特定 技能 ベトナム。 在留資格「特定技能」とは

法務省:特定技能運用要領・各種様式等

特定 技能 ベトナム

ベトナム人の技能実習生を雇用しており、 「当社のベトナム人の技能実習生は日本語でまあまあ話できるよ」 とお考えであれば、 要注意です。 該当する場合は、以下をご覧ください。 今後、技能実習生から特定技能へとスライドする人材が増えてくることと思います。 その中で、年々日本語力が下がってきている技能実習生に対して、 当社ではベトナムの送り出し機関でも当教材の導入促進を図っております。 (下がってきている理由は複数あります) つまり、以前の技能実習生より日本語力が高い実習生が輩出されます。 既に働いているベトナム人技能実習生と、これから来日する日本語力の伸び代が多い下地を作ってきたベトナム人との間で、より良い関係が育みにくい状況が想定されます。 ましてや「技能実習」からワンランク上がった「特定技能」は、日本語会話力は低いのに給与は高いといった状況も起こりえます。 ベトナム人はお互いの給与を公開しあうので、その後のトラブルは回避が難しくなります。 「人材不足だから、技能実習生をスライドさせて特定技能へ。 技能実習生は引き続き雇用すれば、人員数としては何とかなるか」 は、 何とかなりません。 逆に数が減るリスクが高まります。 通常であれば、能力・実績があるから待遇が上がるのですが、 この制度は逆なのです。 待遇ありきなのです。 能力・実績に関しては実習生としての3年間の経験(時間軸)だけなので、能力が伴わない待遇になる可能性が高いのです。 日本語会話能力の低い技能実習生からスライドした「特定技能」の職場に、 日本語会話能力の高い技能実習生が混在すると、 日本人がいくら配慮をしても報われないでしょう。 日本人は日本語で会話ができる人材を重宝します。 「試験免除で特定技能への移行が可能」の大きな落とし穴がここにあります。 技能実習から特定技能へ待遇が上がれば、同時に能力も上げてもらわないと周りの人は納得ができないのです。 つまり、その対象者は引き続きさらなる日本語会話力を向上させることが必要なのです。 そこで、ご案内したいのが、日本語での会話力アップに特化した 「超スピーキング特化 日本語トレーニング」です。 当教材の大きな特徴 ・日本語が堪能なベトナム人ほど当教材を高く評価。 (日本語での会話習得において、何が最も大切なのか、何が最も必要なのかを知っている人たちがオススメしています) ・勉強が苦手な研修生でも、やる気にさせる仕組みが搭載 ・会話力アップに特化するあまり、見た目が驚くほど地味 ・日本人とベトナム人とのコミュニケーションを活性化させる仕組みが搭載 「勉強」教材をいくら提供しても会話力は向上しません。 「会話」に必要な発声練習のトレーニングが必要です。 当教材は、ベトナム送り出し機関で絶賛いただいている教材となります。 (ベトナム送り出し機関で技能実習生のトレーニングの様子です) ご覧のように、勉強ではなく、発声練習のトレーニング教材になります。 こちらは、ランダム再生で順番を覚えず、絶えず反射神経を鍛えます。 当教材は、特許も取得しており、東京都中小企業振興公社より今後のびゆく事業として、 評価をいただいている技術を活用しておりますので、安心の教材となっております。 機能的な詳細は、こちらになります。 ただいま 1週間無料お試しいただいております。 「うちのベトナム人技能実習生はまあまあ日本語が話せるよ」と言う企業の方は是非チャレンジさせてみてください。 普段から日本語で会話していない人は、日本語発話に必要な口の周りの筋肉が鍛えられていないため、ほぼついてこれないでしょう。 どうぞ宜しくお願いいたします。 カテゴリー: ・・・・・ タグ: ・・・・・・・・.

