コモンズ 投信。 コモンズ投信「コモンズ30ファンド」の評価・評判

コモンズ投信とは

コモンズ 投信

コモンズ投信とは コモンズ投信とは、2008年に誕生した独立系の資産運用会社です。 コモンズ投信の社名の由来は「Common Ground」で、「同じ思いに共感して集まってくる共有地」という意味があります。 家計の金融資産を長期的に増やしていくには、好業績を実現している強い企業への長期積立投資が必要というのがコモンズ投信の考えです。 「コモンズ30ファンド」「ザ・2020ビジョン」の2つのファンドを運用しており、いずれも成長を続けるであろう優良企業に投資先を厳選したアクティブファンドです。 コモンズ投信は「顔の見える運用」を心掛けているため、運用担当者の紹介や投資家向けのセミナー開催にも力を入れています。 【アクティブファンドとインデックスファンドの違いはこちら】 コモンズ投信の特徴 次に、コモンズ投信の特徴を2つ解説します。 信託報酬を社会貢献に活用 コモンズ投信が運用する「コモンズ30ファンド」は、信託報酬の一部を社会貢献に活用しています。 コモンズ投信には「コモンズSEED Cap(社会起業家応援プログラム)」という、社会起業家を応援する独自の寄付プログラムがあり、「コモンズ30ファンド」の信託報酬(コモンズ投信の収入)の1%相当を社会起業家に寄付しています。 社会の課題を発見し、その課題を解決するために自ら立ち上がる社会起業家を支援することを、よりよい世の中を次世代へつなげる「長期投資」と考えています。 メンバー紹介やセミナーで会社の中の人が見える コモンズ投信は、メンバー紹介やセミナーで中の人が見えるのも特徴の一つです。 コモンズ投信の公式サイトには「メンバー紹介」というメニューがあり、会長の渋澤健氏をはじめ、運用に携わるメンバーの顔写真とコメントが掲載されています。 また、コモンズ投信の魅力や投資のおもしろさを伝えるためのセミナーも定期的に開催しています。 コモンズ投信やファンドの説明だけでなく、初心者向けに「積立を活用した資産形成の具体的な方法」の解説や、子連れで参加できるセミナーなども開催されています。 銀行や証券会社ではさまざまな投資信託を購入できますが、運用者の顔や運用会社の考え方まで理解するのは難しいでしょう。 ファンドの運用担当者や運用方針を理解したうえで投資を始められるのが、コモンズ投信の魅力です。 コモンズ30ファンド 「コモンズ30ファンド」は30年の長い目線を持ち、世界で成長し続けられるであろう真のグローバル企業30社に集中投資を行う投資信託です。 質の高い企業に集中投資をすることで、高い運用成果と長期の資産形成を目指します。 コモンズ投信では、企業の長期的な成長を評価するには「見えない価値」が重要だと考えています。 目に見える財務情報だけでなく、競争力や対話力、企業文化などの見えない価値にも注目して投資先を選定・評価しているのです。 投資先の選定は経験豊富なメンバーで構成される投資委員会で行い、ポートフォリオへの新規組入や売却はメンバー全員一致で決定されます。 実績 コモンズ30ファンドの基準価額は29,589円、純資産総額は141億円(いずれも2018年6月29日時点)です。 基準価額、純資産総額ともに、ファンドの設定日(2009年1月19日)から増加を続けています。 1か月 3か月 6ヶ月 1年 3年 5年 設定来 コモンズ30ファンド(分配金再投資) -1. 94% 1. 14% -0. 97% 13. 71% 24. 74% 76. 92% 217. 57% TOPIX(配当込) -0. 76% 1. 05% -3. 67% 9. 67% 13. 15% 69. 05% 158. 08% 上の表は、コモンズ30ファンドの運用成績(基準日:2018年6月29日)をまとめたものです。 