ラン ケーブル コネクタ。 フラットLANケーブルが断線したので修理してみた【素人が自作】

【LANケーブル】STPケーブルの作り方を知りたい/作成方法は?

ラン ケーブル コネクタ

評価 0. 0 屈曲試験(摺動試験)1,000万回を実現!CClink IE対応シールド付きCAT5eギガビットイーサネットケーブル(1000BASE-T)です。 フリー長で、最短0. 2m~最長45mまで、0. 1mごとに長さを指定可能。 2重シールド構造でFA環境でのノイズ対策に貢献します。 取り回しの容易なより線タイプのため、可動部の配線に最適です。 プラグにはツメ折れ防止プラグを採用し、さらにカバーで保護した安心設計です。 ロボット• 耐屈曲• EMI対策• 耐捻回• CAT5e• PoE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T 評価 4. 0 CClink IE対応フリー長シールド付きCAT5eギガビットイーサネットケーブル(1000BASE-T)です。 最短0. 2m~最長100mまで、0. 1mごとに長さを指定可能。 長距離伝送用の単線・取り回しの容易なより線に加えて、ケーブル外被素材、堅牢コネクタ等、幅広いニーズに対応可能なラインナップとなっています。 プラグにはツメ折れ防止プラグを採用し、さらにカバーで保護した安心設計です。 「FNCE-C5EH-PP-OR-長さ」は、一部の長さで在庫しており、最短当日出荷可能です。 数量スライド割引• EMI対策• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• CC-LinkIE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T 評価 0. 0 ロボットケーブルに定評のある、大電製 ケーブルを採用。 また、遮蔽テープ+編組遮蔽の2重シールド構造によりノイズを低減。 2~20mまで、0. 1m毎に指定可能で、ブーツ色も10色をご用意。 プラグにはツメ折れ防止プラグを採用、ツメ部にもカバーがある安心設計。 全品FLUKEチャネルリンク試験合格品。 ロボット• 耐屈曲• EMI対策• 耐捻回• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• CC-LinkIE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 おすすめ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 おすすめ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 値下げ メーカー ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ ミスミ シリーズ名 通常価格 税別 - 435円~ 数量別スライド値引 - 237円~ - - - 174円~ - - 531円~ 数量別スライド値引 3,250円~ 771円~ 375円~ 数量別スライド値引 - - 414円~ - 302円~ 数量別スライド値引 - - 3,290円~ 759円~ 数量別スライド値引 - - - 147円~ 数量別スライド値引 202円~ 数量別スライド値引 - - 453円~ 数量別スライド値引 1,580円~ 数量別スライド値引 4,275円~ 数量別スライド値引 2,190円~ 数量別スライド値引 - - 258円~ 数量別スライド値引 1,866円~ 数量別スライド値引 3,643円~ 数量別スライド値引 2,742円~ 2,336円~ 数量別スライド値引 1,347円~ 数量別スライド値引 通常出荷日 2日目 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 2日目 当日出荷可能 2日目 在庫品1日目 当日出荷可能 2日目~ 2日目 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 3日目 お見積り 在庫品1日目 当日出荷可能 3日目~ 在庫品1日目 当日出荷可能 2日目 3日目 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 2日目 3日目 2日目 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 2日目 当日出荷可能 2日目 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 2日目 お見積り 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 規格・仕様一覧• ロボット• 耐屈曲• EMI対策• 耐捻回• CAT5e• PoE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• PoE• 1重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• アングル• CAT5• CAT5e• PoE• 1重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• PoE• 1重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• EMI対策• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• CC-LinkIE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• PoE• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• PoE• 1重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• PoE• ツイストペア• 1000BASE-T• ロボット• 耐屈曲• EMI対策• 耐捻回• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• EMI対策• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• CAT6• 1重シールド• ツイストペア• 1000BASE-TX• EMI対策• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• CAT6• PoE• CAT6A• 10GBASE-T• 1重シールド• ツイストペア• CAT5• CAT5e• PoE• ツイストペア• 