愛知 県 病院 薬剤師 会。 愛知県病院薬剤師会 求人情報の登録・閲覧サービス

一般社団法人 愛知県病院薬剤師会

愛知 県 病院 薬剤師 会

愛知県薬剤師会の特徴と利用方法 概要 明治22年に設立されてから、現在にいたるまで改組を繰り返してきました。 現在は一般社団法人愛知県薬剤師会となっています。 正会員・賛助会員・名誉会員の三つの会員からなり、それぞれ 愛知県内の薬剤師・薬剤師以外の愛知県民・薬剤師会の目的達成に対して功績のある者で構成されています。 平成27年度現在、松村薬局の松村章伊氏が会長をつとめ、運営されているものです。 役員名簿はホームページ内で見ることができます。 愛知県の薬剤師会の役員名簿は、その人が所属している薬局名などの勤務先も合わせて表示されているので参考程度に。 入会について 他の都道府県の薬剤師会と同じように、まずは地区薬剤師会に入会して、愛知県薬剤師会に入会するものとなっているのです。 年会費についてはそれぞれの会員種別ごとに決められており、以下のようになっています。 A会員(薬局の管理薬剤師):48,000円• B会員(管理薬剤師以外の薬剤師):15,500円• B会員(管理薬剤師以外で日薬に入っていない人):8,500円• 賛助会員(薬剤師ではない):8,500円 なお、薬局を新規開局する場合には、その費用として入会時に10万円を支払うことになっています。 愛知県薬剤師会の求人情報サービス 愛知県薬剤師会のホームページ内には求人の検索機能はありません。 求人情報に関しては、会員・非会員問わず閲覧可能となっています。 検索機能は無いのですが、愛知県内の求人情報をリストアップしたリストによって閲覧可能です。 このリストには、 薬剤師会の会員薬局と非会員薬局の両方が掲載されています。 病院についても非会員のものも見受けられますが、ほとんどが薬剤師会所属の薬局です。 登録NO、登録年月日・薬剤師会の会員かどうか、業種・所在地・最寄り駅・業務内容が記載されています。 とても簡易的なリストです。 このリストから気になる求人を見つけることができたら、求職の申し込みをします。 申し込みは直接連絡するという都道府県が多いですが、愛知県薬剤師会は薬剤師会館に出向いて申し込みをすることになっているのです。 愛知県薬剤師会館には、無料の職業紹介事業所窓口というのがあります。 薬剤師会版のハローワークですね。 そこで申し込み手続きを行うことによってのみ求職が可能。 愛知県薬剤師会会員ではない人がこのサービスを利用するのであれば、薬剤師免許証の原本を持参する必要があります。 利用自体は会員・非会員の区別なく可能なので、気になる人は利用してみると良いでしょう。 なお、求人情報は正社員・パートの二つのリストに分かれています。 リストはPDF形式でダウンロードではなく、インターネット上でそのまま閲覧可能です。 求人登録をする期間は3ヶ月間で、その期間を過ぎると求人リストから求人が削除されるので気をつけましょう。 地域薬剤師会や関係団体など 愛知県薬剤師会のホームページ上で薬剤師が利用することのある機能は求人リストのみですが、愛知県薬剤師会のホームページから各地域薬剤師会のホームページにアクセス可能となっています。 また、薬剤師会の関係団体にもアクセス可能です。 愛知県薬剤師連盟・NPO法人RPP・愛知県薬業協同組合など各団体のホームページへのリンクがあります。 愛知県に住んでいる薬剤師なら、会員と非会員とに関わらずリンクが掲載されているページをお気に入り登録しておくと便利です。 また、休職申し込みは各地区薬剤師会の会館で可能です。 わざわざ愛知県薬剤師会の会館に赴く必要は無いので、気をつけましょう。 愛知県病院薬剤師会の特徴と利用方法 一般社団法人愛知県病院薬剤師会は、事務所を愛知県名古屋市に置いています。 詳しい住所や電話番号などはホームページなどに明記されていません。 会館のようなものも無いため、問い合わせなどは愛知県病院薬剤師会ホームページで行いましょう。 ホームページにアクセスすると、右のバナーに「お問い合わせ」というものがあるので、それをクリック。 そこから問い合わせ内容を書き込み、送信すると良いですね。 入会に関しては、まず入会届け用紙を手に入れる必要があります。 入会届け用紙は、愛知県病院薬剤師会のホームページからダウンロードしてください。 入会する際には、その年度の会費を振り込むことになります。 会費については毎年度違うので、一概に言うことはできません。 問い合わせるなどしてその年度の年会費について情報を得てから振り込むようにしましょう。 