次の

特定技能の人材はどのように受け入れるのか

特定 技能 ベトナム

「特定技能でベトナムから人材を受け入れるには?」 「国内からでも、採用できる?」 新たに創設された特定技能の在留資格。 ベトナムは、日本が主要受け入れ国としている国の一つです。 2018年時点で、技能実習生をふくむ多くのベトナム人が日本に滞在しており、特定技能への移行が予想されます。 今回は、在留ベトナム人の現状を紹介するとともに、特定技能を利用してベトナム人を雇用するために、知っておくべき基本情報をご紹介します。 日本に滞在するベトナム人を取り巻く現状と取得している在留資格の種類 2018年時点で、日本に滞在するベトナム人の数は29万人に上ります。 その 4 割以上が技能実習生として滞在しています。 取得する人数が多い在留資格の種類は、以下の通りです。 【ベトナム人の取得数の多い在留資格の種類】 在留資格の種類 人数 ベトナム人総数に占める割合 技能実習 134,139人 44. 9% 留学 80,683人 27. 0% 技術・人文知識・国際業務 28,723人 9. 6% 家族滞在 13,129人 4. 4% 1番多い在留資格は、全体の半数近くになる技能実習です。 2番目の 留学とあわせて、 総人数の 7 割を占めます。 特定技能は学歴・職歴不問の在留資格です。 日本語・技能評価試験の合格が一番のポイントで、それをパスすれば雇用契約を結んだ外国人は基本的に申請できます。 技能実習2号を修了した外国人が、日本語・技能評価試験免除で特定技能に移行できる特例もあります。 そのため、既存の就労可能な在留資格を取得していた層からの移行が予想されます。 特定技能の在留資格(ビザ)でベトナム人を受け入れる3つのメリット 現時点で、13万人以上のベトナム人が技能実習生として滞在しています。 それ以外で、専門職に適用される技術・人文知識・国際業務の在留資格でも3万人近くが就労しています。 こうした在留資格と比較して、特定技能を利用するメリットを3つご紹介します。 申請条件が緩和され、就労可能な在留資格をとりやすくなった 特定技能の在留資格の特徴は、 申請条件が緩和されていることです。 学歴と職歴を求められないため、多くの外国人に取得のチャンスがあります。 とくに特定技能は勤務時間の上限がなく、 フルタイムを対象とした在留資格です。 そのため、留学・家族滞在でアルバイトやパートタイムスタッフとして働いていた外国人にとって、特定技能は正社員への足掛かりになります。 や、これまでの技能実習制度にはない産業分野で雇用が可能に 特定技能では、利用できる産業分野が定められています。 外国人を受け入れる企業・団体が、以下の分野に属している業態でなければいけません。 これには、技能実習にはなかったやの分野も認められています。 こうした業界では、 外国人を雇用しやすくなり人手不足解消に役立ちます。 特定技能の対象14分野 介護 ビルクリーニング 素形材産業 産業機械製造業 電気・電子情報関連産業 建設 造船・船用工業 自動車整備 航空 農業 漁業 飲食料品製造業 農業・漁業では派遣就労も可能。 より柔軟な雇用形態に 特定技能は、受け入れ機関である企業と外国人の 直接契約が基本です。 かし、農業・漁業の分野では例外として派遣の就労形態も認められます。 これは、この2つの分野が繁忙期によって必要な労働需要が著しく変化するためです。 ただし、人材派遣元もこれらの業界に属している必要があります。 農業と漁業の分野は、すでに多数の外国人を技能実習生として受け入れています。 JITCO(国際研修協力機構)のデータ(2016年)によれば、農業分野でベトナム人の受入れ人数(技能実習2号)が多いのは、熊本県(448人)、茨木(447人)、北海道(323人)です。 これらの外国人は、今後特定技能に移行する可能性がおおいにあります。 また、業界内での派遣事業の整備が整えば、企業にとって外国人を雇用する形式の選択肢が増えることになります。 ベトナム人が特定技能を取得するための条件は?日本語レベルと技能試験 特定技能の在留資格を取得するには、日本語能力試験と技能評価試験の両方に合格する必要があります。 求められる日本語のレベルと、技能評価試験について解説します。 求められる日本語レベルは日常会話ができ生活に支障のない程度 特定技能で規定されている日本語能力試験は、以下の2つです。 国内:「日本語能力試験」N4以上• 国外:「日本語能力試験」N4以上 または「国際交流基金日本語基礎テスト」 外国人雇用で気になるのは、採用する本人の日本語レベルです。 上記の試験の合格目安になるのは、いずれも「 日常会話レベル」と規定されています。 ベトナムでも実施される「国際交流基金日本語基礎テスト」はヨーロッパ言語共通参照枠に基づくA2レベルを目安としています。 【A2レベルの目安】• ごく基本的な個人的情報や家族情報、買い物、近所、仕事など、直接的関係がある領域に関する、よく使われる文や表現が理解できる。 簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄についての情報交換に応ずることができる。 自分の背景や身の回りの状況や、直接的な必要性のある領域の事柄を簡単な言葉で説明できる。 ベトナム現地から人材を受け入れる際は、 雇用後に日本語のサポートが必要なケースも想定しておきましょう。 クリアするべき技能評価試験は業界別に実施 スキルを評価する技能評価試験は、分野別に実施されます。 詳細は、管轄する省庁のウェブサイトをご確認ください。 厚生労働省:介護、ビルクリーニング• 経済産業省:素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業• 国土交通省:建設、造船・船用工業、自動車整備、航空、• 農林水産省:農業、漁業、飲料品製造業、 2019年4月の時点で、国内ではや業、介護の分野での技能評価試験の運用が始まっています。 ベトナムをはじめとする海外での実施は現在調整中です。 介護の試験のみ、4月にフィリピンで第1回の技能試験が開催されました。 ベトナム人の受け入れが多い建設業では、2019年度中にベトナムでの技能評価試験を実施する予定と国土交通省が発表しています。 ベトナムからの直接受入れに重要な二国間協定と現地送り出し機関の関係 特定技能において、政府は外国人受け入れの実績がある8か国と、順次二国間協定を結んでいます。 協定では、海外現地国の窓口を明確にするとともに、現地送り出し機関とのルールを定めています。 、2019年4月時点で以下の4か国と協力覚書を結んでいます。 フィリピン• カンボジア• ネパール• ミャンマー ベトナム政府とも特定技能外国人の送り出しについて実質合意がとれており、二国間協定の作成後に法務省のサイトで発表される予定です。 ベトナム現地から人材の受け入れを検討している企業・団体の方は、どこが送り出し機関として認定されるのか確認してください。 国内でベトナム国籍の人材を採用する方法|直接雇用と技能実習からの移行 国内でベトナム人を雇用する方法は、以下の2つがあります。 新たな人材を採用し、雇用関係を結ぶ• 技能実習2号の修了生を雇用する 国内の人材を直接雇用するときは、試験の合否を確認する 特定技能の在留資格を利用する際、技能実習生の監理団体や協同組合といった仲介業者を介す必要はありません。 企業が採用募集を出し、応募してきた外国人を直接雇用することが可能です。 雇用の際は、必要な日本語能力試験と技能評価試験に合格しているかを必ず確認してください。 なお、企業の内定出し(雇用契約の締結)が、 試験の合否結果発表と前後しても問題はありません。 在留資格申請時には、必ず試験に合格している必要があります。 雇用契約は、給与水準や有給取得、社会保険の基準等を遵守する 外国人だからという理由で、 雇用契約に差別的な対応をすることは許されません。 とりわけ、特定技能の雇用契約の基準として、所定労働時間や給与・福利厚生等の報酬、有給の取得について明確に定められています。 認められるのは、週5日以上30時間労働以上の フルタイムのみ。 さらに、給与水準は同じ職務に従事する 日本人と同等以上にすること、と決められています。 雇用契約を結ぶ際、不当に差別する条件になっていないか注意してください。 技能実習2号の修了生は、試験免除で特定技能を申請できる 技能実習2号の修了生は、日本語・技能評価試験免除で特定技能の在留資格を申請できます。 ただし、特定技能で申請する分野と技能実習を修了した分野が関連していることが条件です。 たとえば、農業の分野で特定技能を申請する外国人は、「 耕種農業」もしくは「 畜産農業」の職種名で技能実習を修了していなければいけません。 【技能実習と特定技能の移行対象職種と分野の例】 特定技能へ移行する技能実習2号への期間限定特例措置 特定技能1号へは、必要な 支援計画を実施しなければなりません。 しかし、2019年4月の在留資格創設時点では、分野別の評価技能試験の設置や、支援計画を請け負う登録支援機関の届出の準備など、同時進行で体制準備が進められています。 そのため、2019年9月末までに在留期間が終了する以下の外国人は、 特例措置として4か月の「特定活動」(就労可)が認められます。 技能実習2号• 技能実習3号• 許可される要件について詳しくは法務省のサイトをご確認ください。 まとめ:ベトナム人の技能実習生・留学生で特定技能の申請が増える可能性 日本に住んでいるベトナム人の大半を占めるのは技能実習生と留学生です。 現在雇用している外国人が、特定技能の在留資格への切り替えを希望するかもしれません。 その際は、受け入れ機関である企業・団体に求められる要件を理解しましょう。 また、当該外国人が日本語能力試験と技能評価試験に合格しているかが、重要なポイントです。 特定技能について、不安がある、サポートがほしいという場合は、ビザ取得サポートを専門に行う当社までお問合せ下さい。