1000BASE-T• アングル• ロボット• 耐屈曲• EMI対策• 耐捻回• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• CC-LinkIE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• CAT6• PoE• CAT6A• 10GBASE-T• 1重シールド• ツイストペア• CAT5• CAT5e• CAT6• PoE• CAT6A• 10GBASE-T• ツイストペア• CAT5e• CAT6• PoE• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• CAT6• ツイストペア• 1000BASE-TX• EMI対策• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• 1重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• EtherCAT• PROFINET• 2重シールド• EMC• CAT5e• CAT6A• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5• CAT5e• PoE• ツイストペア• 1000BASE-T• EMI対策• CAT5• CAT5e• EtherCAT• PoE• 2重シールド• ツイストペア• 1000BASE-T• EMI対策• CAT5• EtherCAT• PoE• PROFINET• 2重シールド• ツイストペア• 屋外配線• CAT5e• 1000BASE-T• CAT5e• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT5e• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT6• ツイストペア• JIS• 耐薬品• ハロゲンフリー• CAT5e• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT6• ツイストペア• CAT5e• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT6• ツイストペア• CAT5e• ツイストペア• 1000BASE-T• JIS• ハロゲンフリー• CAT6• ツイストペア• CAT5e• PoE• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT6• ツイストペア• CAT5e• ツイストペア• 1000BASE-T• CAT6• ツイストペア• CAT6• ツイストペア• CAT6• ツイストペア• CAT5e• ツイストペア• 2 ~ 45 1 ~ 15 0. 1 ~ 100 1 ~ 15 0. 2 ~ 100 0. 1 ~ 100 0. 2 ~ 100 1 ~ 15 1 ~ 20 0. 2 ~ 100 1 ~ 15 1 ~ 10 1 ~ 10 1 ~ 15 0. 2 ~ 20 0. 2 ~ 100 1 ~ 10 0. 2 ~ 20 1 ~ 10 0. 5 ~ 100 0. 2 ~ 100 0. 5 ~ 3 1 ~ 15 0. 3 ~ 50 0. 3 ~ 100 15 ~ 100 1 ~ 15 1 ~ 15 1 ~ 100 0. 5 ~ 100 1 ~ 15 20 ~ 30 20 ~ 30 20 ~ 30 0. 5 ~ 100 0. 12sq AWG30(0. 05sq AWG24(0. 20sq AWG26(0. 12sq AWG24(0. 12sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG26(0. 12sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG28(0. 08sq AWG28(0. 08sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG22(0. 32sq AWG24(0. 12sq AWG24(0. 20sq AWG26(0. 12sq AWG22(0. 32sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG26(0. 12sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG26(0. 12sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG28(0. 08sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq AWG24(0. 20sq ケーブル外径 mm 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 5. 0~5. 0~6. 9 5. 0~5. 9 7. 0~7. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 7. 0~7. 9 3. 0~3. 9 3. 0~3. 9 6. 0~6. 9 7. 0~7. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 8. 0~8. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 6. 0~6. 9 3. 0~3. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 7. 0~7. 9 6. 0~6. 9 5. 0~5. 9 5. 0~5. 9 外径 詳細 mm 6. 5 5. 4 6 5. 6 5. 7 ~ 6. 8 5. 2 ~ 5. 5 7. 2 5. 6 6. 9 6. 5 6. 5 6. 5 6. 2 5. 6 6. 8 7. 2 3. 8 3. 8 6. 2 7 6. 1 6. 5 ~ 6. 8 5. 57 6 6. 5 8. 5 5. 6 6 6. 5 5. 5 6. 5 5. 2 6. 5 5. 6 6. 5 3. 8 6. 2 5. 6 7 6. 5 5 5. 2 PoE(給電) 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 - 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応.

次の

LANケーブルは延長コネクタ(アダプター)やスイッチングハブで延長可能!

