おしゃれな マスク。 【おしゃれマスク】TVで話題!可愛くて高機能エストクチュールマスク<盛りマスク・おすすめ・インフルエンザ・花粉対策>

今こそ日本製にこだわりたい。オンラインで買える、おしゃれな人気マスク5選(ELLE ONLINE)

おしゃれな マスク

イタリアの老舗生地メーカーの糸を使用 アパレル事業を手掛けるグッドラック東京(東京都中央区)は、ハートのラインストーンが付いた接触冷感マスクを、2020年6月27日朝10時からトで発売。 同社の「接触冷感ROYAL COOL加工生地マスク」にラインストーンをあしらい、ファッション性をプラスしたものだ。 イタリアの老舗生地メーカー「アルビニアイコットーニ」の糸を、接触冷感の「ROYAL COOL」素材に加工したものを使用している。 高級天然素材綿100%の生地で、発色やしなやかな質感が特徴だ。 マスクの右上に輝くハートのラインストーンは、職人が一つひとつ手で接着した。 洗っても取れないよう、入念にチェックしているそうだ。 内側の縫い目やバインダーの強度にもミリ単位でこだわり、着用時に肌にこすれて痛い、マスクが顔から浮いてしまわないように計算されて仕上げている。 カラーはライトグレー、ラベンダー、ピンクなどのパステルカラー。 Sサイズのみで、価格は1枚2800円(税別)。 カジュアルな装いに合わせやすい アパレルメーカーの三陽商会(東京都新宿区)が展開するウィメンズブランド「EVEX by KRIZIA」は、洗って繰り返し使えるマスク「EVEX by KRIZIAウォッシャブルマスク」2種を20年7月8日に発売する。 7月1日からはで先行予約の受け付けを開始する。 大人の女性の夏のファッショングッズとして開発された。 表地には肌触りが良く伸縮性のあるジャージー生地、裏地には接触冷感機能をもつ生地を使用している。 立体裁断によりしっかり顔にフィットし、繰り返し洗って使える。 無地のベージュとゼブラ総柄の2種類があり、どちらも肌なじみ良い色でカジュアルな装いに合わせやすいデザインになっている。 価格は1枚1800円(税抜)。

次の

洗えるマスクのおすすめ人気ランキング10選【エコでおしゃれ!】

おしゃれな マスク

洗えるマスクの洗濯方法は、「洗濯機」と「手洗い」の2種類です。 洗濯機でガラガラと洗えるマスクもあれば、丁寧に手洗いする必要のあるマスクも。 繰り返し使用するものなので、お手入れしやすい洗濯方法で選ぶと良いでしょう。 洗えるマスクは商品によって洗濯できる回数が異なるため、パッケージや取扱説明書に記載されている「洗える回数」をチェックして選びましょう。 記載されている回数を超えて洗濯すると、マスクのフィルター性能が弱まってしまうため要注意です。 中には洗濯できる回数が記載されていない商品もありますが、その場合はマスクが変色してきたり、耳のゴムが伸びてきた時が交換する目安になります。 マスク内のフィルターを交換して繰り返し使えるタイプもあるので、できるだけ長く使い続けたい人におすすめです。 洗えるマスクに使われる素材は、不織布やコットン、ガーゼ、シルク、ポリウレタン、タオル生地など様々な素材があります。 不織布は使い捨てマスクにも使われている素材で、敏感肌の人は肌荒れしやすいのが難点。 肌の弱い人は、不織布ではなくガーゼ生地やタオル生地など肌当たりの優しい素材で選ぶのがおすすめです。 シルク製のマスクは通気性が良く、マスクをしても蒸れにくいのが特徴。 ポリウレタン製のマスクはつけ心地が軽く、息苦しさを感じにくいというメリットがありますよ。 洗えるマスクのサイズの選び方は、耳の付け根の一番高いところから、鼻の付け根の1cm下までの長さを計測して選びます。 これは、日本衛生材料工業連合会(日衛連)が推奨しているマスクのサイズの測り方です。 計測した長さが、10. 5cm~12. 5cmであれば小さめのサイズを、12cm~14. 5cmであれば普通サイズのマスクを、そして14cmであれば大きめのサイズを選ぶのがおすすめ。 繰り返し使用するマスクは、できるだけおしゃれなデザインのものを使いたいですよね。 洗えるマスクは様々なデザインがあり、レースやリボンが付いた可愛いデザインもあれば、デニム調のスタイリッシュなデザインも。 使い捨てマスクは数時間~1日使用したら処分するものなので、毎日のように使うとなるとコストがかかります。 使い捨てマスクを毎日使用した場合は、毎日マスクのゴミが出ることになりますよね。 洗えるマスクを使えば、使い捨てマスクに比べてかなりゴミの量を減らすことができます。 清潔に使うためにはきちんと洗濯しなければいけませんし、洗った後に乾かすという手間もあります。 洗えるマスクは乾燥機が使えるものはほとんどないため、天日干しもしくは室内干しで乾かす必要があります。 使い捨てマスクと比べると、お手入れが大変なのは洗えるマスクのデメリットです。 洗えるマスクは繰り返し使えるので経済的ですが、使い捨てマスクと比べると1つあたりの値段は高めです。 特に、マスクをあまり使う機会がないという人にとっては、洗えるマスクの値段が高く感じられるでしょう。 長く使えることを考えればコスパの良いアイテムですが、購入時の値段が高めなのはデメリットだと言えます。 鼻筋にフィットする部分が上で、顎を覆う部分が下です。 パッケージや取扱説明書にもマスクの上下が分かるようなイラスト・図が記載されているので、確認して使いましょう。 マスクの上下を確認したら、マスクを左右に広げます。 両耳にかけたら、マスクの上から軽く押さえて顔に密着させてください。 洗えるマスクをつける時に、メイクが落ちるのが気になるという人は多いのではないでしょうか?以下の関連記事では、マスクにメイクがつかない対策方法を紹介しています。