会費については、ホームページの「定款細則」においても確認することができます。 平成27年度の年会費については、 正会員が2千円、特別会員が5千円、賛助会員が2万円です。 基本的に変動はないようですが、毎年度決められるものと定められているので、一応確認しておきましょう。 勉強会の案内 愛知県病院薬剤師会ホームページ上で、勉強会情報を閲覧することができます。 公開されている勉強会情報は、病院薬剤師会障害研修認定制度で認定されている愛知県内の勉強会がメインです。 メインと言うだけで、そのほかにもあったりします。 ホームページでは、まずリストで「どの勉強会・研修会」が「何年何日何時から何時までにあるのか」が確認可能。 それぞれのタイトルをクリックすれば、それぞれの勉強会の詳細にアクセスすることができます。 ページは変わらず、ポップアップが表示されるのみです。 そこには、日付・場所・参加費・共催・主な内容・認定・その他・地図などの情報が記載されています。 内容に関しては、勉強会ごとに変わりますが、詳しいものだと「何時からどんな演題があるか」と言うプログラム形式で書かれているのでわかりやすいです。 さらなる詳細に関しては、「詳細はこちら」から確認可能となっています。 PDF形式でチラシのようなものが出てくるので、確認してみると良いでしょう。 さらに、ホームページでは県病院薬剤師会のメーリングリスト登録ができるようになっています。 これに登録しておくと、愛知県内のさまざまな研修会・勉強会情報をメーリングシステムで取得できるというものです。 便利なので、勉強会や研修会の参加を考えている人は登録しておくと良いでしょう。 勉強会データベースというものがあり、県病院薬剤師会が主催しているものから、共催・後援のものまで幅広く取り上げられています。 最初のページでは表示されなかった勉強会も登録されますし、自分で勉強会情報を登録することもできるので見ておきましょう。 求人の登録閲覧 愛知県病院薬剤師会は、ホームページ上で求人情報の紹介を行っています。 ただ、 掲載している情報に関する質問や問い合わせには対応していません。 掲載している求人情報の内容について保証するサービスでもなく、ただ単に求人情報を掲載しているだけのサービスです。 その他支援などは無いことを頭の中に入れておきましょう。 掲載内容については、募集期間に関係なく3ヶ月に一度削除されるものとなっています。 そのため、募集期間と掲載日時に注意して求人情報を見なければなりません。 中には募集期間が終わっているにも関わらず掲載され続けている求人情報もあるので気をつけましょう。 求人情報は一覧形式で古いものから順に表示されています。 登録日・地区・施設名・対象者(既卒・新卒)についてのみ表示されているという形式です。 施設名をクリックすれば求人の詳細について見ることができるようになります。 検索も可能で、市区郡で絞って求人情報を見ることができるので検索機能を利用してみても良いですね。 登録日の古い順・新しい順という並びも帰ることができるので、求人情報が多いときなどには並べ替えをしても良さそうです。 求人掲載数と更新頻度が高いわけではないのですが、求人を探すのであれば一度は見ておいても良いでしょう。 薬剤師の今とこれから 地方ではまだまだ人材不足の薬剤師ですが、2020年現在、都市部では薬剤師の需要が満たされつつあり、売り手市場だった薬剤師転職市場にも変化が見え始めています。 この先、 転職を考えても簡単にはいかない時代が来るかもしれません。 本当に働きたい職場へ転職ができる今だからこそ、日ごろから気になる求人がないかチェックしておきましょう。 希望に合う職場のみ情報収集 自分だけで求人を探すのは効率が悪いので、 自分の条件に合う求人だけをピンポイントで情報収集できる薬剤師転職サイトの無料会員になっておくことをおすすめします。 ただし、 大手の人材紹介会社が運営している実績のある薬剤師転職サイトを使うようにしましょう。 ここでは、おすすめの代表的な大手3社を紹介します。 すべて 無料で利用できます。 薬剤師転職サイトランキング• 仕事内容、職場の雰囲気、有給消化率などの濃い内部情報を提供してくれます。 調剤薬局・ドラッグストアは勿論、病院や製薬会社、治験業界への転職にも強いです。 調剤薬局の仕事探しなら間違いなく薬キャリがおすすめ。 調剤薬局やドラッグストアの情報量はトップクラスです。 アルバイト・派遣も得意です。 大手人材紹介会社のリクルートが運営する薬剤師転職サイトです。 情報提供スピードが速いので、さくっと求人を知りたいときにおすすめです。