ラン ケーブル コネクタ

パソコンの不具合が出たときの修正も、今やほとんどがインターネット経由でおこなわれる時代。 無線LAN(Wi-Fi)の性能も向上してきましたが、高速通信はやはりLANケーブルを使う方が安定する傾向にあります。 また鉄筋の入った建物など、無線LANの電波が届きにくいところも多いのが実情です。 一方無線化が進んだのは屋内のネットワークだけではありません。 そのひとつが電話。 近くの電柱から線を引き込む「固定電話」は携帯電話の普及に伴い、設置を控える家庭も多くなってきています。 この固定電話につなぐ「電話線」と「LANケーブル」よく見ると似ていると思いませんか?似たようなものだから代わりに使えないか、とつないでみた方もいるでしょう。 しかしこの2つのケーブルは似ているようでいて、中身は大きく異なっているのです。 今回は電話線とLANケーブルの違いについて、その中身の違いとともに解説していきます。 電話線とLANケーブルは何が違うの? ケーブルの両側にはブラスチック製の部品(コネクタ)とつめが取り付けられており、凸型をした四角い差込口に「カチッ」と差し込む。 そのつなぎ方こそ電話線とLANケーブルは似ていますが、そのケーブルの中身は大きく異なります。 しかし扱うデータの量には大きな違いがあり、必要な線の数も異なっているのです。 このうち 電話では2線もしくは4線、LAN(Local Area Nerwork)では8線を使用しています。 電気信号を送るため、基本的に偶数本数のペアです。 また簡単には外れないよう上部につめが取り付けられ、つめを押さえないと抜けないように工夫されています。 このうち電話線に使われているコネクタは 「RJ-11」というタイプ。 6つの配線を接続できるよう端子が取り付けられています。 一方LANケーブルでは8つの配線をおこなわなければならないぶん、コネクタにも少し大きめの 「RJ-45」と呼ばれるタイプを使用します。 このように電話線とLANケーブルには大きな違いが2つあるため、基本的に代用することはできません。 電話線には3つの種類がある ちなみに電話線にも3つの種類があります。 それは先ほど取り上げた「配線数」の違いです。 6極2芯 電話線の配線のうち中央2本のみを使うもので、一般家庭にも多く普及しています。 電源供給の線も兼ねており、簡易的な電話機なら電源をつながなくても問題ありません。 6極4芯 配線を4本に増やしたものです。 大規模なオフィスの場合受付係が別に設けられていたり、異なる部署間の連絡で「内線」を使いたい場合も出てきます。 こうした用途に対応するために線を増やしているのです。 ただし近年では6極2芯でも内線使用などに対応した電話機が増えてきています。 6極6芯 6つの端子すべてに対応する配線がおこなわれているタイプです。 玄関のインターホンはカメラ付が普及したこともあり専用の親機で対応するタイプが増えてきていますが、電話機を親機代わりに使うものもいまだ少なくありません。 こうした用途では6極6芯のケーブルが使われることもあるのです。 LANケーブルにもさまざまな種類がある 一方電話線だけでなくLANケーブルにもさまざまな種類があり、それぞれ異なる性格を持っています。 コードの太さ・構造による分類 8線のケーブルが内部に組み込まれているぶん、本来のLANケーブルは太くなりがちです。 しかし太いケーブルは取り扱いが難しいことも多いため、今では主に4種類の太さが市販されています。 【ツイストペア】 対応する線同士をねじり合わせ、ノイズの影響を小さくするケーブルです。 線自体は太いものの信号が弱くなりにくく、長い距離の配線などに適しています。 【STP】 ノイズの影響を抑えるため、配線の外側に「シールド」と呼ばれる金属を巻いたケーブルです。 さらにノイズに対応すべく、対応する配線2線の外側にもシールドを設ける「ペアシールド」なども。 【フラット】 内部の線を横に並べることで太さを抑えたケーブルです。 ノイズの影響は受けやすくなるものの、ドアのすき間など宅内配線に余裕が生まれます。 またケーブルを収納しやすくなり、持ち運びにも便利です。 【極細】 さらに線の太さを抑え、柔軟な配線に対応したケーブルです。 ただしノイズには弱くなるため、一時的な使用などに使われる場面も多いでしょう、 結線による分類 LANケーブルは線の両端を単純につないだもののほかに、対応する結線を入れ替えているタイプがあります。 【ストレートケーブル】 両端を同じ端子に配線しているタイプのケーブルで、現在市販されているのはほとんどがこのタイプです。 【クロスケーブル】 片方の端子の配線を入れ替えているタイプのケーブルです。 パソコン同士を直接つなぐとき、LANケーブルを分岐させる「ハブ」「ルーター」同士の接続などに利用されてきました。 しかし現在では機器の進化もあり、特別にケーブルを入れ替えなくても問題なく配線できるようになっています。 