直近1か月~6ヶ月は利益を出せていませんが、運用期間が長くなるほど利益も大きくなっており、設定来では217. 57%と高い運用成績を残しています。 また、直近1か月ではTOPIXを下回っていますが、その他の期間はすべてTOPIXを上回る成績を残しており、設定来ではTOPIXを大きく上回っています。 コモンズ30ファンドは運用期間が長くなるほど運用実績がよく、「30年の長い目線を持つ」というファンドの基本方針通りの運用ができています。 PWM日本証券• エース証券• 静銀ティーエム証券• 浜銀TT証券• FFG証券• ソニー銀行• イオン銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 栃木銀行• 横浜銀行• 北海道銀行• 静岡銀行• 福岡銀行• 熊本銀行• 親和銀行• 百五銀行• 京葉銀行• 十六銀行• 鳥取銀行 コモンズ30ファンドは主要ネット証券のほか、ネット銀行や地方銀行など26の金融機関で取扱いがあります。 コモンズ投信から直接購入するメリットは、購入手数料や管理費用が無料であること、セミナーやイベントに優先的に参加できることです。 一方、販売会社で購入するメリットは、すでに口座を持っていれば、新たに口座開設する手間がかからないことです。 なお、販売会社によっては購入手数料がかかる可能性があるので、購入前に必ず確認しましょう。 0584% 500億円を超える部分 0. 9612% 1,000億円を超える部分 0. 8532% 3,000億円を超える部分 0. 7344% コモンズ30ファンドは、純資産総額が増えるほど信託報酬が下がる仕組みを取り入れています。 2018年6月末の純資産総額は141億円なので、信託報酬は年率1. 0584%(税込)です。 また、その他の費用・手数料として、目論見書・運用報告書等作成費用などが純資産総額の0. 108%を上限として投資信託財産より差し引かれます。 そのため、コモンズ30ファンドの実質コストは年率1. 1%~1. 2%(税込)になります。 特定の指数(TOPIXなど)に連動するインデックスファンドに比べると、運用コストは高めに設定されています。 投資先は「変化しはじめた企業」「変化にチャレンジする企業」を中心に、定性評価(経営者、企業体質など)と定量評価(財務指標など)から調査を行っています。 投資対象を時価総額で制約せず、チャンスを潰さないことも運用方針に盛り込まれています。 ザ・2020ビジョンはダイナミックな運用が特徴で、状況に応じて株式組入比率をコントロールしています。 平常時は株式組入比率を引き上げて収益を狙うタイミングを計り、株価下落リスクが高いときは現金等組入比率を引き上げてリスク回避を目指します。 なお、商品名に「2020」という数字が入っているものの、信託期間は無期限で、常に5~10年先を見据えた運用を行うため、2020年に運用を終了する予定はありません。 実績 ザ・2020ビジョンの基準価額は16,411円、純資産総額は44億円(いずれも2018年6月29日時点)です。 基準価額は2016年の前半に大きく下がりましたが、その後は上昇が続いています。 純資産総額は設定日(2013年12月27日)から2015年までは増加していましたが、その後は横ばいの状態が続いています。 1か月 3か月 6ヶ月 1年 3年 設定来 ザ・2020ビジョン(分配金再投資) -1. 44% 0. 15% 2. 44% 18. 46% 16. 89% 64. 11% TOPIX(配当込) -0. 76% 1. 05% -3. 67% 9. 67% 13. 15% 48. 58% 上の表は、ザ・2020ビジョンの運用成績(基準日:2018年6月29日)をまとめたものです。 直近1カ月はマイナスになっていますが、他の期間は全てプラスで、運用期間が長くなるほど収益も大きくなっています。 