次の

医療法人聖俊会 樋口病院(パート)

愛知 県 病院 薬剤師 会

薬剤師Webセミナー・採用試験のご案内 薬剤師募集案内 Web説明会(セミナー)・採用試験受付中 当院薬剤部は、業務拡大・充実のため、年々、薬剤師を増員し、現在も薬剤師募集(新卒、既卒(転職))中です。 【 薬剤部スタッフ】 薬剤師募集(新卒、既卒(転職))は、現在は売り手市場ですが、薬学部が乱立し薬学生のレベル低下による薬剤師国家試験の合格率の低下や、調剤薬局の診療報酬の削減、敷地内薬局などによる競争の激化など、薬剤師を取り巻く環境は不安定です。 また、薬学生の病院薬剤師に対する評価は、給与などの待遇面(給与など)で低い傾向にあります。 しかし、初任給では見劣りする給与も生涯年収からみれば、その薬剤師のスキル次第です。 また、昨今、病院薬剤師と薬局薬剤師の待遇の不均衡が指摘される中で病院薬剤師のこれまでの実績が評価され、増員や診療報酬の見直しなどによりこの待遇の不均衡や労働環境が是正されれば、病院薬剤師にとっては追い風になり、今後も病院薬剤師の活躍が期待でき、病院薬剤師の未来は明るいものと考えています。 病院薬剤師経験者の方は、そのスキルを当院で活かしてみませんか? 未経験の方でも病院薬剤師にご興味のある方は、是非見学・インターンシップにお越しください。 春日井市近郊にお住まいの方、通勤圏内(愛知県の名古屋市、瀬戸市、尾張旭市、小牧市、岐阜県の多治見市、土岐市、恵那市、中津川市、可児市など)の方、新卒、既卒(転職)を問わず、入職や見学・インターンシップ希望の方は、 担当:薬剤部 伊藤 までご連絡ください。 特に既卒の薬剤師の方の見学・インターンシップは、薬剤師募集(既卒(転職))中は随時対応致しますので、お気軽にご連絡ください。 病院概要 当院は、名古屋市守山区や岐阜県多治見市に隣接する春日井市(高蔵寺)に、1986年6月徳洲会グループとしては16番目の中部地方初の徳洲会病院として開設しました。 徳洲会グループは、全国に70病院以上、クリニックや介護施設などを含めると400施設以上を有する民間としては日本最大の医療グループです。 急性期医療、救急医療をはじめ、在宅医療、離島僻地などの地域医療、介護まで幅広くカバーし、経営も安定しており、公立・公的病院の再編統合が議論される中で、民間企業として今後も業務拡大の余地があります。 徳洲会の理念である、『生命を安心して預けられる病院』『健康と生活を守る病院』の理念のもとに、24時間、365日、いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会づくりを目指しています。 当院では、20診療科を標榜した350床の総合病院として、春日井市(高蔵寺)で地域の中核病院としての役割を担っています。 診療科は、内科、神経内科、消化器科、呼吸器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、緩和ケア外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科などがあります。 愛知県は名古屋市守山区、瀬戸市、尾張旭市、小牧市、岐阜県は多治見市、土岐市、恵那市、中津川市、可児市などからの患者さんを主に受け入れています。 外来は、一日平均約400名で、一般診療科以外にも、特殊専門外来として、糖尿病外来、乳腺外来、乳児健診、予防接種、レーザー治療、紫外線治療などが開設されており、地域のニーズに応じた診療を行っています。 当院は急性期医療を中心に次のような治療に力を入れております。 ・心臓血管外科における手術的治療 ・循環器内科におけるカテーテル治療 ・外科における癌および急性腹症などに対する手術的加療 ・整形外科における外傷、および慢性疾患にたいする手術 ・手術支援ロボットを用いた手術的治療 ・脳外科での手術および血管内治療、内科的急性期医療 ・消化器内科、呼吸器内科チームでの急性期医療 ・癌の終末期医療としての緩和ケアなど 【手術用ロボットのダヴィンチ手術】 また予防医学の観点から、各種人間ドック、企業健診、一般市民を対象とした医療公開講座なども行っており、これらは着実に地域に浸透してきています。 【病院薬剤師の入院薬剤管理指導(服薬指導)、病棟薬剤業務】 チーム医療活動では、薬剤師として、栄養サポートチーム(NST)、化学療法、感染対策チーム(ICT)、褥瘡回診、循環器などに関わっています。 院内各種委員会活動では、薬剤師として、薬事委員会、医療安全管理委員会、リスクマネジメント部会、院内感染対策委員会、褥瘡対策委員会、栄養サポートチーム(NST)委員会、オンコロジー委員会、クリニカルパス委員会、個人情報保護委員会、システム委員会などに関わっています。 勤務体制は、通常8:30~17:00ですが、病院薬剤師としては珍しく、当直は16:30~9:00の二交代制勤務になっています。 平均年齢約30歳で、若さと活気に溢れた職場で、出産、育児休暇を経て、ママさん薬剤師として活躍する薬剤師も増加中です。 出産、育児は大変ですが、女性の社会進出と共働きの増加、働き方改革により、職場環境の改善が進み、ママさん薬剤師としても働ける職場なっています。 業務環境は恵まれており、電子カルテシステム、薬品管理システム、調剤機器(自動錠剤分包機、散薬鑑査システム連動型印字機能付き散薬分包機、散薬鑑査システム、水剤鑑査システム、ピッキングサポートシステム(ポリムス)、自動軟膏混合機、注射薬自動払出システム(アンプルピーカー)、クリーンベンチ、安全キャビネットなど、非常に充実しています。 【調整室】 【 注射薬自動払出システム(アンプルピーカー)】 【 西日本薬剤部 臨床業務研究会】 徳洲会グループ薬剤部には、新人研修、3年次研修、交換研修などの研修制度があります。 また、委員会・研究会活動として、臨床業務研究会、糖尿病研究会、中毒研究会、褥瘡研究会、オンコロジー実務者、リスクマネジメント委員会などもあり、毎年グループ内の施設の薬剤師が集まり、情報交換を行ってスキルアップすることができます。 【 薬剤師の業務応援での休日(離島でのダイビング体験)】 離島・僻地医療の応援(1~2ヶ月間)に関わることができ、離島・僻地医療の現場を体験することで、薬剤師としての活動の現状と可能性を学べます。 また、都心部では味わえない美しい自然や地域の住民とふれあい、業務のみでなく、精神的な成長とリフレッシュに繋がっています。 【 大忘年会】 その他、当院では新人歓迎ボーリング大会、夏祭り、慰安旅行、大忘年会、院内レクレーション(卓球、ソフトバレー、バドミントン、卓上ゲーム大会、ケーキバイキング、マグロの解体ショー、肉フェスなど)など、職員の交流の場が多く設けられています。 当院のアピールポイント ・ジェネラリストとして薬剤師を養成 ・グループ内の施設との研究会、研修会などの交流によるスキルアップ ・専門薬剤師、認定薬剤師などの取得 ・離島・僻地の業務応援で地域医療を経験 ・民間として日本最大の医療グループで安定・安心の健全経営 ・業務環境は、システム、調剤機器が充実 ・会社都合の転勤がない ・当直は二交代制 ・産休・育休でママさん薬剤師としても働ける ・福利厚生が充実 など 採用実績校 これまでの採用実績校には、愛知学院大学、北里大学、岐阜薬科大学、京都薬科大学、近畿大学、金城学院大学、昭和薬科大学、鈴鹿医療科学大学、帝京大学、徳島文理大学、東北医科薬科大学、同志社女子大学、名古屋市立大学、新潟薬科大学、広島国際大学、北陸大学、星薬科大学、北海道医療大学、北海道薬科大学、武庫川女子大学、名城大学などがあります。