通信速度規格による分類 見た目ではわかりにくい違いとして、対応する通信速度の違いがあります。 これは「カテゴリー」(CAT)として分けられており、ケーブルに印字されていることが多いです。 なお、現在新規に配線する際は6~7Aまでのケーブルを使用することが多くなっています。 ちなみに電話線は下の表に示すカテゴリーで「カテゴリー1」として定義されています。 なおこの規格についてはケーブルだけでなくパソコンやネットワーク機器も対応させる必要があります(上位互換性あり=上位規格の機器で下位規格のケーブル使用可能、ただし速度は低下)。 そのためケーブル総費用とネットワークに求める速度のバランスを考えて選択しましょう。 (番外編)同軸LANケーブル テレビのアンテナ線のように、内部の配線が1本のみのケーブルを「同軸ケーブル」と呼びます。 過去にはこの同軸ケーブルがLANにも使われており、このケーブルに「タップ」と呼ばれる機器などを取り付け、枝分かれさせる形でネットタークを作っていました。 今ではほとんど見られなくなりましたが、昔からのネットワーク配線では残っているところもあるかもしれません。 なお現在では電気の配線(電力線、PLC通信)だけでなく、テレビのアンテナ線の空き帯域を利用したネットワーク機器も登場しています。 ある意味「同軸ケーブル」でLANネットワークを形成しているといえるかもしれません。 電話線・LANケーブル間の代用はできるの? 電話線とLANケーブルは見た目こそ似ているものの、内部の配線などの違いから通常は別のケーブルとして扱われます。 しかし「ケーブル内を電気信号が通る」のは同じ。 ということで変換のための専用コネクタが市販されており、電話線の一部を置き換えることは可能です。 使用中のLANに混ぜることはできない ただしネットワークを構成しているLANケーブル内に電話線の信号を混ぜると故障の原因となってしまいます。 そのため代用する際は専用のケーブルを用意し、ほかのLANケーブルとは区別できるようにしておきましょう。 LANケーブルはさまざまな色が市販されているため、接続するケーブルの色に規則性を作っておくとわかりやすくなるでしょう。 建物内の配線はLANケーブルでおこないたい理由 固定電話が普及した1980年代と比べると家庭にはより多くの電化製品が普及するようになりました。 しかし電化製品はときにノイズを生み出す要因。 ノイズ対策が考慮されていない電話線では電化製品の影響を受け、通話の品質に悪影響を与えるおそれも高いといえるでしょう。 しかしLANケーブルは通信速度の向上を図るため、ノイズ対策も強化されてきたという歴史があります。 たとえばカテゴリー6のLANケーブルは通信線間の干渉を防ぐため、ケーブル内部に仕切りが付けられているのです。 加えてケーブル外側のシールドが設けられているケーブルなど、外部からのノイズを防ぐ仕組みも導入されています。 インターネット環境向上とともに電話線を置き換える手も 現在では家庭用のインターネットでも光回線を使った1Gbps契約が主流となってきています。 また地域によっては10Gbpsなどの速度に対応しているプロバイダもあり、快適な動画視聴のため切り替えた方も多いかもしれません。 しかしインターネット契約で速さを実現しても、家庭内で配線されているLANケーブルが古い規格だと十分な速度を得られないのです。 そのためインターネットの契約を変更するときには家庭内の通信ネットワークの見直しも必要不可欠。 LANケーブルの入れ替えも必要になることも多いでしょう。 この入れ替えで余ってしまったLANケーブル、配線はそのままに電話線に転用するのはどうでしょうか。 とくに光回線ではIP電話契約を同時にすることも多く、電話線につなぐモデム部分がルータと一緒になっていることが少なくありません。 一方これまでの電話線引き込み口が異なる位置にある場合、そこまで電話線を配線するのは大変です。 このときの置き換えで余ってしまったLANケーブルを電話線に転用すれば、費用を節約しつつお手軽にノイズ対策をすることができます。 「ついでに変える」という意識を持っておくとよいかもしれませんね。 まとめ 電話線とLANケーブルは同じ「電気信号が通る線」であるものの、その構造は大きく異なります。 また両端のコネクタの大きさもひと回り違うため、代用したい場合は変換コネクタを利用しましょう。 その場合でも既存のネットワークに使っているものではなく、専用のLANケーブルを引きたいところです。 LANケーブルは高速化に伴い技術開発が進んでいる分野であり、長距離配線で問題になりがちなノイズ対策も進められています。 むしろ電話線の代わりにLANケーブルを使って、通話の品質を安定させることを考えて見てもよいでしょう。 LAN配線工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2019年6月28日に加筆・修正しています).

