カラオケ しゃくり とは。 カラオケ、DAMの精密採点「しゃくり」って?

カラオケのこぶし,しゃくり,フォールとは?!出し方のコツまとめ

カラオケ しゃくり とは

カラオケの採点基準にもなっているビブラート・しゃくり・こぶし・フォールの4つのテクニックですが、イマイチどういったものか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回はこの4つのテクニックについて一つずつ説明していきます。 ビブラート カラオケ好きならビブラートを知ってる方も多いでしょう。 ビブラートは音を小刻みに上下に震わせる技術で、声を伸ばす箇所で良くビブラートが使われていますよね。 横隔膜を使うか喉を使うかでビブラートのかけかたが変わり、音量を変化させるビブラートか音程を変化させるビブラートになります。 ビブラートの種類も細かく8つに分ける事ができ、演歌で多用されるビブラートやPOPSで良く使われるビブラートなどがあるそうです。 しゃくり しゃくりとは、ある音程を出す前に低い音程を出してから本来の音程に戻すテクニックです。 低い音から本来の音に移る時にゆっくりと繋げずに、素早く滑らかに繋げるときれいにしゃくりを出す事が出来ます。 しゃくりを入れると音が滑らかに聞こえるので、カラオケで歌った時にプロっぽく聞こえるようになるでしょう。 しかし、意識せずにしゃくりが沢山入ってしまう場合は音程が取れてない事もありますので、きちんと音程が取れるようになってからしゃくりを入れるようにすると良いかもしれません。 こぶし 演歌で良く使われてるのがこぶしですよね。 一瞬だけ音程を上下させる事をこぶしと言います。 例えば「あなた」という歌詞があり、真ん中の「な」に母音の「あ」を2回入れるとこぶしを入れる事が出来ます。 「あなぁぁた」とする事で「ぁぁ」の箇所が瞬間的に上下に動き、これがこぶしとなります。 文字通りこぶしをぐっと握った時に、声に力が入ると意図せずにこぶしを入れる事が出来るようになるかもしれません。 フォール 音を伸ばした時に、最後に本来の音から音程を下げていくのがフォールです。 しゃくりの反対バージョンのテクニックで、ロックやビジュアル系の曲で良く使われています。 フレーズの終わりなどに使うと余韻を持たせる事が出来るでしょう。 フォールで音を下げる際には急激に下げずに滑らかに落としていく事と、最後の音がかすれて聞こえなくならないように音量の加減をする事が重要なポイントとなりそうです。 まとめ 歌を歌う際には音程や声量だけでなく表現力も必要な要素です。 4つのテクニックをマスターする事で表現力に磨きがかかり、カラオケで歌う事がますます楽しくなりそうですよね。

次の

カラオケのしゃくりが多いと下手に聴こえる?【治し方も有り】|ミックスボイスで歌が上手くなるまとめ

カラオケ しゃくり とは

スポンサーリンク 1. 「しゃくり」とは何か? まず、しゃくりとは何なのか? これは、ここ数十年で言われるようになった新しい音楽用語で、 歌のテクニックに付けられた名前です。 この言葉は、日本のポピュラー音楽で言われる用語ですので、いわゆるクラッシックなどの音楽用語ではありません。 日本の音楽業界用語と言っても良いかもしれません。 歌には、必ず「節」と言うものが付いています。 「節」と聞くと演歌や民謡などを連想してしまいますが、節は演歌だけではなく幅広くポップスやラップ、ソウル、レゲエ、Jazz、Rockなど様々なジャンル、ほとんどの歌に付いています。 例えば、みなさんが想像しやすい演歌の「こぶし」なども節のひとつと言えます。 ソウル系のシンガーもよく節を回しますが、例えばスティービー・ワンダーなどは彼特有の解釈でメロディーに節をつけて歌いますよね。 同じく 「しゃくり」もそう言った節のひとつなのです。 節はボーカリストの個性になると言う記事が過去にもありますので、そちらも参考にしてください。 「しゃくり」とは、どんなテクニックか? では、具体的にはどんなものを「しゃくり」というのか?説明します。 「しゃくり」のテクニックを具体的に言うと 音程を下から上にズリ上げる歌唱法です。 音程を下から上にしゃくり上げるので「しゃくり」と言われます。 単純明快ですね。 他の音楽用語では「ポルタメント」「グリッサンド」「ベンドアップ」、ギターの奏法では「スライド奏法」「チョーキング」と言うのがありますが、それとよく似ています。 【しゃくり」のない歌】と【しゃくりを入れた歌】の聴き比べ では、ここで童謡「故郷(ふるさと)」を使って実際にしゃくりがどういうものか?音源を聴いてみましょう。 A「しゃくり」のないストレートな歌 「故郷」 では、シャクリ部分をどの様に歌っているのか?譜面上に歌っている音程ラインを入れて詳しく見てみましょう。 しゃくりのないAの音程ライン まず、グリーンがAの音程ラインです。 ストレートに、 音符の位置通りに音程が上下していますね。 しゃくりを入れたBの音程ライン 赤で示したのが、シャクリを入れたBの音程ラインです。 パッと見、何処が違うのかあまりわかりませんが、例えば最初の音の出だし部分など、Aのラインとは違っていますね。 AとBの音程ラインを比べてみる では、2つを重ねてみましょう。 丸く囲った部分がシャクリ部分です。 どうでしょうか?Bの赤い音程のラインは、音符の位置より 少しズレて上に上がっているのが分かると思います。 本来のメロディより 少し遅れて音を下からしゃくり上げています。 コレが 「しゃくり」の正体なのです。 しゃくりはボーカリストの個性になる 歌に「しゃくり」を入れると 歌に表情が出てきます。 歌の表情は、その人それぞれの表現の幅であり、 個性です。 「しゃくり」を上手に取り入れる事で、 同じ歌でも聴こえ方が全く変わってきます。 このように、歌には節と言うものがあり、その中でも「しゃくり」はとてもよく使われるテクニックです。 ポップスソングの中には、必ずといって良いほど入っているテクニックですので、皆さんも知らず知らずのうちに聴いているハズです。 【しゃくり】の様々なテクニック・具体的な歌唱法を知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。 アナタが歌う時にも、自然にしゃくりが入っていることも多いと思います。 でも、、それが「しゃくり」だと言う事に気づいている人は少ないのです。 当校でもこのレクチャーを聞いて、目からウロコが落ちる生徒が大勢おります。 知ってそうで意外と知らない節の知識なんですね。 さて、「しゃくり」が何か理解できたら、自分のお気に入り曲にしゃくりを探してみてください。 どんな場所に入っているのか、よくよく聞いて研究してみてくださいね。 必ず、アナタの実になります。 次回も「しゃくり」の秘密(しゃくりを使った歌の表情の付け方や注意点など)について、さらに深く踏み込んで書いてみたいと思います。 どうぞお楽しみに。