次の

愛知県病院薬剤師会 求人情報の登録・閲覧サービス

愛知 県 病院 薬剤師 会

薬剤師会ってどんなもの? 薬剤師会では、どのような活動を行っているのでしょうか? 薬剤師会とは 薬剤師会とは、 薬剤師の知識の向上や研究活動の推進を目的とした職能団体です。 また薬に関わる啓蒙・啓発活動や、薬剤師の利益を保持、改善するための社会的な活動も行っています。 薬剤師会というと「薬局経営者が入会するもの」というイメージがありますが、勤務薬剤師でも入会している人は多数います。 <参考サイト>: どんな活動をしているの? 薬剤師会では、以下のような活動を行っています。 ・かかりつけ薬剤師や健康サポート薬局などの普及 ・医療保険制度への参画 ・薬剤師のための生涯教育推進 ・医療安全管理体制の整備・充実 ・学校薬剤師活動の支援推進 ・大規模災害への準備・対応 など 薬剤師会の最も大きな役割の一つに、 薬剤師の勉強・情報交換の場となる事が挙げられます。 薬学の世界は日進月歩で、新しい薬や効果・副作用等の情報が、毎日のように更新されていきます。 つまり、薬剤師の国家試験に受かったらもう勉強をしなくても良い、という訳ではないのです。 しかし自分だけでこういった情報を得て勉強していくのには、やはり限界があります。 そこで薬剤師会が主体となって研修会などを開き、薬剤師に勉強の場を与えているのです。 またこれだけでなく、薬学部の学生に対するサポートや研究活動の促進、災害に備えた対策なども行っています。 薬剤師は全員入るの? 薬剤師会の全国団体である「日本薬剤師会」は、もともとは国の行政機関であり、都道府県薬剤師会が会員となる強制加入制度でした。 しかし、薬事法の改正により自由加入制度へと変更され、 現在は薬剤師全体の3分の1が加入しています。 薬剤師会に入る・入らないは個人の意思によって決めることができますが、メリットも多いため、職場の人や上司から入会を勧められることも多いでしょう。 実際、転職の際に「薬剤師会に入っていて、定期的に研修会に参加している」自己アピールができれば、 モチベーションが評価されて有利になる事が多いようです。 <関連記事>: 薬剤師会の種類は?会費はどれくらい? 薬剤師会にはどのような種類があり、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 日本薬剤師会 公益社団法人である日本薬剤師会は、47都道府県薬剤師会の会員で構成された全国団体です。 1893年に設立され、あらゆる職域の薬剤師が加入しており、会員数は約10万名と大規模な薬剤師会です。 「日本医師会」「日本歯科医師会」「日本薬剤師会」を合わせて三師会と呼び、医療業界において積極的な活動を行っています。 日本薬剤師会に入会するには、まずは「都道府県薬剤師会」に入会する必要があります。 入会金や会費は、各組織、都道府県ごとに異なります。 東京都薬剤師会 入会金や会費は公表されていません。 東京都薬剤師会に入会するには、さらに細かく分かれている地区薬剤師会、または職域薬剤師会から手続きをしなくてはなりません。 勤務地を管轄する薬剤師会に問い合わせて確認しましょう。 大阪府薬剤師会 卸売、病院勤務、在宅の方は、直接入会できますが、薬局、薬店の方は地元の薬剤師会を経由して入会する必要があります。 <参考サイト>: 日本病院薬剤師会 一般社団法人である日本病院薬剤師会は、 病院や診療所、介護保険施設などに勤務する医療スタッフ、病院薬剤師の職能団体です。 