次の

LAN

ラン ケーブル コネクタ

LANケーブルの選び方 早い話が カテゴリ6A UTPを買いましょう。 各カテゴリの規格を表にしました、帯域とかそういうのは一般人が気にしても意味がないので省略。 カテゴリ5はやめよう そもそも売ってないと思いますが、カテゴリ5のケーブルは規格上100Mbpsまでなので買わないようにしましょう。 5e以上が安く手に入る今の時代にわざわざ買う必要はありません。 むしろ家の中に余ってるなら混在防止のために捨てて良いレベル。 1Gbpsなら5eでも十分 1Gbpsまでであれば カテゴリ5eのケーブルでも問題ありません。 「帯域に余裕があるからカテゴリ6以上がおすすめ」という意見もあったりしますが、2. 5倍の帯域があるからって1Gbpsが2. 5Gbpsになったりする訳じゃない。 それどころか、2. 5GBASE-Tも5eで行けたりします 1Gbpsまでしか対応していない機器からはどう頑張っても1Gbpsまでしか出ないんです。 なので5eでなんら問題ありません。 5eのケーブルは 長距離だとかなり安いので、コストを重視するなら5eで構いません。 例えば同じ15mなら、2019-11-03の時点で5eが530円、6が1267円と倍以上の値段差があります。 Wi-Fiで飛ばすくらいなら5eを長距離用意して有線接続する方が安定します。 1階から2階まで引っ張っても1000円未満で済むでしょう。 6は安ければ選ぼう 確かに6に比べると5eは安いのですが、距離が短いと価格差が小さくなるので、5eと6で 価格差が小さければ6を選ぶ方が良いです。 逆に言えば価格差が大きいなら無理に6を買う必要はないです。 5eと比べると6ケーブルは十字介在とかのノイズ対策が入っているので、5eよりはノイズに強いです。 ただ、それを言い始めると6と6Aの価格差も大したことないので6Aの方が良くなってくる。 最近だとむしろ6Aの方が安い事もあったりする、5eと6Aの値段に挟まれるとぶっちゃけ選択肢としては微妙です。 おすすめは6A、ただしSTPに注意 規格上の問題がないケーブルで一番性能が高いのはカテゴリ6Aです。 ただし6AはSTPでも規格上OKなので気を付けましょう。 STPは一般家庭では使わない方が良いです、 6A UTPを買いましょう。 カテゴリ6Aであれば 10Gbpsまで出せます。 7以上のケーブルにある各種問題点もありません。 家庭用のLANケーブルとして最適です。 今はまだ1Gbpsが主流ですがNASとかを中心に10Gbpsが少しずつ増えてきているので、今から新規に購入するなら6A UTPを買いましょう。 市販のカテゴリ7は偽物 ここからが俺の言いたかったこと。 「カテゴリ7」を主張するケーブルが市販されていますが、 絶対に買ってはいけません。 ところが市販のカテゴリ7ケーブルはほぼ全てがRJ-45です。 RJ-45のカテゴリ7なんて規格は存在しません、要するに 規格不適合品です。 じゃあGG45なら良いのか?って、そんなことはありません。 カテゴリ7はSTPケーブルのみが認められています。 そして市販されているケーブルはすべてSTPケーブルです。 後述しますが、STPケーブルは一般家庭で使うような代物ではありません。 使えるようにするための準備が大変です。 適切に使用しないと害悪ですらあります。 カテゴリ7とか銘打ってますが、アレは実質的にカテゴリ6A STPケーブルみたいなものです。 JEITAのPDFに書かれてあることを引用します。 Q3: RJ45プラグ付の「Cat. 7」と表記されたパッチコードが販売されておりますが、これについて教えてください。 これは、Cat. 7の性能はあるのでしょうか。 A3: RJ45プラグではCat. 