」「全国党大会」「一般投票」「選挙人投票」の4つの大きな流れで構成されています。 この4つの流れを覚えておくと理解しやすくなります。 予備選挙(Primary Elections) 予備選挙は各政党公認の候補者を選ぶための選挙のことで、2月から6月にかけて各州で実施されます。 ごく簡単に言うと「各党の代表者選び」です。 この期間は大統領選の「予備選挙期間」と呼ばれます。 2020年の大統領選を例にすると、現職のトランプ大統領(共和党)に対抗する「民主党の候補者選び」ということになります。 2020年の予備選挙では、民主党内で複数の候補者が名乗りを上げていますが、早い段階からジョー・バイデンかバーニー・サンダースの2名に絞り込まれています。 有権者は予備選挙で「党大会」に参加する代議員を間接的に選びます。 2020年の大統領選で例えると、ジョー・バイデンを民主党候補にしたい場合は、ジョー・バイデンを支持している代議員に投票することになります。 最終的に選ばれた3,979人の民主党代議員は7月の党大会で政党を代表する候補者を投票によって選びます。 予備選挙の開催日時は州によって異なりますが、2月下旬から3月上旬の火曜日に多くの州で同時に開催されることが通例です。 これにより事実上の候補者が絞り込まれて大局が判明することから「スーパーチューズデー」と呼ばれています。 アメリカ大統領選の際によく聞くスーパーチューズデーとは、各政党の大統領候補者が誰になるかが大方で判明する重要な日という意味なのです。 全国党大会(National Convention) 予備選挙の次に大きなポイントになるのが「全国党大会」です。 党ごとに7月か8月に4日間にわたって開催します。 共和党大会はRNC(Republican National Convention)、民主党大会はDNC(Democratic National Convention)と呼ばれます。 ここで予備選挙によって選出されたそれぞれの党の代議員たちが選出した、政党を代表する大統領候補者が決まります。 選出された大統領候補者は、党大会期間中に副大統領候補を指名して、本選挙に挑むことになります。 全国党大会は、各政党で最終的な大統領候補者が決まり、副大統領候補も判明することから非常に大きな意味を持つポイントです。 党大会では初日に基調演説、2日目に政策綱領の採択、3日目に大統領候補が指名され、最終日に大統領候補者と副大統領候補者の指名受諾演説が行われます。 それぞれの党大会が終了した時点で、正式に各党の大統領候補が出揃い、一騎打ちになります。 ちなみに、2004年の民主党大会で、当時ほとんど無名だったバラク・オバマが基調演説を行い「黒人も白人もラテン系のアメリカもアジア系のアメリカもない。 あるのはアメリカ合衆国のみ」という演説をして全米に強烈な印象を与えたことは有名で、これをきっかけにして「民主党にオバマあり」と知れ渡りました。 対照的に、2016年の共和党大会でトランプは過去40年で最長となる75分にも及ぶ演説をしています。 一般投票(General Election) 11月第1月曜日の翌日に全州で一斉に一般投票が実施されます。 有権者は選挙人に投票する間接投票によって支持する政党つまり大統領を選びます。 一般投票ではそれぞれの政党が各州で多くの票を集めて、選挙人を一人でも多く獲得することがポイントです。 一般投票では各州で得票数が最も多かった政党が、州ごとに割り当てられた選挙人をすべて獲得できます。 これを「勝者総取り方式」と呼びます。 選挙人は各州の人口の数に比例配分されており、最も人口が多いカリフォルニア州では55名、最も人口が少ないモンタナ州では3名です。 仮に、カリフォルニア州で勝利した政党は、例え一票差であったとしても勝者総取り方式に基づいて55名の選挙人すべてを獲得可能になります。 アメリカ大統領選の一般投票において重要なことは、選挙人が多いカリフォルニア州(55名)、テキサス州(38名)、ニューヨーク州(29名)、フロリダ州(29名)などで勝利することとされています。 ちなみに、一般投票に使用される投票用紙には選挙人の名前が書いてあると思いがちですが、実際には大統領候補と副大統領候補のペアの名前が書いてあるだけです。 有権者はチェックを入れて投票しますが、その票はあくまでも選挙人への投票として扱われます。 一般投票は法律上は間接投票ですが、直接投票をしているような感覚になります。 アメリカ人の中には自ら直接投票で大統領を選んだと勘違いする人がいるほどです。 