赤ちゃん 目 が 腫れる。 赤ちゃんの目が腫れて涙と目やにが!何科に行く?

目の病気 【0~1歳】 赤ちゃんがかかりやすい病気の話| たまひよ

赤ちゃん 目 が 腫れる

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... ふと子供の顔を見たときに、「あれ?目が腫れている?」と気づいて心配になったことがあるママやパパは多いでしょう。 鼻水や咳といった風邪のような症状には慣れていても、目の腫れはあまり経験することがないので、「何かの病気では?」と不安を感じてしまうかもしれません。 今回は、子供の目の腫れについて原因や対処法などをご紹介します。 子供の目が腫れるのは病気が原因のことも? まぶたの皮膚は薄いので、腫れてくると、赤くなって厚みが増し目立ちます。 さらに腫れてくると、目が開きにくくなり、半目のような状態になります。 それでは、子供の目が腫れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?まずは目が腫れる病気と、その対処法をご紹介します。 眼瞼炎の治療には、原因に合わせた服用薬や点眼薬が用いられます。 ものもらい 子供の目の腫れの原因のひとつに、ものもらいがあります。 治療法としては、症状に合わせた抗菌作用のある目薬を使用して対処していきます。 それでも改善がなければ、切開して膿を出すこともあります。 関連記事 涙嚢炎(るいのうえん) 涙の通り道である鼻涙管が閉塞すると、涙嚢というところに涙が溜まり、細菌感染が起きることがあります。 涙嚢炎は、抗生物質の内服や鼻涙管閉塞を改善するブジー(管状の内臓器官を広げるための医療器具)で治療していきます。 小児ネフローゼ症候群 小児ネフローゼ症候群は2~6歳の子供に多く発症し、目の周りや顔など柔らかい場所のむくみから気づきやすい病気です。 そのほかにも、下痢や食欲の低下、腹痛など消化器系の症状があらわれ、病気が進行すると腹部の膨満感や腸のむくみによる腹痛や胸水が溜まって呼吸困難を引き起こします。 小児ネフローゼ症候群の治療は基本的に入院し、ステロイドなどの内服あるいは注射をして、治療を行っていきます。 関連記事 子供の目はアレルギーや虫刺されでも腫れる? 子供の目は病気以外でも腫れることがあります。 病気以外で腫れる原因とその対処法は、以下の通りです。 アレルギー 食物や薬品、ハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を体内に取り入れ、アレルギー反応として目が腫れることがあります。 原因がアレルギーの場合は目の腫れだけでなく、体の他の部分にも湿疹が現れることがあります。 アレルギーの対処法としては、アレルゲンを避けることが大切です。 誤ってアレルゲンを食べたり、アレルゲンに触れたりした場合は、一般的に抗アレルギー薬などを用いて症状を軽減させていきます。 関連記事 虫さされ 蚊やノミ、ダニなどにまぶたを刺されて、目が腫れることがあります。 腫れと一緒に強いかゆみが伴う場合は、虫刺されの疑いがあります。 ひどいかゆみが出ている場合は、冷たくしぼったタオルなどで冷やしてあげると、かゆみが和らぐことがあります。 子供が患部を搔き壊し、化膿してしまったら、医師に診てもらいましょう。 打撲 モノにぶつかるなどして目に強い衝撃がかかると、まぶたが赤く腫れることがあります。 打撲による目の腫れが起こったときは、患部に濡れタオルなどを優しく当てて冷やすようにしましょう。 外から見ただけでは分からない目の障害が起きている可能性もあるので、目をぶつけて腫れが生じたときは、念のため病院を受診するようにしてください。 子供の目の腫れに気づいたら、病院に連れて行くべき? 子供の目の腫れに気づいても、原因が分からない段階では、むやみに触らないようにしましょう。 そして、子供が目をこすって症状が悪化しないように気をつけてください。 そのうえで、目の腫れ以外の症状が現れていないかを確認します。 主には、目やにや涙は出ているか、かゆみはあるか、目以外に湿疹やむくみが現れているかなどです。 子供が頻繁に目を掻こうとしているときは、ものもらいや虫刺されの可能性があります。 また、目以外の体の部分に湿疹が現れている場合は、アレルギーが疑われます。 目の腫れ以外に何の症状も出ておらず、腫れ自体もそれほどひどくないときは少し様子を見てみましょう。 目の腫れがひどかったり、食欲がなく、ぐったりとしていたりする場合は、小児科か眼科を受診してください。 病院では原因に合わせた治療法が行われるので、きちんと医師の指示に従って対処してください。 どのタイミングで薬を飲ませるのか、お風呂に入れてもいいのかなど、日常生活で気になることがあれば受診時に確認しておくようにしましょう。 子供の目が腫れる前の状況を把握しよう 子供の目が腫れていると、びっくりするかもしれませんが、目が腫れる前に子供が何をしていたのかを思い出し、記録しておくことが大切です。 目が腫れる前は外で遊んでいたのか、家で寝ていたのか、何かを食べたり触ったりしたのか、状況によって、予想される目の腫れの原因は異なります。 病院を受診した際に、目の腫れの前に子供がしていたことを伝えると、原因究明につながり、診察がスムーズに進められますよ。