7性能を満足することはできません。 よって、これは 不適切な表現であり「 誤表記」と考えられます。 Cat. 7性能を満足するプラグは、一般的にTERA、GG45、ARJ45コネクタであり、よって、「Cat. 7」と表記された RJ45プラグ付コードは、Cat. 7の性能を満足しておりません。 出典: 強調は筆者による ハッキリと「不適切な表現」「誤表記」と言われちゃってるんです。 多方面に配慮した結果「規格不適合だけど……ケーブルは7準拠で」みたいな息苦しそうな書き方をする人が居ますが、俺はハッキリ書きますよ「市販のカテゴリ7のLANケーブルは規格不適合のゴミ」です。 お金をドブに捨ててるようなもの、 買うべきではありません。 これはカテゴリ8でRJ-45のケーブルでも同じです。 もう既に買ってしまった人へ もう既にカテゴリ7以上のケーブルを買ってしまった人、そのケーブルで問題なく動作しているならそれは 買い直さなくていいです。 5e以上なら何を使っても一緒、10Gbeでも6A UTPで十分。 何を使っても一緒なら、無駄に高いだけの規格不適合は買わなくても良いよね。 という話です。 「そのケーブル使ったら壊れるから捨てろ!」とか「ちゃんと動作してないから買い直せ!」とか、 そういう意味ではないので手持ちにあるカテゴリ7ケーブルを使うのは 何ら問題ありません。 お金をもっと大切にしてほしい、他人の言う事 特にネットの記事 を鵜呑みにして買い物をしない方が良い、そういう話です。 ケーブルの種類による違い 同じカテゴリでも種類が色々ありますが、そういう奴の選び方です。 どちらでも構いません。 ケーブルの形状 スタンダード 通常 、スリム 細径 、フラット 薄型 などの選択肢がありますが、どれを選んでも速度に大きな差はありません。 スリムやフラットケーブルは厳密には規格品ではありません。 が、意味もなく高い物を買わせようとするカテゴリ7の規格不適合品よりはマシです 強いていうなら、スリムやフラットはケーブルが細くなってる分だけノイズに弱いので スタンダードがおすすめです。 ノイズに弱いと言っても、何十メートルも引っ張るとか電子レンジや電源コードの横を通すとかでもない限りは気にしなくていい。 極端に薄いものだと速度が出ない物もありますが、普通はどれでも大丈夫です。 細かい説明は長くなるので大雑把に説明すると、LANケーブルの中には8本の銅線 芯線 が入っています。 単線やヨリ線というのはその個々の芯線の種類の事です。 単線は文字通り芯線が1本の銅線で出来ています つまり8本の銅線が入っている。 ヨリ線はその名の通り細かい芯線を何本かまとめて撚った銅線です、これが8本入っています。 単線の方がノイズに強く、ヨリ線の方が柔らかいです。 強いていうなら 単線がおすすめです。 ただ、製品情報ページに記載されていないことが多いので探すのは難しいかも? どちらも普通に使う分には大差ありません。 ちなみに「ヨリ対線」は関係ありません。 これはツイストペアケーブルの事です、LANケーブルはすべてツイストペアケーブルです。 シールド LANケーブルにはケーブルの周りにノイズ対策のためのアルミ箔みたいなのを巻き付けた「STP」と、そういう事はしていない「UTP」があります。 「ノイズ対策のためにシールドを追加した」と言うとSTPの方が良さそうに聞こえますが、これは罠です。 STPケーブルを使用する際にはノイズを逃がすためのアースが必要になります。 これを怠るとシールドがアンテナになってむしろノイズを拾ったりします。 家庭用では UTPケーブルを使用しましょう。 STPケーブルを買う必要はありません。 そもそも、カテゴリ7ケーブルを売っているサンワサプライが自社のサイト上で無意味だと言っちゃってますからね。 