コーヒー 豆 期限。 コーヒー豆の賞味期限ってどれくらい?|珈琲特急便

コーヒー豆、真空パックのやり方と焙煎後の賞味期限について

コーヒー 豆 期限

Contents• 基本:コーヒー豆 = 「生鮮食品」 皆さんがよく見かけるコーヒー豆は、赤い色をしたコーヒーチェリーを焙煎(乾煎り)したもので、 一般的にその香り高さを楽しめるようになるのは焙煎直後よりも2~4日後からだといわれています。 実は焙煎直後はまだ香りがそこまで出ていないのですが、数日経つ中で、豆本来のもつ香りやコクなどが熟成されることがタイムラグの要因です。 ところが、焙煎後はコーヒー豆内部に含まれている油分が空気に触れることで酸化を始めるため、徐々に風味や香りが落ちるとともに酸味や苦みが出てくるといいます。 酸化の進んだコーヒーを飲むと、「酸味がキツイ」「後味がいつまでも残る」「苦みが強く感じる」「(飲んだ後)胃もたれ感を感じる」などとよく表現されますが、そうなってしまったらもう飲み頃が過ぎてしまった(=賞味期限は過ぎてしまった)と考えた方がいいでしょう。 このような点から、 コーヒー豆は生ものや乳製品同様に「生鮮食品」として考えた方がいいのです。 【プチ知識】消費期限と賞味期限のちがい 日本ではコーヒーに限らずあらゆる食品に対し、「消費期限」か「賞味期限」のいずれかを記載することになっています。 消費期限 …期限を過ぎたら食べない(飲まない)方がいいという目安• 賞味期限 …おいしく食べる(飲める)ことができる期限 そのためコーヒー豆製造メーカーでもさまざまなコーヒー豆製品を販売していますが、「消費期限」であったり「賞味期限」であったりするので、購入前にはしっかりと確認してみましょう。 とはいえ、 コーヒー豆は一度開封され、空気に触れる機会が増えれば増える程、酸化が進むものなので、できれば賞味期限前には飲み切ってしまうのがいい ものでもあります。 さらにいえば、市販のコーヒー豆はいつ焙煎されたものかを把握することはできないというデメリットも。 やはり、コーヒー本来の香りを本格的に楽しみたい人は、コーヒー豆を専門に取り扱うお店で、新鮮なものを買う方がおいしいものを飲めるでしょう。 焙煎したて・挽きたてのコーヒー粉はいつまでに飲み切る? コーヒーをおいしく飲める賞味期限は約2~3週間です。 これ以上保存しておいても、前述したような味の劣化が目立つようになり、おいしく味わうことが難しくなってしまいます。 そこでコーヒー豆の専門店などで お気に入りの産地の豆を買う場合は、 挽いたその日から約2~3週間以内に飲み切れる分量が購入量の目安です。 「家族みんながコーヒーを飲む」という目的で買う人の量と、一人暮らしで時々コーヒーを飲む人の買う量はおのずと異なってくるので、ここは自分なりに「このグラムなら早めに飲み切れるかな」と思う量を買いましょう。 もしわからない場合は、お店の人に聞いてみることをおすすめします。 買った後の保存にも注意 コーヒー豆は少しの要因で劣化してしまいます。 とくに 温度、湿気、酸素、光に弱いため、自宅で保管する際には保存方法や容器にも気をつけた方がいいものです。 賞味期限を意識した上に、置き場所や保存方法にも気をつけないと、せっかくの風味や香り、コクなどが失われてしまうのでぜひご注意ください。 大量の豆を購入してしまった場合は、冷蔵庫や冷凍庫で保存するのもありです。 正しい方法で保存するなら、保存期間は1ヶ月〜3ヶ月ほどに伸びるので活用しましょう。 まとめ 今回は、コーヒー豆の基本は、 「鮮度の高い焙煎後のコーヒー豆」を「購入後2~3週間以内に飲み切る」のがベストであることをお伝えさせていただきました。 コーヒー豆を購入する時の参考になれば嬉しいです。 日々使うコーヒー豆の分量を計画的に購入して、いつでも飲み頃のおいしいコーヒーを楽しんでくださいね。 良い記事だと思ったらシェアをお願いします。

次の

コーヒー豆・粉の賞味期限

コーヒー 豆 期限

コーヒー豆の賞味期限は、焙煎度や焙煎方法によっても変わるため、一概にこの期間と明言できません。 ですが、ほとんどの場合、約1ヶ月から1年の間であると考えて良いでしょう。 袋などに賞味期限の記載がある場合は、ギリギリまで置いておかずに記載されている日付よりも早く飲むことが望ましいです。 もし記載がない場合は、購入してから1ヶ月以内に飲み切るようにすると味の劣化を感じにくいでしょう。 覚えておきたいのは、コーヒーは焙煎直後から状態が変化していくということ。 これは、どのコーヒー豆にも共通して言えることです。 そのため、未開封だからと長期間放置せず、飲み切れる量を定期的に小まめに買う方が、新鮮で美味しいコーヒーを楽しめるでしょう。 冷蔵庫や冷凍庫で保存すると長持ちすると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 基本的に、1週間程度で飲み切るのであればコーヒー豆は常温保存をしても全く問題はありません。 飲み切るのにそれ以上かかりそうな場合は、冷凍保存をすると良いでしょう。 ただし、冷凍保存をする際にも注意点があります。 冷凍庫内の臭い移りや湿気の影響を受けてしまう恐れがあるので、保存する際はしっかりと密閉できる容器に入れるようにしましょう。 また、再度使用する場合にも注意点があります。 冷凍庫から出してすぐに開封してしまうと湿気が吸着しやすいだけではなく、冷たいままでコーヒー豆を使用すると、抽出温度が下がってしまいます。 そのため、冷凍庫から出したコーヒー豆を使用する際は、時間を置いて常温に戻してから開封するようにしましょう。 コーヒー豆を保存する容器にも注目してみましょう。 瓶やプラスチック容器は、密閉性の高さが特徴的。 ただし遮光性はないため、保存は紫外線が当たらない場所にしましょう。 コーヒーを取り扱うお店でも使用されることが多いアルミ製のチャック付きバッグは、密閉性にも遮光性にも優れています。 ただし、薄いものは引っ掛けて破れたり穴が開いたりしまう恐れがあるので、取り扱いには注意が必要です。 缶の容器は遮光性には優れているのですが温度変化や湿気の影響を受けやすい傾向にあります。 長めに保存する際には、避けた方が無難と言えるでしょう。 ご家庭にあることも多いチャック付きの透明バッグは、透明であるため遮光性はありません。 ですが、中の状態が見えるため冷凍保存には適しています。 容器それぞれに特徴があるので、保存期間やコーヒー豆の量に合わせて最適なものを選んでみてくださいね。