次の

赤ちゃんのまぶたが腫れぼったい!腫れる原因や腫れたときの5つの対応策

赤ちゃん 目 が 腫れる

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 赤ちゃんの目が腫れていて不機嫌そうにしていたら、「ものもらい」のせいかもしれません。 抵抗力が低い赤ちゃんにものもらいができ、治療せずに放置しておくと、悪化してしまう恐れがあるので、早めの対処が肝心です。 それでは、どんなことに注意して対処すれば良いのでしょうか?今回は赤ちゃんのものもらいについて、原因や症状、治療法、病院へ行く目安などをご紹介します。 ものもらいとは?赤ちゃんもなるの? ものもらいとは、まつげの根元にある汗や皮脂を出す腺が炎症を起こしている状態です。 関西のあたりでは「めばちこ」とも呼ばれます。 まぶたが腫れたり、痛みを伴ったりするので、ものもらいを発症した赤ちゃんは不機嫌になってしまいます。 汚れた床を触った手や、授乳後のよだれがついた手で目をこすったり掻いたりしてしまうと、ものもらいが起きやすくなります。 関連記事 赤ちゃんのものもらいの診断方法・治療法は? 赤ちゃんのものもらいの診断は、基本的に視診によって行われます。 ものもらいと診断されると基本的に治療の必要がありますが、麦粒腫か霰粒腫かによって治療内容が少し異なります。 麦粒腫 麦粒腫を引き起こしている細菌に対して、抗生物質の目薬が処方されます。 霰粒腫 霰粒腫は自然に治まっていく場合もありますが、化膿を予防するために抗生物質の目薬が処方されます。 赤ちゃんのものもらいの予防法は? 赤ちゃんのものもらいは、日頃の生活で予防しましょう。 目の周りを清潔に保つような環境づくりをすることが基本です。 まずは、前髪が目にかからないように、短く切ったり、ヘアピンで留めたりしてください。 目の周りに汗や汚れがついているときは、清潔なガーゼやタオル拭き取りましょう。 除菌シートでこまめに手をきれいにして、爪を短く切っておくことも、ものもらいの予防につながりますよ。

次の

目の病気 【0~1歳】 赤ちゃんがかかりやすい病気の話| たまひよ

赤ちゃん 目 が 腫れる

赤ちゃんは人の目を好んで見つめると言われています。 赤ちゃんを抱っこしている時や授乳をしている時、パパ・ママが赤ちゃんを見つめていると、赤ちゃんもパパ・ママを見つめ返してくれる時があります。 ですが、赤ちゃんと目が合わない、目をそらされてしまうことに悩んでいるパパ・ママもいるといいます。 赤ちゃんと目が合わないと、赤ちゃんとのコミュニケーションが取れている気がしなくて辛いと感じることも少なくありません。 また、目の病気があるのかも?目が合わないことが特徴の一つと言われている、自閉症スペクトラム障害かも?など不安に思う方も多いのではないでしょうか。 以下から、赤ちゃんと目が合わない原因や赤ちゃんの視力発達のメカニズム、目が合わないことと疾患や自閉症スペクトラム障害との関係性について詳しく説明していきます。 赤ちゃんと目が合わないのはなぜ? 発達障害の一つである自閉症スペクトラム障害には、「人とのコミュニケーションが苦手・困難」「こだわりの強さ・感覚のかたよりがある」という特徴があります。 自閉症スペクトラム障害の症状には視線が合いにくいことも挙げられていることから、目が合わない赤ちゃんに対して自閉症スペクトラム障害かも?と不安になるパパ・ママもいるでしょう。 赤ちゃんと目が合わないということだけで自閉症スペクトラム障害であると診断されることはなく、さまざまな視点からの検査・観察から総合的に判断されます。 目が合わない赤ちゃんと自閉症スペクトラム障害の関係性に関して詳しく知りたい方は、「目が合わない赤ちゃんと自閉症スペクトラム障害との関係って?」の章をご覧ください。 強い遠視や乱視が両目に見られる場合や、片目だけに遠視や乱視、斜視があるために視力が発達しない場合に弱視は起こりやすいと言われています。 弱視は早期に適切な治療や矯正 眼鏡着用など をすることによって、治る可能性は高まります。 頻繁に目を細めている、目つきに違和感があるなどわかりやすいサインが見られることもありますが、特に目立った症状が見られないこともあります。 乳幼児健診の際に気になる点がないか専門家に診てもらうとよいでしょう。 3歳になったら受けられる3歳児眼科検診を受診するのもおすすめです。

次の