選挙人投票(Electoral College) 一般投票が終わった次の月には、選挙人による選挙人投票が州ごとに実施され、正式に大統領が選ばれます。 選挙人投票は形式的な意味合いが強く、一般投票の結果が覆ることはありません。 なぜなら、選挙人はあらかじめ誰を支持するかを誓約しているためです。 選挙人はそれぞれが支持する候補者に投票することを前提に選ばれているので結果が覆るようなことはないのです。 1948年から2016年の間に誓約と異なる票を投じた選挙人は16名のみで、大統領選の結果に影響を与えたことはありません。 連邦法では選挙人は誓約に反しても罪にはなりませんが、州によっては誓約違反に対して罰則を設けている場合もあります。 また、誓約に反して投じられた票を無効にする州もあり対応はバラバラです。 大統領就任式 アメリカ大統領選は予備選挙、全国党大会、一般投票、そして選挙人投票を経て大統領を選出します。 大統領選の翌年1月20日にワシントンD. の国会議事堂前で宣誓が行われ、正式に新しい大統領が就任します。 アメリカ大統領選が複雑な理由 アメリカの大統領選が複雑に感じる理由はふたつあります。 ひとつめは「選挙人制度」、そしてふたつめが「勝者総取り方式」です。 選挙人制度(選挙人団) アメリカの大統領選は建国時から続いている選挙人制度を現在でも採用し続けています。 アメリカで選挙人制度が採用された理由は、建国当時のアメリカは物理的に一斉選挙が出来なかった、政治に疎い人がほとんどで専門的なことは博識な人に委ねる方が賢明だった、識字率が低く国民が政策を理解出来なかったことがあります。 つまり、直接投票だと感情的な投票や、偏りが発生して選挙が成立しない可能性があったため、政治をよく分かっている選挙人を介する間接投票になったのです。 そのスタイルが現在でも続いています。 選挙人制度はアメリカ憲法に規定されていることや、共和党と民主党の2大政党制を維持するために両党ともに変更しようとしないことなどから修正は難しいと言われています。 苦肉の策ながら、直接投票のように見える仕組みとして、選挙用紙には大統領候補名と副大統領候補名、政党名だけが書かれているのです。 勝者総取り方式(Winner-take-all) 勝者総取り方式は現代のアメリカ大統領選では曰く付きの制度と言われています。 その理由が、一票でも多く獲得した政党がその州の選挙人をすべて獲得する仕組みにあります。 (メイン州とネブラスカ州を除く) 大袈裟に例えるならば、カリフォルニア州やテキサス州のような選挙人が多い州だけを制して270名に達すれば、残りの大半の州で全敗しても勝利できるのです。 つまり、大多数からは支持されていないにもかかわらず、選挙人を多く獲得しさえすれば勝てる現象が起きてしまいます。 事実、2016年の大統領選でヒラリー・クリントンは一般投票でトランプに255万票差をつけて勝利していますが、選挙人投票でトランプに過半数の270を獲得されたため敗北しました。 トランプ大統領は「負けたのに勝った」ということになります。 このような矛盾が起こる原因が勝者総取り方式なのです。 得票数で勝っているにもかかわらず獲得選挙人で劣ったため敗北してしまうケースの背景には、1804年に制定された憲法修正12条があります。 憲法上、一般投票の得票数は選挙結果に全く影響しないと定められているため、得票数よりも獲得選挙人の方が重要なのです。 アメリカ大統領選ではいかに「選挙人」を獲得するかがポイントということが分かると思います。 実際に、どちらの陣営も選挙人獲得を最大の目標に選挙活動を展開しており、優先する州とそうでない州を区分しているのも事実です。 アメリカでは大統領選の度に、得票数と獲得選挙人の「矛盾」が生じるような仕組みは現代の大統領選にふさわしくないという声が上がっています。 まとめ アメリカの大統領選を理解するには「予備選」「全国党大会」「一般投票」「選挙人投票」の4つの仕組みを理解し、大統領の選出を決定付けるのは「選挙人(選挙人団)」であることを覚えておくと良いでしょう。 また、選挙人制度や勝者総取り方式が選挙結果に矛盾を与えることも覚えておくと選挙結果を理解しやすくなります。 「新型コロナウイルス感染症(covid-19)」に関するその他の記事 本記事は、2020年4月7日時点調査または公開された情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

次の

【アメリカ大統領選挙】仕組み・候補者をわかりやすく解説!