UTPはアンシールディッドツイストペアの略称で、「シールド無し」の意味です。 STPはシールディッドツイストペアの意味なのですが、規格上の正式名称ではありません。 正式にはFTP(フォイルディッドツイストペア)と呼びます。 また、規格の中にはScTPと呼ばれるケーブルが存在します。 ScTPは外周だけではなく、それぞれのペアもシールドされており、非常に硬く、取り回しがしにくいケーブルです。 UTPとFTPの差ですが、 外部からのノイズには双方とも無力です。 シールドは外部ノイズではなく、ケーブル自体から輻射されるノイズ抑制に効果があります。 特にEMIと呼ばれる 低周波数の電磁ノイズ(電力線、モータ、蛍光灯)には、全くと言って良いほど効果が期待できません。 むしろ、外皮のアース部分が伝導体となって、異なる電位(アースがきちんと行われていない機器にたまっている電圧)の機器が接触し、ケーブルの中を流れたり、場合によってはスパークし、 逆にノイズを発生することがあります。 通常使用にはUTPを用い、外部ノイズの遮断には鉄管などの磁性体(磁石のくっつく物体)で覆うのが一般的で確実な方法です。 出典: 強調は筆者による 「ケーブル自体から輻射されるノイズ抑制に効果があります」とは書いていますが、家庭用のケーブルでは気にするほどの物でもないでしょう。 ノイズが気になるならUSB3 2. 4Ghz帯と干渉するノイズを放出する なんて使えなくなりますよ。 ちなみに「じゃあアース取れば良いんだろ」って訳でもないですからね?アースも機能用接地という物が必要です、家庭用の漏電防止などで使われる保安用接地ではダメです。 アースは両端の機器で取る必要がありますし、機器側がアースに対応している必要があります。 ルーター自体にアースが付いていても、STPケーブルに対応できるアースになっているとは限らない 一般家庭でちゃんとSTPケーブルが使えるようなアースを準備するのは非常に難しい。 カテゴリ7以上はSTPケーブルが必須なので、この時点でカテゴリ7は家庭用には適しておらず非推奨です。 6AはUTPとSTPの両方ともあります。 6Aケーブルを買う際にはUTPである事を確認しましょう。 6以下はUTP専用です。 逆にSTPケーブルは規格不適合です。 「LANケーブルで速度が変わる」はほぼ嘘 主にカテゴリ7や8を勧めている連中を中心に「LANケーブルを変えたら速くなった! 速くなる 」みたいな投稿がありますが、ほぼ嘘です。 適当な事を書くな。 機器側の要求する性能を満たせるならLANケーブルなんか何を使っても一緒です。 LANケーブルで速度が変わるとしたら、以下のどれかです。 前のケーブルに問題があった カテゴリ5を使っていた、劣化していたなど• 測定方法がおかしい• そいつが アフィカスポンサーのご意向で飯を食ってる• そいつの頭がおかしい 大抵は2番です。 測り方おかしい奴が異様に多いので書いておきます。 ネットワーク機器の性能を測る正しいやり方 ネットワーク機器に限らないんですが、PCパーツ関連の記事って呆れかえるくらい適当な方法で測定する奴が居るのでやり方を書きます。 次の1行は絶対禁則事項です、絶対に覚えてください。 というかLANケーブルで速度が変わったとか言い出す異常者のほとんどはこれを間違えてます。 「 機器の性能を測るために外部のサービスを使うな!」 「外部のサービス」ってのは「回線速度」とかって調べて出てくる色々な速度測定サイトの事です。 ああいうのは回線そのものの速度とか、プロバイダーの性能を測定するための物です。 ネットワーク機器の性能を測るための物ではありません。 嘘だと思うならLANケーブル類そのままで昼間と夜中に測定して比べてみればいいです。 