次の

コーヒー生豆の保存方法と保存期間について

コーヒー 豆 期限

スポンサーリンク ペットボトル入りの コーヒーであっても、 開封済みのものは、 当然ながら腐ってしまいますよ! 基本的にペットボトル入りの コーヒーには、 賞味期限が 記載されていることが多いのですが、 開封したら、賞味期限に限らず、 早めに飲むようにしましょう。 では、コーヒーは腐ると、 どうなってしまうんでしょうか? 腐ったコーヒーは、 ズバリ、香りがいつもとかなり違ってきます。 特にコーヒー特有の 香ばしさがなくなり、 変なにおいがしたら、 それは腐ってしまっている、 と判断してしまっていいでしょう。 また、一口飲んだ時に、 刺激のある味がしたら、 完全にコーヒーが 腐ってしまっているので、 すぐに吐き出してもうそれ以上は、 そのコーヒーを飲まないように してくださいね。 そのまま飲んでしまうと お腹を壊してしまうことになりますよ! つまりコーヒーが 腐っているかどうかは、 臭いや味で判断すると良いんですね。 見た目だけだと、 まず腐っているか どうか分からないので、 臭いをよく嗅いで 確かめてみるといいでしょう。 でもせっかくのコーヒーを、 賞味期限切れにしたくないですよね。 そのためにも、 開封済みのペットボトルのコーヒーは、 なるべくその日中に飲むようにするか、 2~3日のうちに 飲み切ってしまうのが良いでしょう。 また、常温で保存するのではなく、 必ず冷蔵庫に入れて、 保存をしておくのが大事ですよ。 特に、直接ペットボトルに 口を付けて飲んだ場合は、 雑菌が繁殖しやすく なってしまっています。 そのため、 くれぐれも直接口を付けて飲んだ ペットボトルのコーヒーは、 常温で放置しないように 注意しておいてくださいね! コーヒー豆や粉も腐る?消費期限は?どのくらいで腐る?腐るとどうなる?見分け方は? 意外と知られていませんが、 実はコーヒー豆や、 コーヒーの粉も腐ることがあります。 腐ってしまった豆や粉の 見分け方としては、 カビが生えてしまっていることですね。 つまり湿気の多い場所で 保管をしていたりすると、 コーヒーの豆や粉にカビが生えてしまい、 もう飲めなくなってしまうので、 くれぐれも注意してくださいね。 特に、開封済みのコーヒー豆やコーヒー粉は、 保存中にカビが生えてくるかどうかなど、 保管の仕方が重要になってくるんですね。 もちろん、 コーヒー豆やコーヒー粉も、 賞味期限などが記載されているのですが、 開封したら賞味期限などに関わらず、 早めに淹れて飲むようにしましょう。 コーヒー豆やコーヒー粉は、 消費期限が3ヶ月くらいと かなり長持ちするんですが、 開封して空気に触れてしまうと、 酸化し始めて、 どんどん風味が 落ちていってしまうんですよね。 そのためやっぱり開封後は 早めに淹れて飲むのがベスト! たとえ豆や粉に カビが生えていなかったとしても、 淹れてみて風味が薄かったり 酸味が強いようでしたら、 もうそのコーヒーは 飲まないようにすると良いでしょう。 ちなみにコーヒー豆やコーヒー粉の 正しい保管方法としては、 必ず密封できる容器に入れておくことが おすすめです。 要するに、 極力は空気に触れさせて しまうことが無いよう、 保管をするのが一番なので、 しっかりと密封出来る容器や、 フリーザーバッグなどに入れて、 コーヒーを保管していきましょう! やっぱりコーヒーの保存で重要なのは、 空気に触れさせないことだったんですね! 筆者もコーヒーを購入したら、 なるべく空気に触れさせないように、 しっかり密封して保存していこうと思います! 「コーヒーは腐る?ペットボトルは?コーヒー豆や粉も腐る?消費期限は?」のまとめ コーヒーは腐ると 臭いがおかしくなったり、 刺激のある強い酸味が するようになります。 また、コーヒー豆や粉は、 腐るとカビが生えてしまうため、 保存の仕方には十分注意しましょう。 そして、開封すると、 豆や粉はどんどん風味が落ちていくので、 空気になるべく触れないようにして、 早めに淹れて飲むようにしていくと良いですよ!.

次の