アメリカ 大統領 選挙 仕組み

アメリカ合衆国憲法第2条:大統領と副大統領の任期 [ ] 大統領選挙は第2条の第1節、、及びに規定される。 大統領及びは4年の任期を務める。 選挙の規定 [ ] 選挙権と被選挙権 [ ] 大統領選挙のは アメリカ国籍者 に限り、永住権者には選挙権が無い。 加えて 18歳以上であることと、通常 選挙人登録を行っていることが要件となる。 アメリカは日本のようなが無いため、自動的にに登録されることは無く、選挙人名簿(がこれにあたる)に自己申告で登録しなければ選挙人名簿には登録されず、投票資格が生じない。 なお選挙権が無いにも関わらず選挙人登録をすると刑法犯罪になる。 は 35歳以上であること、 アメリカ合衆国内で生まれたアメリカ合衆国市民(両親がアメリカ国籍であればアメリカ合衆国外で生まれても構わない)であって、 14年以上アメリカ合衆国内に住んでいることが憲法上の要件である。 また、憲法修正第22条により、大統領に3度選出されること、昇格や職務代行により2年以上大統領の職務を行った人物が複数回大統領に選出されることが禁止されている。 この他、多くの州では2大政党(と)以外の立候補に一定数の有権者によるを必要としている。 そのため、2大政党以外の候補者にとって立候補のハードルは高い。 第三勢力の候補者は署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。 の事例では、立候補者は31組いるが、2大政党以外の候補者で全州で立候補できた者はののみである。 第三勢力で全州で立候補できた候補は、の( ())以来20年ぶりである。 これらの候補は過半数のを擁立しており、大統領に当選する可能性があるのは、全州立候補のゲーリー・ジョンソン、ほぼ全国規模のジル・スタインら7名、それに2大政党の候補者(民主党のと共和党の)を含めた10名ということになる。 また、立候補した州でも初めから名簿(リスト)に名前が掲載されている候補と、有権者が任意でによるをする必要がある候補に分けられている場合がある(2大政党候補は必ず名前が掲載される)。 例えばカリフォルニア州では2012年の選挙から、全ての立候補者から選ぶ事が出来るように改正され、2012年の候補者6名全てが名簿に載っている。 アメリカ合衆国の選挙法 では、外国籍の人間(永住権保有者を除く)によるいかなる選挙への関与(選挙関連活動及び寄付)を認めておらず 、これらの行為は違法である。 選挙方法と最終決定 [ ] 「」も参照 通常、の勝利を確実とした大統領候補が、自らとは支持基盤・政策・キャラクターなどが異なる人物を副大統領候補に内定し、党大会において正副大統領候補が正式指名を受ける。 大統領選挙は形式上であり、有権者は一般投票日に、 Electoral College に票を投じる。 選挙人(elector、選挙人団の個々のメンバー)は前もって、本選挙において特定の大統領候補と副大統領候補のペアへ投票することを誓約しており、この候補者ペアを ()(ticket、党公認候補者名簿などとも訳す)と呼ぶ。 選挙人が本選挙で誓約通りの候補者に投票することは、いくつかの州で義務付けられているが、や連邦法レベルでは存在せず、ごくまれに誓約違反がある。 もっとも、実際の投票では大統領候補と副大統領候補の名前のペアとその公認政党の組み合わせの書かれた選択肢に記入して投票すると、その候補ペアへの投票を誓約する選挙人団への票とみなされる投票方式がとられる。 各州には人口に応じた(ただし比例はしていない)選挙人の定数があり、と以外では、他の選挙人団より1票でも多くの票を獲得した選挙人団がすべての選挙人を出すことができる。 つまり実質的には、州の一般投票で最多得票の大統領候補がその州の全ての選挙人を獲得するである。 全州で獲得した選挙人の数を合計し、獲得総数が多い候補者が勝利する。 有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、、、、、 の選挙では、一般投票での次点候補が当選している。 投票日 [ ] 有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、4年ごとに11月の第1月曜日の翌日( - のうち火曜日)に行われる。 その後12月の第2水曜日の次の月曜日( - のうち月曜日)に、各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる。 選挙人による投票は1回のみである。 どの候補者も全選挙人過半数票を獲得できなかった場合、大統領は大統領候補高得票者3名以下の中から下院が、副大統領は副大統領候補高得票者2名から上院が選出する。 下院での投票は通常議決と異なり、選出州ごとに議員団として投票し、各議員団は議員数に関わらず1票を有する。 議会による投票で選出された者として、大統領としては(1825-1829年)、副大統領としては、(1837-1841年)がいる。 大統領選挙人 [ ] 詳細は「」を参照 各州から選出される選挙人の数は、その州の上院との議員数に等しい人数(合計535人)と決められている。 上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。 人口は10年毎に行われるのデータを使用する。 カリフォルニア州から選出される下院議員が最多の53名であることから、選挙人の人数も最も多く55人となる。 など下院議員の選出数の最も少ない州は3人の選挙人を選出することとなる。 首都ワシントンD. は下院1議席だが、最も少ない州と同じ3名の選挙人が選出される。 