また、1か月と3か月はTOPIXを下回っていますが、他の期間はTOPIXを上回っており、特に設定来は大きく上回っています。 運用期間が長くなるほど収益率が大きく、「中長期的な視点で投資をする」という運用方針通りの成績を残せています。 エース証券• 宇都宮証券• 静岡銀行 販売会社の数はコモンズ30ファンドに比べると少ないですが、SBI証券などの主要ネット証券で取扱いがあります。 コモンズ30ファンドと同じく、コモンズ投信から直接購入すると購入手数料が無料で、セミナーやイベントに優先的に参加できます。 販売会社から購入すると購入手数料がかかる可能性がありますが、SBI証券や楽天証券などでは手数料無料で購入できます。 2420% 300億円を超える部分 1. 1340% 500億円を超える部分 1. 0152% 1,000億円を超える部分 0. 9072% 3,000億円を超える部分 0. 7884% ザ・2020ビジョンも純資産総額が増えるほど信託報酬が下がる仕組みですが、2018年6月末の純資産総額は44億円なので、信託報酬は年率1. 2420%(税込)になります。 また、その他の費用・手数料として、目論見書・運用報告書等作成費用などが、純資産総額の0. 108%を上限として投資信託財産より差し引かれます。 そのため、ザ・2020ビジョンの実質コストは年率1. 3%~1. 4%(税込)になり、コモンズ30ファンドよりも運用コストが高くなります。 運用期間が長くなるほど運用コストの負担が大きくなるので、長期投資にふさわしいか慎重に判断する必要があるでしょう。 NISA口座を開設すると投資対象が絞られる コモンズ投信は投資の利益が非課税になるNISA(つみたてNISA含む)に対応しており、NISA口座の開設が可能です。 ただし、NISA口座はすべての金融機関を通じて1人1口座までしか開設できません。 証券会社でNISA口座を開設すれば、株式や投資信託など、さまざまな商品がNISA口座で購入できます。 一方、コモンズ投信で購入できるのは「コモンズ30ファンド」「ザ・2020ビジョン」の2つしかないので、コモンズ投信でNISA口座を開設すると投資対象が絞られてしまいます。 NISA口座の金融機関変更は年単位になるので、コモンズ投信でのNISA口座開設は慎重に判断したほうがよいでしょう。 当サイトに掲載されている情報は、あくまで投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、 投資勧誘を目的としてはいません。 また、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。 投資の際には各社サイトの投資条件をよくお読みください。 ・当サイトの運用については万全を期しておりますが、その情報の正確性、安全性、適時性等を保証するものではありません。 ・掲載情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。 ・掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。 ・投資商品などをご購入の際は、必ず契約書等の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。 ・当社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。 各運営会社等へ直接お問い合わせください。 ・当サイトに掲載されている情報の著作権は、原則として当社または執筆業務委託先に帰属します。 読者は当該情報の複製、販売、表示、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