次の

こぶし、しゃくり、ビブラート?

カラオケ しゃくり とは

ワンポイント! 『しゃくる』という言葉には「すくうようにして上げる」という意味があります。 しゃくりの出し方のコツ しゃくりの出し方のコツは、音の階段をイメージして歌うこと。 段差が大きいところに、 間の段を作って上がりやすくしてあげるような感じです。 ただし、なんでもかんでもしゃくりを入れればいいというわけではありません。 しゃくりを入れたい音とその前の音がつながっていて、その前の音の方が低い時に使うのが有効です。 音を途切れさせずに、滑らかにつないでいくように意識して歌いましょう。 カラオケ採点の『こぶし』について こぶしの意味とは? カラオケの『こぶし』とは、音を細かく動かす装飾音的な節回しのテクニックです。 具体的には、 歌の中で一瞬だけ音を上げたり下げたりしていきます。 例えば、「ソ」の音で続く部分があるとしたら、その中で一瞬「ラ」に上がって「ファ」に下がって、また「ソ」に戻るように歌っていきます。 こぶしの出し方のコツ こぶしの出し方のコツとしては、 音を伸ばす部分に母音を入れて歌うことです。 「だ~か~~ら~」という歌詞なら「だ~か~ああ~ら~」のような感じですね。 こぶしを入れる部分を強めるイメージで歌うと、声の強さの変化に引っ張られる形で音の高さも変えやすくなるでしょう。 『フォール・しゃくり・こぶし』が多いと加点されるの? 『フォール・しゃくり・こぶし』の3つは採点項目にはなっていますが、 点数の配分は、実はそれほど高くはありません。 極端な話、仮に一度も出さなかったとしても、高得点を出すことは可能です。 もちろん、その基準はカラオケの機種や歌う曲によって異なる場合もあります。 しかし、『フォール・しゃくり・こぶし』は、音程をズラすテクニックです。 その点に関しては、これまでの解説でご理解いただけたかと思います。 ですから、あまり使い過ぎると不安定な歌い方になってしまい、聴いている側には「単に音痴な歌い方」に思われてしまうこともあるわけです。 だからこそ、カラオケ採点の配分でも、あまり大きな加点にはなっていないのでしょう。 ある程度の回数は加点されても、多く入れ過ぎると音程を外し続けていると判断されたり、逆に減点されたりすることもあります。 つまり、『フォール・しゃくり・こぶし』の3つは、 採点を伸ばすためのテクニックではないということです。 曲のアクセント程度に取り入れれば、少し加点されるかもしれないぐらいに考えておきましょう。 まとめ 今回は、カラオケ採点の『フォール・しゃくり・こぶし』の意味やコツについて解説してきました。 フォールのコツ:各小節の終わりで正しい音程を出して、音程をコントロールしながら下げる• しゃくりのコツ:少し低めから入って、滑らかにつないでいくようにする• こぶしのコツ:音を伸ばす部分に母音を入れて、瞬間的に音を上下させる• 『フォール・しゃくり・こぶし』の配点は高くないため、あまり多用しないこと もし使うなら、その曲を歌っている歌手本人が入れている部分で、マネをするようなイメージでやってみるのがオススメです。 採点項目としては重要ではありませんが、要所要所で使っていけば、きっと聴いている側には「おっ!」と思わせられるようになるでしょう。 ちなみに、カラオケで高得点を出すにはロングトーンとビブラートで加点するのがコツです。 高得点を出したいなら、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

次の