現在、ほとんどの一般投票有権者はあらかじめ投票先候補者を誓約している代議員団に対して投票する。 そのため事実上、選挙人が投票する候補者は一般投票によって決まる。 しかし、連邦法およびアメリカ合衆国憲法では選挙人が誓約に従って投票するよう義務付けているわけではなく(一部の州では州法によって義務付けている)、選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。 ただし、選挙人が一般投票の結果とは異なった投票を行った例は数の上で極めて少なく、現在の選挙の慣行が形成されて以来、誓約に反した投票が当選者決定に影響を及ぼした例は無い。 また特定候補への投票を誓約しない選挙人団の立候補・被選出も可能だが、1960年を最後に非誓約選挙人が選出された例はない。 なお現在では選挙人は、すべて直接選挙で選ばれているが、選挙人選出は州の権限であるため、連邦法上は必ずしも直接選挙で選出する必要はなく、歴史的には州議会によって選ばれていた例もある。 近年でも一般投票のでの、一般投票結果の確定が選挙人投票日に間に合わない場合に備えてフロリダ州議会が独自に選挙人を決定する構えを見せていた。 また、ほとんどの州では勝者総取り方式を採用しているものの、の時点で、メイン州とネブラスカ州では、上院議員議席分の2名の枠を州全体での最多得票の陣営に与え、残りの下院議員議席分の枠を、下院選挙区ごとに最多得票の陣営に1名ずつ与える。 は勝者総取り方式だが、2004年の選挙と同時に行われる住民投票の結果次第で「比例割当方式」に変更される可能性があった。 しかし住民投票の結果は反対多数だったことから、従前通りの方式にとどまることが決まった。 開票 [ ] 開票は1月6日にでアメリカ合衆国大統領選挙同日に行われた、で当選した議員による上下両院の総合議会であるので選挙人の投票を開票して、正式にアメリカ合衆国大統領の当選・就任が決まる。 注:、ミラード・フィルモア、、、リンドン・ジョンソンおよびジェラルド・フォードは選挙で選ばれなかった大統領(副大統領からの昇格)。 うち、フォードは副大統領選挙を経ていない(副大統領の辞職に伴う就任のため)。 タイラーと両ジョンソンは、現職候補として再選に出馬しなかった。 フィルモアは退任後の出馬(現職としての立候補では無い)。 投票数 [ ] 年 有権者数 注1 投票数 投票率 2008 2億3122万9580 1億3261万8580 56. その数は永住権をもつ者や重犯罪で服役中の囚人といった投票資格のない者をかなりの数含んでいるため、実際の有権者数は多少低くなる。 1994年の永住権所持者はおよそ1300万人、1996年の重犯罪で服役中の囚人は約130万人だった。 さらに、投票資格をもつ者でも、有権者登録手続きを事前に済ませなければ投票権を得られない。 改革の動き [ ] NPVICの法制化の予定がない州 最終的に選挙人の選出方法を規定することができる各州・DCが ()( NPVIC)を結び、全国の一般投票最多得票者に協定を結んだ州の選挙人枠を与えようという動きがある。 NPVICは、これを州法等で法制化した州・DCの選挙人枠合計が過半数270以上となった時点をもって発効する。 発効後は、NPVICを拒み従来通りの方法で選挙人を選出する州があろうとも、一般投票最多得票者が270票以上の選挙人票を得て当選することとなる。 発効条件を満たさない間は、NPVICを法制化した州・DCにおいても従来通りに選挙人が選ばれる。 2017年の段階では、10州とDCがNPVICを法制化し、これらの選挙人枠は総数の約3割に当たる165である。 脚注 [ ] []• 米国籍は、1)米国内での出生、2)親のどちらかもしくは両方が米国籍者(出生地は問わず)、3)帰化 などによる取得があるが、被選挙権と違い選挙権はどの方式で米国籍を取得したかは問わない• About. com• この規定に関して生まれのため現行法では大統領選挙の立候補資格がない元知事が、「合衆国内生まれ」という憲法規定を修正するよう求めている。 うち、名簿登載は24州• うち、名簿登載は12州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は15州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は1州• 20 Prohibition on contributions, donations, expenditures, independent expenditures, and disbursements by foreign nationals 52 U. 30121, 36 U. 510. A foreign national shall not, directly or indirectly, make a contribution or a donation of money or other thing of value, or expressly or impliedly promise to make a contribution or a donation, in connection with any Federal, State, or local election. は一般選挙の勝者として選挙運営者の確認を得た大統領候補を ()と規定し、次期大統領としての活動のためのオフィスやスタッフの給与等を公費で賄うべきことを定めている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の