何もしてないのに速度が大幅に変わりますから。 回線速度測定のサイトって、それくらい不安定な物なんですよ。 LANケーブルよりももっと多くの、あらゆる要素に左右されます。 ああいうのは目安程度にしかなりません。 カテゴリ5eで昼間に計測して、カテゴリ8で夜中に計測すれば、そりゃカテゴリ8の方が速くなりますよ。 もっとも、それはLANケーブルを変えたから速くなったんじゃなくて、夜中で利用者が減ったから速くなっただけですけどね。 これを勘違いして適当な事を書いてる奴がマジで多い。 回線速度の測定サイトは大文字で「ネットワーク機器の性能を測定するための物ではありません」って書いておいてほしい。 そういうサービスで測定してる時点でそいつは素人なので、そんな記事やレビューを読んではいけません。 間違った情報は有害です。 ネットワーク機器の性能を測りたい場合は、 LAN内でiperfなどのソフトウェアを使って測定しましょう。 LAN内ってのはお家の中の他のパソコンって意味ね。 正しい方法で一度やってみれば分かります。 5eも6Aも8も同じくらいの速度しか出ないって。 ある人がある物事について記事を投稿しているからって、その人がその物事に精通しているとは限らないんですよ。 今時ブログなんて誰でも作れるんですから。 世の中には「そもそもPingと回線速度の違い理解してますか?」みたいなレベルの奴が大量に居ます。 そういう人でも知った風な顔をして 間違った 情報を発信できるのがインターネットの悪い所です。 おすすめのLANケーブル 「 6AのUTP」、とにかくこれを覚えてください。 家電屋でも「6AのUTP」と言いましょう。 通販サイトでも「6A UTP」と検索しましょう。 もちろんこれ自体は素晴らしい仕組みです。 広告を経由しようがしまいが読者の人が実際に支払う金額は同じです、それでサイトの運営者が支援されるなら良い事でしょう。 そこまでは良いんだよ、問題はそこから先。 広告収入目当てにいい加減なことを書く奴が居るって事だ。 LANケーブルそのものの売り上げによる広告収入に限りません。 「いかがでしたかブログ」を筆頭とする「適当な事でもとりあえず投稿しておいてアクセス数増えればOK」みたいな雑なスタンスのサイトとかもそうです。 個人的に、ああいう雑なサイトに対する反撃ってのは「知っている人が」「ちゃんとした情報を投稿する」だと思ってるので、俺より詳しい人もっと協力して…… そもそも、カテゴリ7のLANケーブルという物自体が消費者を騙そうとしているとしか思えませんが、そういうのを自分のサイトで勧める奴らも悪ですよ。 間違った知識で記事を書くとそれが世界に広まっちまうんだよ。 間 違 っ た ま ま、な。 もちろん俺が正しいとは言いませんよ、俺も何か間違えてるかもしれない。 でも間違えないように最大限努力と下調べをしています。 これをやってない奴、いっぱい居ます。 あと、大抵はLANケーブルと一緒に「プロバイダーを乗り換えろ」とか書いてるだろ?狙いはそれだよ、ああいう何かを契約する類の広告は下手に物を売るより単価が良いからな。 俺はアフィカス業界に片足突っ込んでるので分かるんですが、あいつら碌な奴じゃないからな。 マジで。 金のためなら専門外の事でも平気で書くぞ。 投資、クレカ、ISP、レンタルサーバー……この辺は本当の情報を探すほうが難しいくらい だから何も分かってない奴らが無責任な事を書き散らすんだよ、資本主義はクソです! 参考 「間違えないように最大限努力と下調べをしています」と書きました、その証拠です。 PDF• PDF• PDF 7以上はゴミ、6A UTPを買いましょう。 それがこの記事で言いたい事です。 終盤は関係ない話をしましたが…….

次の