次の

ベトナム人材紹介派遣会社|特定技能実習生技術者送り出し機関

特定 技能 ベトナム

特定技能外国人の円滑かつ適正な送出し・受入れの確保等のために,送出国との間で,協力覚書を作成しています。 但し,同文書はベトナム当局が作成した同国の送出機関宛文書ですので,参考までに仮訳が掲載されている点を申し添えます。 MOCにおいて,日本側が特定技能外国人を受入れるに当たり,当該書類を確認することが規定されている国については,在留資格認定証明書交付申請及び在留資格変更許可申請(以下「在留諸申請」といいます。 )において当該書類を提出していただく必要があります。 そのような国及び提出書類については, 下記「1 在留諸申請の際に提出書類のある国」を御参照ください。 また,MOCにそのような規定がなく,在留諸申請において当該書類の提出が必要ない国であっても,それぞれの国の国内規定に基づき一定の送出手続が定められている場合があります。 これらはあくまで相手国側の送出しのための手続であって,日本側の在留諸申請上の手続ではありませんが,そのような国及び送出手続についてもご参考までに掲載しましたので, 下記「2 在留諸申請の際に提出書類は必要ないが,相手国において一定の送出手続が定められている国(参考)」を御参照ください。 なお,既にMOCを作成した国で,以下に記載がない国については,今後提出書類や送出手続等がある場合には,その内容が判明次第,本ホームページにて御案内いたします。 また,この場合において,現時点では当該手続が送出国において整備中であっても,以下に記載がない限りは,入管法令に従って在留諸申請を行うことができます(すなわち,この場合,上述の当該手続を行ったことを証明する書類を在留諸申請の際に提出する必要はありません。 具体的な必要書類とその様式については,POLOのURLに掲載されていますので,御参照ください。 )により日本から出国し,ネパールに一時帰国した際には,ネパール労働・雇用・社会保障省雇用管理局日本担当部門から海外労働許可証を取 得し,ネパールを出国時に海外労働許可証を提示することが必要とされているとのことです。 インドネシア側によれば,特定技能制度に興味のあるインドネシア国籍の方は多く,日本での就職を希望している方は,このIPKOLにアクセスして求職先を検索するとのことです。 なお,システムへの登録はオンラインで,入力は英語とインドネシア語となります。 閲覧可能な状態になりましたら,本ホームページにURLを掲載いたします。 ・ (GOLWS のウェブサイトへ移動します。 ) ・ (GOLWS のウェブサイトへ移動します。 認定送出機関.

次の