次の

コモンズ投信とは

コモンズ 投信

コモンズ投信とは コモンズ投信とは、2008年に誕生した独立系の資産運用会社です。 コモンズ投信の社名の由来は「Common Ground」で、「同じ思いに共感して集まってくる共有地」という意味があります。 家計の金融資産を長期的に増やしていくには、好業績を実現している強い企業への長期積立投資が必要というのがコモンズ投信の考えです。 「コモンズ30ファンド」「ザ・2020ビジョン」の2つのファンドを運用しており、いずれも成長を続けるであろう優良企業に投資先を厳選したアクティブファンドです。 コモンズ投信は「顔の見える運用」を心掛けているため、運用担当者の紹介や投資家向けのセミナー開催にも力を入れています。 【アクティブファンドとインデックスファンドの違いはこちら】 コモンズ投信の特徴 次に、コモンズ投信の特徴を2つ解説します。 信託報酬を社会貢献に活用 コモンズ投信が運用する「コモンズ30ファンド」は、信託報酬の一部を社会貢献に活用しています。 コモンズ投信には「コモンズSEED Cap(社会起業家応援プログラム)」という、社会起業家を応援する独自の寄付プログラムがあり、「コモンズ30ファンド」の信託報酬(コモンズ投信の収入)の1%相当を社会起業家に寄付しています。 社会の課題を発見し、その課題を解決するために自ら立ち上がる社会起業家を支援することを、よりよい世の中を次世代へつなげる「長期投資」と考えています。 メンバー紹介やセミナーで会社の中の人が見える コモンズ投信は、メンバー紹介やセミナーで中の人が見えるのも特徴の一つです。 コモンズ投信の公式サイトには「メンバー紹介」というメニューがあり、会長の渋澤健氏をはじめ、運用に携わるメンバーの顔写真とコメントが掲載されています。 また、コモンズ投信の魅力や投資のおもしろさを伝えるためのセミナーも定期的に開催しています。 コモンズ投信やファンドの説明だけでなく、初心者向けに「積立を活用した資産形成の具体的な方法」の解説や、子連れで参加できるセミナーなども開催されています。 銀行や証券会社ではさまざまな投資信託を購入できますが、運用者の顔や運用会社の考え方まで理解するのは難しいでしょう。 ファンドの運用担当者や運用方針を理解したうえで投資を始められるのが、コモンズ投信の魅力です。 コモンズ30ファンド 「コモンズ30ファンド」は30年の長い目線を持ち、世界で成長し続けられるであろう真のグローバル企業30社に集中投資を行う投資信託です。 質の高い企業に集中投資をすることで、高い運用成果と長期の資産形成を目指します。 コモンズ投信では、企業の長期的な成長を評価するには「見えない価値」が重要だと考えています。 目に見える財務情報だけでなく、競争力や対話力、企業文化などの見えない価値にも注目して投資先を選定・評価しているのです。 投資先の選定は経験豊富なメンバーで構成される投資委員会で行い、ポートフォリオへの新規組入や売却はメンバー全員一致で決定されます。 実績 コモンズ30ファンドの基準価額は29,589円、純資産総額は141億円(いずれも2018年6月29日時点)です。 基準価額、純資産総額ともに、ファンドの設定日(2009年1月19日)から増加を続けています。 1か月 3か月 6ヶ月 1年 3年 5年 設定来 コモンズ30ファンド(分配金再投資) -1. 94% 1. 14% -0. 97% 13. 71% 24. 74% 76. 92% 217. 57% TOPIX(配当込) -0. 76% 1. 05% -3. 67% 9. 67% 13. 15% 69. 05% 158. 08% 上の表は、コモンズ30ファンドの運用成績(基準日:2018年6月29日)をまとめたものです。 直近1か月~6ヶ月は利益を出せていませんが、運用期間が長くなるほど利益も大きくなっており、設定来では217. 57%と高い運用成績を残しています。 また、直近1か月ではTOPIXを下回っていますが、その他の期間はすべてTOPIXを上回る成績を残しており、設定来ではTOPIXを大きく上回っています。 コモンズ30ファンドは運用期間が長くなるほど運用実績がよく、「30年の長い目線を持つ」というファンドの基本方針通りの運用ができています。 PWM日本証券• エース証券• 静銀ティーエム証券• 浜銀TT証券• FFG証券• ソニー銀行• イオン銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 栃木銀行• 横浜銀行• 北海道銀行• 静岡銀行• 福岡銀行• 熊本銀行• 親和銀行• 百五銀行• 京葉銀行• 十六銀行• 鳥取銀行 コモンズ30ファンドは主要ネット証券のほか、ネット銀行や地方銀行など26の金融機関で取扱いがあります。 コモンズ投信から直接購入するメリットは、購入手数料や管理費用が無料であること、セミナーやイベントに優先的に参加できることです。 一方、販売会社で購入するメリットは、すでに口座を持っていれば、新たに口座開設する手間がかからないことです。 なお、販売会社によっては購入手数料がかかる可能性があるので、購入前に必ず確認しましょう。 0584% 500億円を超える部分 0. 9612% 1,000億円を超える部分 0. 8532% 3,000億円を超える部分 0. 7344% コモンズ30ファンドは、純資産総額が増えるほど信託報酬が下がる仕組みを取り入れています。 2018年6月末の純資産総額は141億円なので、信託報酬は年率1. 0584%(税込)です。 また、その他の費用・手数料として、目論見書・運用報告書等作成費用などが純資産総額の0. 108%を上限として投資信託財産より差し引かれます。 