次の

【2020】洗えるマスクおすすめ10選!繰り返し使えるのにおしゃれなマスクも!

おしゃれな マスク

洗えるマスクの洗濯方法は、「洗濯機」と「手洗い」の2種類です。 洗濯機でガラガラと洗えるマスクもあれば、丁寧に手洗いする必要のあるマスクも。 繰り返し使用するものなので、お手入れしやすい洗濯方法で選ぶと良いでしょう。 洗えるマスクは商品によって洗濯できる回数が異なるため、パッケージや取扱説明書に記載されている「洗える回数」をチェックして選びましょう。 記載されている回数を超えて洗濯すると、マスクのフィルター性能が弱まってしまうため要注意です。 中には洗濯できる回数が記載されていない商品もありますが、その場合はマスクが変色してきたり、耳のゴムが伸びてきた時が交換する目安になります。 マスク内のフィルターを交換して繰り返し使えるタイプもあるので、できるだけ長く使い続けたい人におすすめです。 洗えるマスクに使われる素材は、不織布やコットン、ガーゼ、シルク、ポリウレタン、タオル生地など様々な素材があります。 不織布は使い捨てマスクにも使われている素材で、敏感肌の人は肌荒れしやすいのが難点。 肌の弱い人は、不織布ではなくガーゼ生地やタオル生地など肌当たりの優しい素材で選ぶのがおすすめです。 シルク製のマスクは通気性が良く、マスクをしても蒸れにくいのが特徴。 ポリウレタン製のマスクはつけ心地が軽く、息苦しさを感じにくいというメリットがありますよ。 洗えるマスクのサイズの選び方は、耳の付け根の一番高いところから、鼻の付け根の1cm下までの長さを計測して選びます。 これは、日本衛生材料工業連合会(日衛連)が推奨しているマスクのサイズの測り方です。 計測した長さが、10. 5cm~12. 5cmであれば小さめのサイズを、12cm~14. 5cmであれば普通サイズのマスクを、そして14cmであれば大きめのサイズを選ぶのがおすすめ。 繰り返し使用するマスクは、できるだけおしゃれなデザインのものを使いたいですよね。 洗えるマスクは様々なデザインがあり、レースやリボンが付いた可愛いデザインもあれば、デニム調のスタイリッシュなデザインも。 使い捨てマスクは数時間~1日使用したら処分するものなので、毎日のように使うとなるとコストがかかります。 使い捨てマスクを毎日使用した場合は、毎日マスクのゴミが出ることになりますよね。 洗えるマスクを使えば、使い捨てマスクに比べてかなりゴミの量を減らすことができます。 清潔に使うためにはきちんと洗濯しなければいけませんし、洗った後に乾かすという手間もあります。 洗えるマスクは乾燥機が使えるものはほとんどないため、天日干しもしくは室内干しで乾かす必要があります。 使い捨てマスクと比べると、お手入れが大変なのは洗えるマスクのデメリットです。 洗えるマスクは繰り返し使えるので経済的ですが、使い捨てマスクと比べると1つあたりの値段は高めです。 特に、マスクをあまり使う機会がないという人にとっては、洗えるマスクの値段が高く感じられるでしょう。 長く使えることを考えればコスパの良いアイテムですが、購入時の値段が高めなのはデメリットだと言えます。 鼻筋にフィットする部分が上で、顎を覆う部分が下です。 パッケージや取扱説明書にもマスクの上下が分かるようなイラスト・図が記載されているので、確認して使いましょう。 マスクの上下を確認したら、マスクを左右に広げます。 両耳にかけたら、マスクの上から軽く押さえて顔に密着させてください。 洗えるマスクをつける時に、メイクが落ちるのが気になるという人は多いのではないでしょうか?以下の関連記事では、マスクにメイクがつかない対策方法を紹介しています。

次の