47都道府県の病院薬剤師の上部団体で、勤務先または自宅のある都道府県病院薬剤師会が窓口です。 「日本病院薬剤師会」の入会と同時に「都道府県病院薬剤師会」に入会することになります。 ・会員期間 1年間(4月1日~翌年3月31日まで)。 途中入会の場合は、加入日から翌年3月31日まで。 ・年会費 正会員、特別会員共に8,000円(日本病院薬剤師会雑誌の購読料を含む)。 また入会時期によって、会費が変わる場合があります。 日本病院薬剤師会には、半年会員制度はありません。 JACDS勤務薬剤師会 JACDS加盟企業に勤務する薬剤師の、 資質や地位の向上を図る活動、薬剤師の総合的なサポートを目的とした団体です。 運営委員会形式で運営されており、 入会に会費はありません。 薬剤師担当責任者クラスが会員メンバーに登録しています。 日本女性薬剤師会 一般社団法人である日本女性薬剤師会(JWPA)。 「会員の親睦」「女性薬剤師の社会進出」「薬学・薬業の進歩発展への寄与」を目的に、1966年に設立された職能団体です。 女性薬剤師の社会的地位、職能の向上を図るとともに、国民の保健、医療および福祉の向上発展に寄与することを目的として活動しています。 日本女性薬剤師会の社員または会員になるには、「入会申込書を会長に提出し、理事会の承認を得なければならない」とあります。 また、会費は公表されていません。 都道府県女性薬剤師会 ・東京女性薬剤師会 年会費 4,000円(会員資格は、4月1日から翌年3月31日まで)。 ・京都府女性薬剤師会 年会費 3,000円 <参考サイト>: 薬剤師会に入るメリット・デメリットは? 薬剤師会に入会すると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 賠償責任保険や年金保険に加入できる 薬剤師会に入会するメリットとして、賠償責任保険や年金保険に加入できるという点が挙げられます。 それぞれ、詳しく見ていきましょう。 薬剤師賠償責任保険(個人情報漏えい保険) 業務中に起きてしまった偶然の事故によって、賠償責任を負った場合、加入していることにより 損害に対する保険金が支払われます。 調剤した医薬品や販売した商品、患者さんに対する情報提供などによって、相手に損害を与えてしまい、法的な責任を負った場合に、損害補償金と弁護士費用が支払われます。 薬剤師年金保険 日本薬剤師会の会員を対象とした年金保険制度です。 年齢に関係なく一律の保険料を毎月支払うことによって、65歳から年金を受給できます。 年金は終身保証ですが、 一時金として受給すると退職金としての活用も可能です。 遺族年金制度が設けられている点も大きなメリットです。 <関連記事>: 講習会や研修会に参加できる 定期的に開催される学術大会、調剤報酬の講習会や薬学講習会、かかりつけ薬局研修会や調剤実務研修会、臨床薬学講座などに参加することができます。 これらに参加することによって、 薬剤師としての知識を深められるだけでなく、会員同士で情報交換を行うことも可能です。 各分野の専門家から、仕事に役立つ情報や知識を得られるのは大きなメリットと言えるでしょう。 薬剤師会にデメリットはある? 薬剤師会に入会するには、入会金と会費を支払わなくてはなりません。 日本薬剤師会であれば、勤務先の地域の薬剤師会(都道府県薬剤師会や薬剤師連盟)など複数の薬剤師会に入会する必要があります。 薬剤師会ごとに会費が発生しますので、費用面で大きな負担になるのが、デメリットのひとつと言えます。

次の