そのため、コモンズ30ファンドの実質コストは年率1. 1%~1. 2%(税込)になります。 特定の指数(TOPIXなど)に連動するインデックスファンドに比べると、運用コストは高めに設定されています。 投資先は「変化しはじめた企業」「変化にチャレンジする企業」を中心に、定性評価(経営者、企業体質など)と定量評価(財務指標など)から調査を行っています。 投資対象を時価総額で制約せず、チャンスを潰さないことも運用方針に盛り込まれています。 ザ・2020ビジョンはダイナミックな運用が特徴で、状況に応じて株式組入比率をコントロールしています。 平常時は株式組入比率を引き上げて収益を狙うタイミングを計り、株価下落リスクが高いときは現金等組入比率を引き上げてリスク回避を目指します。 なお、商品名に「2020」という数字が入っているものの、信託期間は無期限で、常に5~10年先を見据えた運用を行うため、2020年に運用を終了する予定はありません。 実績 ザ・2020ビジョンの基準価額は16,411円、純資産総額は44億円(いずれも2018年6月29日時点)です。 基準価額は2016年の前半に大きく下がりましたが、その後は上昇が続いています。 純資産総額は設定日(2013年12月27日)から2015年までは増加していましたが、その後は横ばいの状態が続いています。 1か月 3か月 6ヶ月 1年 3年 設定来 ザ・2020ビジョン(分配金再投資) -1. 44% 0. 15% 2. 44% 18. 46% 16. 89% 64. 11% TOPIX(配当込) -0. 76% 1. 05% -3. 67% 9. 67% 13. 15% 48. 58% 上の表は、ザ・2020ビジョンの運用成績(基準日:2018年6月29日)をまとめたものです。 直近1カ月はマイナスになっていますが、他の期間は全てプラスで、運用期間が長くなるほど収益も大きくなっています。 また、1か月と3か月はTOPIXを下回っていますが、他の期間はTOPIXを上回っており、特に設定来は大きく上回っています。 運用期間が長くなるほど収益率が大きく、「中長期的な視点で投資をする」という運用方針通りの成績を残せています。 エース証券• 宇都宮証券• 静岡銀行 販売会社の数はコモンズ30ファンドに比べると少ないですが、SBI証券などの主要ネット証券で取扱いがあります。 コモンズ30ファンドと同じく、コモンズ投信から直接購入すると購入手数料が無料で、セミナーやイベントに優先的に参加できます。 販売会社から購入すると購入手数料がかかる可能性がありますが、SBI証券や楽天証券などでは手数料無料で購入できます。 2420% 300億円を超える部分 1. 1340% 500億円を超える部分 1. 0152% 1,000億円を超える部分 0. 9072% 3,000億円を超える部分 0. 7884% ザ・2020ビジョンも純資産総額が増えるほど信託報酬が下がる仕組みですが、2018年6月末の純資産総額は44億円なので、信託報酬は年率1. 2420%(税込)になります。 また、その他の費用・手数料として、目論見書・運用報告書等作成費用などが、純資産総額の0. 108%を上限として投資信託財産より差し引かれます。 そのため、ザ・2020ビジョンの実質コストは年率1. 3%~1. 4%(税込)になり、コモンズ30ファンドよりも運用コストが高くなります。 運用期間が長くなるほど運用コストの負担が大きくなるので、長期投資にふさわしいか慎重に判断する必要があるでしょう。 NISA口座を開設すると投資対象が絞られる コモンズ投信は投資の利益が非課税になるNISA(つみたてNISA含む)に対応しており、NISA口座の開設が可能です。 ただし、NISA口座はすべての金融機関を通じて1人1口座までしか開設できません。 証券会社でNISA口座を開設すれば、株式や投資信託など、さまざまな商品がNISA口座で購入できます。 一方、コモンズ投信で購入できるのは「コモンズ30ファンド」「ザ・2020ビジョン」の2つしかないので、コモンズ投信でNISA口座を開設すると投資対象が絞られてしまいます。 NISA口座の金融機関変更は年単位になるので、コモンズ投信でのNISA口座開設は慎重に判断したほうがよいでしょう。 当サイトに掲載されている情報は、あくまで投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、 投資勧誘を目的としてはいません。 また、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。 投資の際には各社サイトの投資条件をよくお読みください。 ・当サイトの運用については万全を期しておりますが、その情報の正確性、安全性、適時性等を保証するものではありません。 ・掲載情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。 ・掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。 ・投資商品などをご購入の際は、必ず契約書等の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。 ・当社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。 各運営会社等へ直接お問い合わせください。 ・当サイトに掲載されている情報の著作権は、原則として当社または執筆業務委託先に帰属します。 読者は当該情報の複製、販売、表示、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

次の

渋澤健

コモンズ 投信

概要 [ ] 略歴 [ ] 、の5代目子孫として生まれる。 幼少期は父親の転勤によりアメリカで育つ。 工学部を卒業したのち、1984年に財団法人日本国際交流センター入社。 1987年にの経営大学院を卒業後、証券会社(NY)入社。 外国債券担当。 1988年、銀行(東京支店)入社。 1992年、JPモルガン証券会社(東京支店)入社。 国債担当。 1994年、ゴールドマン・サックス証券会社(東京支店)入社。 国内株式・担当。 1996年、米国の、ムーア・キャピタル・マネジメント(NY)入社。 アジア時間帯トレーディング担当。 2001年、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社創業。 2007年、コモンズ株式会社創業。 2008年にコモンズ投信会長となる。 公益財団法人非常勤理事 、日本医療政策機構理事 、認定NPO法人健康医療評価研究機構理事 、日本ファンドレイジング協会理事。 草食投資隊 [ ] 2010年に、の、CIO(最高運用責任者)のと、「草食投資隊」を結成する。 ビジネスという共通点からもともと親交があったが、2009年に日経マネーでの鼎談(ていだん)が結成のきっかけとなる。 「「長期投資が根付いていないよね、根付かせたいよね」という3人共通の思い。 長期投資に対する熱い思いを改めて確認し合い、これをなんとかカタチにしたいと思ったのです。 「草食投資隊」として最初のアクションは、本を書くことでした。 ちょうどその頃、巷で、肉食系、草食系という言葉が流行っていた頃です。 投資は、肉食系のイメージだけど、本当は違うのではないかな、提案していきたいのは、毎月コンスタントに積立てをして、ドキドキしない投資だよね、それって草食系? という流れで「草食投資隊」となりました。 」と語っている。 長期投資の普及を目指し、日本全国でセミナー活動を展開。 著書 [ ]• 渋沢栄一とヘッジファンドから学ぶリスクマネジメント(2001年、日経BP社)• シブサワ・レター 日本再生への提言(2004年、実業之日本社)• これがオルタナティブ投資だ!(2006年、実業之日本社)• 巨人・渋沢栄一の富を築く100の教え(2007年、講談社BIZ)• 渋澤流 30年長期投資のすすめ(2009年、角川SSC新書)• 運用のプロが教える草食系投資(、との共著、2010年、日本経済新聞出版社)• 渋沢栄一 100の訓言(2010年、日本経済新聞出版社)• 日本再起動(2011年、東洋経済新報社)• 30歳からはじめる お金の育て方入門 -貯めながら殖やす新しい習慣-(藤野英人との共著、2013年、同文館出版)• 渋沢栄一 愛と勇気と資本主義(2014年、日本経済新聞出版社) 脚注 [ ].

次の